2017年09月13日

雨の日はブルーベリージャムを煮る

前回摘んだブルーベリーでジャムを煮た。
ブルーベリージャムを作る1

スズメバチの横行でまともな実は摘めずだが、それでも昨年はジャムさえ作られ
なかったことを思うと幸いだと思う。
ブルーベリージャムを作る2
400mlの容器二個と300mlの容器二個分のジャムができた。

二人ともクラッカーやフランスパンにクリームチーズを塗り、ブルーベリーを
乗せていただくのが大好きなのだ。
ブルーベリー入りのベーグルも好き♪

スズメバチ相手に怖い思いをするのはもういいね、これでブルーベリージャム
は諦めようと話していたのだが、一昨日、ブルーベリー畑に行って吃驚した。
「何で??」「どうして??」
あの激しかった黄色スズメバチはどうなったのか。。。
鳴りを潜めているとはいえないが、数匹飛んではいるもののそれだけ。
スズメバチトラップにも結構たくさん入っているようだが、先日まで飛来して
いたスズメバチは卒倒するほどの多さだった。

生食用のまともな実は少なめだが、それでもジャムを煮るぐらいのものは充分
に摘めそうだ。
欲と根性で2時間20分。
はぁーー、疲れた。。。
ブルーベリージャムを作る3
計量してみたら両方で4キロあった。
生食用とジャム用に選り分けたら生食用は1キロほど。

「雨の日はジャムを煮よう」と、昨日のこと。。。
ブルーベリージャムを作る4
今回の3キロと以前摘んであった追熟していたもの1キロの計4キロ分を
ジャムにする。
前回は量が少なめだったのでマッシャーで潰しながら煮たが、今回はとても無理。
ミキサーのフラッシュ機能を利用して軽く潰してから煮てみる。

飛んだジャムでやけどをしたり、立ちっぱなしで足が攣ったり、結構根性の
いる作業だったが、これで当分楽しめそうだ。


果実つながりで画像を二枚。
「クラブアップル」の実
クラブアップルの実
姿はミニリンゴだが美味しくはない。

「ヤマボウシ」の実
これは大花のヤマボウシの実。
ヤマボウシの実
花は大きかったが実も大きい。
小花のヤマボウシの実も色づいてきた。

posted by けい at 09:17| 奈良 ☁| Comment(2) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルーベリージャム、たくさん出来ましたね。
これも宅急便で半分以上送られていくのかな?
採るのが大変ですね。
キイロスズメバチは季節的に移動したのでしょうか。
いなくなっていてよかったですね。
私は旅行から帰って畑に行くと栗がイガ付きのままたくさん落ちていました。
収穫時に留守をしたのでたくさんたまっていました。
木の下で蚊に刺されながらイガと格闘して6sの収穫でした。
今年は日焼けしたのか凄く実が小さいのです。
あの渋皮煮にできません。
旅行の疲れより、持ち帰った魚の調理と栗拾いの方がしんどかったです。
Posted by sakko at 2017年09月14日 06:37
☆sakkoさん、おはようございます。

ブルーベリージャム、3リットルほどできました。
昨年はゼロでしたから、これで当分安心です。
我が家のジャムはあまり甘くないので子供達には不評かも。。。

キイロスズメバチ、あの激しい飛来が収まっていたのには吃驚しました。
今までにこういうことはなかったのです。
居なくなるには、季節的にはまだ少し早いような気もしますが、大きな
巣でも処分されたのか。。。

栗、6キロもですか!?
羨ましいです。
でも渋皮煮ができないほどの大きさというのは残念ですね。

あの魚、どうされたのかなと思っていました。
あの量ですもの、大変でしたね。
美味しい魚が当分戴けますね♪

週末の台風が不気味です。
Posted by けい at 2017年09月14日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。