2017年07月15日

私もミーハーです

大阪府下T市の図書館にはパソコン関係の適当な蔵書が極めて少なく、参考書を買いたいと
思っても近くにはちゃんとした書店がないと嘆いていたら、イオンに喜久屋書店が入っている
と知り、阿倍野の喜久屋書店は相当量の扱いだったが此処はどうかと行ってみて驚いた。
「おぉ、こんな本も、いやぁ、こんな本もある。驚いたなぁ!」
取扱書の内容はかなり厚い。
昔はパソコンの説明書もソフトについていたのに、いつの間にか「ネットで見よ!」
だもんね。
紙の本でないと頭に入らない昔人間にはつらいものがあるのだ。
時間をかけて数冊を選び、レジを済ませて、「あれkiiさんは何処に?」

ここでタイトルにあるミーハーが登場するのである。
史上最年少プロ棋士、デビュー戦以来公式戦連勝を続け、歴代の記録を30年ぶりに
塗り替え世間の耳目を集めている藤井聡太四段。
残念ながら、連勝は佐々木勇気五段に敗れてストップしたけれど、佐々木五段の
コメントが良かったね。
「プレッシャーは感じたが、私たちの世代の意地を見せたいと思ったので、壁になれて
良かったです」
そして、敗者を称える言葉にも温かさを感じた。
その一敗を挟んでまた勝っている藤井君、勝率をどこまで上げるのかとそれも楽しみだ。
と、私も俄か将棋ファン、ミーハーの仲間入りをしている。

ネットで将棋の盤面を見ては「この駒はなぜこんな動きをするの?」「どうしてこれが
こうなるの?」「これはいい手?これはなんでいけない手なの?」
観戦中のkiiさんにかなりしつこく訊くものだから、相当に閉口していたらしい。

喜久屋書店で買った本

「これ、プレゼントするから、少し自主学習してください!」
手渡されたのは羽生善治氏監修の初心者向けの将棋の本。
超初心者にはこれでも難しいけれど、それなりにとても面白い。
好きな読書も捨て置いて、はまり込んでいる私なのである。

朝日新聞の土曜日の朝刊に別紙折込で「be」が入るのだが、これは内容が多岐に亘って
いてとても面白い。
今日のトップ記事「フロントランナー」は藤井さんだった。
自宅居間のソファで寛ぐ姿は、対局の厳しい表情とは別人に思えるほどのやわらかい
笑顔だった。

posted by けい at 13:19| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆本や映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暫く雨が降っていませんが、天気予報は、所により豪雨とか雷雨があり
午後の外出は気を使っています。
けいさん、将棋をはじめましたか。
私は将棋は全然わかりません。
藤井君すごいな〜と、見ていました。
14歳でこんなことを成し遂げてこの後の人生、しんどいだろうなと
思いました。
けいさん、パソコンの勉強もするのですか。
私は検索と写真の取り込み、加工、ブログを書く
それだけのパソコンです
ワードやエクセルは全くです。
取説は読まないです。
一番最初に買ったカメラの取説の分厚かったこと。
最近はネットで調べよですね。
パソコンもスマホももっと使い切ったらいいのに
ほんの一部だけの利用しかできていません。
あまり難しいことを覚えるとこんがらかってきます。

Posted by sakko at 2017年07月16日 06:52
☆sakkoさん、おはようございます。

藤井さん、ほんとうにすごいですよねぇ。。。
昨日、名古屋市内で行われた「第33回詰将棋全国大会」でも、
詰め将棋の「解答競争」で1位に輝いたそうですよ。

kiiさんはちょっと齧るぐらいですけど、私はまったくの素人
ですから、駒の動かし方から始まって詰将棋の初歩を楽しんでいます。
脳の活性化には効果があるのかもしれませんが、私の場合はぐちゃぐちゃ
です。

パソコンに関してもそうなんです。
参考書を読んでいるとこんがらがってめちゃくちゃ。
周辺にはパソコンをしている人が少ないので、エラーに遭遇したら
大慌てです。
訊ける人が身近にいたら心強いのですが。。。

今までなにもかも一太郎に依存してきましたので、ワードやエクセル
とはあまり親しんでいなかったのです。
文書作成や表計算でこれからはワードやエクセルを利用するべし、
なので一から勉強です。

紙で読むか、電子で読むか、簡単な調べものならネットを利用すること
もありますが、私はやはり紙重視です。
ネットで取説なんて読めませんよね。
Posted by けい at 2017年07月17日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック