2017年12月13日

シモバシラの霜柱

ログ前の庭にふっと目を向けたら、ミナヅキの株下に白いものが見えた。
何だろう。。。
近づいてみたら、こんな所にもシモバシラが出張っていたから吃驚。
シモバシラ3
1メートルほど離れた場所には昔の名残で、抜いても抜いてもまた顔を出す
ご一党さんがいるのだが、それほど強いのに移植すると何故か上手く根付か
ないのが不思議だ。
消えてしまっても寂しいので、仕方なく諦めて放っておいたら、こうです
もんね。

愛用の電子フリー百科事典ウィキペディアによるとシモバシラの学名は
「Keiskea japonica」で属名は植物学者の伊藤圭介氏にちなむとある。
日本固有種だというのが嬉しい。
シソ科の多年草で、花は地味系だが枯れた茎に霜柱が出来ることでよく知
られている。
今年10月初旬に咲いたシモバシラの花がこちら。
シモバシラの花
ネッ、地味系でしょ。

シモバシラ1

シモバシラ2
枯れた茎の道管に水が吸い上げられて氷柱ができる。

綺麗だなぁ。。。
シモバシラ4

此処はスズランの住処だし、君たちがあまり増えてくれても困るんだけど、
でもね、抜けないよ。。。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ラベル:シモバシラ 霜柱
posted by けい at 16:14| 奈良 ☁| Comment(4) | 2017年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒いですね。
12月としては寒すぎますね。
シモバシラの霜柱
冷たそうだけど、綺麗ですね。
しそ科の植物ですか
花は紫蘇の花と似ていますね
香りはあるのですか。
雪はまだ積もってないのですね。
Posted by sakko at 2017年12月14日 00:49
☆sakkoさん、おはようございます。

この3日ほど、寒さが厳しいですね。

晴れるとさすが紀伊山地でぽかぽかと暖かく、山の雪は日陰に
残るのみでした。
そり遊びができるかな、なんて期待していたのですけど。。。
うちは日受けですから、もっと奥地に行けばできるかも。

シモバシラって面白いでしょう。
似たような植物がいくつもあるのですけど、うちではこのシモバシラ
だけに霜柱ができるんですよ。

そういえば、、、香りは確かめてみたことが無いです。
Posted by けい at 2017年12月14日 06:49
こっち 全くの暖冬、、、
枯葉掃除仕事も 終わって スキー筋トレしようと 思ってたのに、、
まあ、草刈業続行のために ちょぼ雪状態の緩斜面で 滑ってます。
来週初めに 歯の治療があり、その後は 子供たちの冬休みモードで スロープは 子供だらけ、、、
老人は 自粛されたスキーカードなので 来年まで キャビンで 薪運び&物置小屋の外壁はりの筋トレ!

昨日、我が殿が 山の中で 熊と格闘した夢を見たそうな、、、
、、で、、隣で寝ていた私めを 思い切り蹴飛ばした、、、ううううう、、、
かかとの骨が 私めの膝の内側の急所を 直撃、、、ううううう、、
骨が折れたかと思ったあ…>_<…
まあ、抑えたら チョコっと痛いけど 動かすには 支障ないので 昨日も スキーに行きました\(^.^)/
Posted by 草刈マッサオの妻 at 2017年12月15日 02:44
☆草妻さん、こんにちは〜

ちょぼ雪ってどのぐらいの状態なんでしょうか?
それでもスキーができるのですか!?

うちは一度積もった雪が解けてしまいました。
そり遊びができるかと期待していたのですけど。。。

山の中で 熊と格闘した夢?
ふふふ、草妻さん、災難でしたね。

今年はうちのほうも熊の情報がよく流れていたので、kiiさんは
釣りの意欲が落ち切ってましたよ。
食糧の確保に行ってもらわないと困るんですけどね。。。

寒いけれどすっこんでいないで動かなきゃね。
自身を叱咤しています。
Posted by けい at 2017年12月15日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。