2017年06月08日

嫌われもののスギナのことや果樹の花

嫌われものの野草の筆頭はなんといってもスギナだろうか。
次いでドクダミやキリンソウか。。。

この時期の山庭は、草花とスギナやドクダミが共生しているので見苦しい
ことこの上ない。
野草茶としてのスギナやドクダミを自家調達しようとしているので、悲惨
なことになっているのだが、これは毎年のこと。
私たちにとっては当たり前の光景なのだが来客はみな眉を顰めている。
(のがよく解る。。。)
スギナ
大きくなるのをじっと辛抱して待った甲斐があり、立派なスギナを摘むこと
ができたので私はホクホク。

干して刻み粉末にしてお茶にする。
このところ二人とも体調があまりよくないので、今年は真面目にしっかり、
スギナ茶やドクダミ茶と向き合うつもりでいる。

「山桑」
自生のヤマグワを発見したときは狂喜したものだった。
「桑茶が作れる!!」
ヤマグワ
ヤマグワの実はとても小さくてジャムには使わない。
実の大きな桑の木が欲しくていろいろ植え込んだのだが、そのたびにカモシカ
や鹿に食べられ、諦めて久しい。
大実クワの木、もう一度チャレンジしてみようか。。。
ヤマグワの木はナツロウバイに覆いかぶさるようになっているので、枝を
かなり切らなければならないが、その時に桑茶作りをしよう。

グミの花が満開で、虫たちが忙しく飛び回っている。
「ビックリグミ」
ビックリグミ

「秋グミ」
秋グミ

「ジューンベリー」
今年は花がよく咲いたが、実もたくさん生っている。
ジューンベリーの実
熟す端から鳥たちに食べられてしまうのだろうな。

「サクランボ」
サクランボは「佐藤錦」と「高砂」を植えているが、どれがどれだか判ら
なくなっている。
実はとても小さい。
片方の花付きが悪かったため受粉がうまくいかなかったのか、摘花しな
かったせいもあるのだろうか。
サクランボ
晩霜がなかったおかげか、我が家でこれほど実ったことは初めて。
ヒヨドリの恨み節を聞きながらkiiさんはいそいそとネットを張り、
熟すのを待って娘宅への宅急便の片隅に入れた。

「ブルーベリ」
ブルーベリー
周辺の何処かに巣を作っているのか、昨年はスズメバチにやられて無残だった。
今年ももう早や飛来が多いので恐々としている。
早春からスズメバチトラップを仕掛けて、女王蜂確保に努めたのだがうまく
いかなかったようだ。
細かい保護網を掛けるといっても大変だなぁ。。。

posted by けい at 15:56| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅雨入りしましたね。
スギナ、さっと刈り取れたらいいのですが、花と混じっているので
困ります。
ドクダミは毎年少しですが乾燥させて飲んでいます
ビックリグミはたくさん花が咲くのですが
ほとんど実がつかないので切りました。でもまた伸びてきます。
さくらんぼ、かわいいな。
一昨年、2本買って来て植えたのですが今年も花が咲きませんでした。
早く実が成ってほしいな。
ジューンベリーは冷凍してあったブルーベリーと混ぜて
ジャムにしました。すごく美味しいです。

Posted by sakko at 2017年06月09日 00:42
☆sakkoさん、おはようございます。

一日降って二日晴れのパターンなら作物の成長にもよくて、水遣りが
楽でいうことがないのですが、そうはうまくいかないのでしょうね。

スギナ、そうそう、花の中に生えているので摘むのが大変です。
「けんこうだいいち」と唱えながら頑張ってます。

ドクダミは夏のお茶としてkiiさんが一押しです。
でも、庭の中だけではなかなか量を作ることができません。
以前は裏山や渓にもたくさんあったのですが、カモシカや鹿の食害か
今は見かけなくなってしまいました。

そうかぁ。。。。
ジューンベリーの実は使いにくいと思っていましたが、ブルーベリーと
ブレンドしたらいいのですね。
いい情報をありがとうございます!
Posted by けい at 2017年06月09日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック