2017年09月20日

ギボウシたち

次々と開花して長い間楽しませてくれたギボウシも、そろそろ終盤。

山の庭ではオオバギボウシ(ウルイ)は山菜の部類に入れているが、それ以外
の細葉や斑入りのギボウシなどは花の扱い。
それらも食べられるとは聞いているが、美味しいかどうか、まだ食べてみた
ことはない。

ギボウシは優れもの。
葉だけの間は木々の根元を締め、その中でも斑入りは樹陰に明るさを添える。
花一輪一輪の寿命は短いが、次々と咲くので楽しめる期間が長いのが嬉しい。
それにオオバギボウシ(ウルイ)は山菜として胃袋を喜ばせるというお役も
果たし、尚且つ花も美しいのだから貴重な植物だとつくづく思う。

これは山の庭で一番小型のギボウシ。
小葉のギボウシ

葉が少し灰緑のギボウシ。
ギボウシ1

ギボウシ2
春先に食べられたが復活した、奥は「寒河江ギボウシ」手前は、、、
何だったかなぁ。

ギボウシ3

花もいろいろ。
ギボウシの花

ギボウシの花

ギボウシの花

ギボウシの花

この色合いのギボウシは無かったはずだと、品種不明の小さな苗を一株購入
してきた。
ギボウシの苗
「確か、ギボウシはもう買わないって言ってたんじゃなかった?」
「そんなこと言いましたっけ?」

「チドリ」「トクダマ」「コガラシ」「フランセ」「バーバリーコースト」
「オウレオマルギナータ」その他にもいろいろあるはずだが、勝手に好きな
ところへ出張って増え、品種も定かでなくなってしまった。
交雑するものもあるのではと、密かに楽しみにしている♪

posted by けい at 14:46| 奈良 ☔| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギボウシ、色々な種類を植えておられますね。
斑入りの葉、花も中々いいですね。
食べられるのですか。でも花として育てているのは
食べられませんね。
あら、また買われたのですね。
ギボウシの前に多肉が見えますよ。
私は管理にお手上げですのでもう買わないと思うのですが
これは止められません。

スマホの電池の事
私のは一日半くらいで無くなります。
この間の旅行の時も、皆電池が無くなって来て
車の電源から順に充電しましたよ。
気付けば皆が充電器を持っていて宿で毎晩充電してました。
ガラ携と比べて手がかかりますね。
Posted by sakko at 2017年09月21日 00:19
☆sakkoさん、おはようございます。

ギボウシは結構好きなんです。
でも目に留めていないものも多くて、あるかなぁと???です。
山菜として上の部に入りますが、オオバギボウシは植えておられましたか?
昔、上高地で天ぷらで戴いたのが初めてなんですが、ビックリの美味しさでした。
お浸しにしてや肉巻きにしても美味しいんですよね。

斑入り葉のものは花の扱いをしているせいか、ちょっと食べられません。
多肉ちゃん、ふふふ。。。
9月8日の記事に載せてますが、増えてます(-_-;)

スマホの電池は悩みのタネという人が多いらしいですね。
夜間は完全に切断して一日半〜二日が限度なんです。
ネットもほとんど使っていないのにこれですものね。
ガラ携は楽でした。。。
スマホではなくてガラ携を少し進化させたもので私には十分な気がします。
Posted by けい at 2017年09月21日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。