2017年07月20日

ササユリのこと

春にカモシカに入られた際に食べられたものの中で、一番残念だったのは大きく育って
いたササユリだった。
自生のものはどれも大切だけれど、ササユリは何よりも大事にしてきたものだったから、
喪失感は大きかった。
幸い球根は残っているので、雨が入って傷んだりしないように気を付けている。

これは山の庭で最も古株のササユリ。
ササユリ1

「菜園の上の土手にササユリが咲いていたのを知っていた?」とkiiさん。
「あっ、あそこの咲き出してた?? まだ小さいのに咲くなんて吃驚だね。嬉しいなぁ」
サツキが咲いているこの少し向こうに、確か5、6本のササユリの芽が出ていた。
サツキ
この辺りだったけれどと、探しても見当たらない、、、

ミョウガ畑のずっと外れまで探し歩く。
あぁ、こんな所にも有ったのか。旬は過ぎているけれど、綺麗だね。
ササユリ2
しかし、おかしいなぁ、苗を発見したのはこんな場所ではなかったし、それに一株だけ
ということはないし。

そこで、ハタッと気づいたのだ。
kiiさん、ひょっとして土手の草刈りをしてササユリも刈ってしまったんじゃない!?
血相を変えて詰問する私。
「いやぁ、じつはその、ごめん!」とkiiさん。
ほんとにもう、何をしてくれるのよ!!

サツキもそうなのだが、この土手は自生種がチョコチョコ出現する場所。
そういえば、昨年はカラスウリを刈られてしまったのだった。
ササユリが群生しそうな気配に大喜びしていたのに、ガックリしている。。。

ラベル:ササユリ サツキ
posted by けい at 17:09| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ササユリが自生しているっていいですね。
私はこの間、大神神社のササユリ園に行ってきました。
ここの以前はたくさん自生していたのに
盗難に遭い、全滅寸前のところを有志の人たちで
ササユリを守っているそうです。
kiiさん、失敗でしたね。
でも球根が残っているので来年が楽しみです。
群生が見られるといいですね
Posted by sakko at 2017年07月20日 23:33
暑中おみまいもうしあげます。
ササユリです^ - ^か!
素晴らしい!
今は、貴重な花ですね。
思い出しました。
私も、櫻井に観に行ったことあります。
傾斜の所々に可憐な百合。

可愛らしいですよね。
キイさん、(*´-`)
胸ドキドキだったかな?^ ^

連日、熱中情報にヘキエキですが、
お身体大切にお過ごしくださいませ!
Posted by 林 at 2017年07月21日 10:33
☆sakkoさん、おはようございます。

大神神社のササユリ園、ほんとうに素敵でしたね♪
盗難で全滅しかけたなんて、情けなくなりますよね。

なぜかこの土手には自生種が出てくるので楽しみなんです。
鳥たちが頻繁に遊んでいるせいでしょうか。
育樹園もいろいろ育ちやすいのですが、木々が生い茂っている
ので少し不利なのかも。

ササユリの球根は残っているのでいつか群生が見られるとは思う
のですが、でも腹立ちはなかなか収まらないです。
数株はかなり茎も太くなっていたんですよ!!
Posted by けい at 2017年07月22日 04:51
☆林さん、ご無沙汰しております。

お元気でお過ごしくださいね。


大阪の酷暑の中で数日を過ごし、バテバテになりながら山入り。
ただいま、へばってます。

ササユリって可憐で素敵ですよね。
近畿のササユリは色濃くて優雅なんですが、今年はいい色が
出ていないのが残念です。

大事にしているのを知っているのに、「つい、ウッカリ」では
済まないと私はプンプンです。
Posted by けい at 2017年07月22日 04:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック