2018年04月25日

ホダ木本伏せ&山菜のこと

このところ仕事の都合で山の家に長逗留できないことが多い。
僅かな休みを好きな渓流釣りに勤しめないkiiさんにはお気の毒だが、仕
事ができるのは有り難いことだと考えよう。
前回の雨では枯れ枯れの川の水量は増えず、釣りには少々冷めている感も有っ
たが、昨夜からの雨は期待できるかもしれない。
私も今年は渓流釣りに付き合うつもりだったが、そろそろ木々の葉が茂って
くるのでお祭りばかりになるだろう。
お祭りの意味合いは巻き付いて絡まることだと思うが、なぜお祭りという字
が充てられるようになったのか、疑問である。

時間に追われながら、草刈りをしホダ木の本伏せをしとkiiさんは頑張っ
ている。

本伏せ1

本伏せ2
けっこう、壮観。

本伏せ3
寒冷紗が無いから次回に購入してこよう、取り敢えず以前に使ったものを
短いけれど掛けておこうとkiiさん。
道具を片付けていたら、あれっ、二枚もおニューが有った、、、
だから言ったじゃないの、「確か在庫が有ったと思うけれど無い?」って。
本日はもう時間切れにつき、次回の一番の作業にされたし。
今週、あまり照らないといいのだけれど。。。

椎茸のこと。
我が家では低温性の種駒を植えているのだが、気温が低くなるのが早いせいか
秋の収量が極端に少ない。
そろそろ出が悪くなってきたホダ木ばかりなので、この春は諦めていたけれど
意外や意外、そこそこの出にホクホクしている。
シイタケとタラ
ただ、雨後に摘んだものには細かい虫がたくさん付いていてガックリ。
虫は極力落としたが、これは干して我が家用にする。

シイタケとミツバ

マヨネーズを塗り醤油を垂らして、オーブンで焼いた椎茸は本当に美味しい。

ミツバが育ってきたのが嬉しい。
至る所、三つ葉とワイルドストロベリー、ローンデージーとギボウシだらけ
になっている山の庭である。
野生化しているミツバ

鶏むね肉の酒蒸しをほぐし三つ葉と辛し和えにするのが私は大好き。
早速一回目を作る。
酒蒸しの際に出た汁で辛子を溶くのが美味しさの秘訣。

コゴミ畑はますます拡大している。
コゴミ畑

ギョウジャニンニクのこれは花芽?
ギョウジャニンニク

その向こうにどんどん広がっているのもコゴミ。
ギョウジャニンニクとコゴミ
あんな所まで広がっているよ。。。
此処ではあまり増えて欲しくないのだけれど、もう好きにしてくだされ。

スカンポ
スカンポ1
育成に努めてきたおかげでずいぶん増えてきた。
大きな株が6個ほどある。

今年こそ食べよう!と思っていたのだが、スカンポの処理には手間がかかる。
季節の進み具合が早いので今にも長けてしまいそうだ。
まだ芽が出たてのスカンポたちに、ゆっくりでいいんだよと声をかける。

スカンポ2
土手のスカンポという歌詞の出てくる唱歌はなかったかしら??

アケビの新芽は黄身和えが美味しい。
アケビ
藤とアケビは庭荒らしなので邪険にしていたら、いつの間にかアケビの桃花
が消えてしまったようで一帯が白花だけ。
また難儀するから、今更植えることもないだろうとkiiさん。
桃花は渓流沿いにあるものでヨシとしよう。
ミツバアケビも増えているが、敷地の奥上なので撮りそびれている。

食害で絶滅したかと思っていたわさびの根が残っていたらしい。
わさび
数えてみたら大小8株ある。。
数えられるというのが寂しいけれど。。。
花が咲いたら食べてみよう♪

春の山菜はとにかく忙しい!!

タラはアッという間に大きくなってしまったし、コシアブラも旬を外してしま
うのではないかと気が気ではない。
コシアブラのバターライスは絶品なのだ。

花山椒やウドが続きウルイも追いかけて食べられるようになるだろう。
アザミやハナイカダの葉も天ぷらにいい。
昨年作りそびれた山椒の葉や山蕗の佃煮も欲しいなぁとkiiさん。

敷地内で山菜や食べられる野草を自給するのが夢だったが、獣害が避けられる
ようになってやっと現実のものになってきた。



♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 18:03| 奈良 ☔| Comment(0) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。