2018年02月08日

柚子化粧水を作る

果皮は料理の香りづけに、果汁はポン酢に、種は化粧水にと、柚子は多用途
の優れものだ。
果皮はお菓子作りにもできるようだが、生産者がはっきりしていて無農薬か
どうかが明記されていないものは使いにくくて手が出せずにいる。

焼酎は35度。
種は利用する都度瓶の中に入れるので、まだこの程度しか溜まっていない。
柚子化粧水(1)
例年は瓶の半分ぐらいまでは入れるのだが、買いそびれている。
手持ちの柚子は後3個しかないけれど、まだ売っているかなぁ。。。

これは古い物で、もう三年ぐらい経っている。
柚子化粧水(2)
種を捨てて濾さなくてはいけないのだが、さぼっている。
これに精製水を足して利用する。
季節によって濃さを変えたり、蜂蜜を入れたり、、、

私は一年中、この一種だけしか使っていない。
添加物全くなしの天然ものの化粧水だから、安心印で気持ちがいい。
プラス、安価なことも見逃せない♪
化粧品メーカーからみると、一番いやなタイプなのだと思う。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村


ラベル:柚子 柚子化粧水
posted by けい at 16:34| 奈良 ☀| Comment(2) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何でのありのsakko果樹園ですが柚子が無いのです。
実家から10個ほど貰ったのですがゴルフボールくらいの小さいのです
柚子湯に入ると言う息子宅へ半分行ってしましました。
私は柚子味噌を作りましたが種?捨ててしまいました。ああああです。

Posted by sakko at 2018年02月09日 00:20
☆sakkoさん、おはようございます

明日から十津川ですね。
暖かくなるのは有り難いですけど、午後から雨になるとの
予報は嫌ですね!!

そうそう、なんでもあるsakko果樹園ですものね。
柚子は実成までに長い年月が掛かるそうですし、私も今からは
と躊躇してしまい、結局植えていないんです。

出所がはっきりしているものは安心して使えるからいいですよね。
買ったものは果皮を使うことにはかなり抵抗があります。

野菜の皮や根を積極的に料理に利用しようという向きもあるよう
ですけど、やはり怖いです。
だから自家製が一番ということになるのですよね。
Posted by けい at 2018年02月09日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。