2017年12月03日

庭を巡る1

クリスマスローズエリアにも落ち葉が散り敷いている。
クリスマースローズのエリア
先日作った小山にも、うっすらと。。。

朽ちかけた落ち葉の下には「はんぺん」と呼ばれる有用微生物の白い菌糸の
塊がたくさんあり、それが山の庭の大切なサポーターである。
土壌も合っているのか、特にこのクリローエリアには「はんぺん」が多い。

手を掛けたいけれど草を引くだけで精いっぱい。
水も肥料も貰えないのに、毎年健気に花を見せてくれる。
「ズボラガーデナー」を自認して久しいが、それでも何とか維持していけ
ているのは、落ち葉や「はんぺん」、朝晩湧く霧のおかげだろう。

最近とてもよく目につくのが実生の子たち。
オモトの実生
ここにもオモトの芽が出ている。

椿も多い。
椿2

草に埋もれていて今まで気付かなかったけれど、こんなに大きく育っていた
ものもあった。
椿1
どんな花が咲くのか見当がつかないけれど、自然交配で、ちょっと変わっ
た子が出てきたら嬉しいなぁ。


山の日の暮れは早い。
我が家は前面道路を隔てた向かいの山が高いので、冬場は午後三時頃になる
と一気に翳り、ズンと冷え込んでくる。

これは、午後二時半ごろ、ログから裏山を撮ったところ。
此処を見ていると、「あぁ、あったかそうだなぁ。。。」
午後二時半

午後三時。
裏山にはまだ日の光が残っているのに、庭の大部分はもうこんな具合だ。
午後三時2

東側には裏山があるので朝の日が遅く、西側にはこの前面の山という訳で
冬場は日照時間がとても短い。
冷えてきたからもう切り上げようか。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 06:37| 奈良 ☁| Comment(2) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番日の短い時期ですね。
そして陽がかげると一気に冷え込みますね。
クリスマスローズの一人ばえはよく育ちますが
鉢に植えると中々花が咲きません。
夏の管理が難しいです。
けいさんの所は落ち葉などで土が肥えているので
なんでも育ちやすいですね。
万年青も一人ばえがあるのですね。
椿や山茶花は木の下に一人ばえがたくさん生えますが
種が落ちたのか小鳥さんが運んだのか
それを育てるとまた違う花が咲きますね。
小春日和が続いています。
今日の午後からお天気が崩れるようです。
12月、なんとなく忙しくしなければと思うのですが
前に進めない毎日です。
Posted by sakko at 2017年12月04日 07:08
☆sakkoさん、おはようございます。

今朝も氷が張って寒々としています。
外仕事がしにくい季節ですね。
kiiさんは先日伐採した杉の、残り部分の始末をするそうですが、
私は鉈で枝を払って燃やそうかな。

なにもかもほったらかし傾向の山の庭なんです。^^;
ズボラな私によく耐えてくれていますよね。

万年青も結構種類が多いのですが、あちこちに一人生えが
出てくるのが面白いです。
オモトは獣害にも遭わないですし、年中緑の優れものです。

椿や山茶花、そうなんですよね。
木の下のものは親が解りやすいですが、鳥が運んだのか思いがけ
ないところに出てくるものはちょっと期待を持てません??
「あぁ、何だ、この花かぁ」ということも多いですが。。。

こちらはもう曇ってきています。
雨は早いかもです。

sakkoさんは今、目で大変ですもの。
どうか無理をしないでくださいね!!
Posted by けい at 2017年12月04日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。