2017年11月17日

木の実を探す♪

そろそろ裸木が目立ってきた山の庭である。
前面道路から丸見えになるなんとも頼りない気分を、これから5か月ほど
我慢しなくてはならない。
落葉樹を多くし過ぎたらこうなるということは解っていたはずだが、それに
しても行き過ぎだった。
常緑の木もあるのだが、目隠しの役にはまったく立っていない。

裸木の庭では鳥の姿がよく見えるから楽しい。
草や木の実にも気づかされる。

「サルトリイバラ」(山帰来)
サルトリイバラ
ナニワノイバラやハトヤバラと並んで鋭い棘に悲鳴を上げるのがこれ。
成長して木々に絡みついているものは何故か雄株が多く、裏山まで行かなけ
れば雌株は見られなかったのだが、最近目に留まる一人生えには雌株も多い
ので嬉しい。
「痛いから切ろうよ」というkiiさんに「ダメ!!」を連発している。
変な性格でしょうか? 好きなのです、サルトリイバラ。

「ツルウメモドキ」
ツルウメモドキ

「ノイバラ」
ノイバラ

「クロモジ」
クロモジ
クロモジも自生が多いが、雌木はとても少なくて雄木ばかりが目立つ。
確認できている雌木は二株しかない(はず)。。。

「サルココッカ」
サルココッカ

「ヒメナンテン」や「クリスマスホーリー」の実は、これから真っ赤に
なってくるだろう。
ヒメナンテン

クリスマスホーリー

これは木ではないけれど、「シオデ」の実が熟してきた。
シオデの実
果肉を取り除き、ポット植えにして発芽を待とう。
三年経ったら少しは大きくなって定植できるかな。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 06:38| 奈良 ☔| Comment(0) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。