2018年05月07日

果実の花いろいろ

バタバタと作業に勤しんでいる間に花たちはどっと咲き、私も少し追われ始め
ている。
頑張ってアップしなければ、せっかく咲いてくれた花たちに申し訳ないものね。

「ジューンベリー」
ジューンベリー1

今年はとてもたくさんの花が咲いた。
ジューンベリー2
木が大きくなりすぎたので少し切り詰めないと、、、
実は全部鳥のお腹行きになっている。

ジューンベリー3

特等席に植え込んだもう一株のジューンベリーは、まだ成長が足りないのか
花を咲かせていない。

「クラブアップル」
クラブアップル1
蕾はとても可愛い。
ここから全体にもう少し開花したところが大好きなのだが、その時期には山を
留守にしていた。

なんと、すっかり満開になってしまい、昨夜からの雨で散り始めている。
クラブアップル2

昨日の朝の敷地内道路。
左に白く見えるのがクラブアップルの木。
クラブアップル3

「アルプス乙女」
アルプス乙女
なかなか花芽をつけずじらされ続けていたアルプス乙女リンゴに数輪の花が咲
いていた。
実が生ると嬉しいなぁ。

「名無しのりんご」
別品種のクラブアップルが成長してきたので楽しみにしていたら、よく見ると
育っていたのは台木だった。
kiiさんイワク、肝心のクラブアップルはとっくに枯れてしまっていたそう
だが、「切るのはいつでもできる。台木でもこれだけ成長しているから、何が
咲くのか。。。」と様子見をしていたらしい。
名無しのリンゴ
今年初めての開花だが、まるでリンゴのような、しかも大きめの花がびっしり
と咲いたから吃驚した。
花木として育ててもいいかな。
実がついて、小さくても齧られるものだったらなおいいね。

「洋ナシ/ラ・フランス」
洋ナシ/ラ・フランス
ひっそりと咲いていたラ・フランス。
何株も植え込んだけれど全部獣害に遭い、これだけが育っている。

「フサスグリ」
フサスグリ

「花梨」
カリン
昨年は不作で花梨酒を作ることができなかった。
今年も花数が少ないので、どうなるだろう。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 09:16| 奈良 ☔| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連休が終わったとたんに雨ですね。
野迫川は今も次々と果樹の花が咲いていますね
ジューンベリーはもう小さな実を付けています。
アルプスの乙女は最初に植えた木です。
可愛い実がたくさんなっていましたが
突然枯れました。
その後、バレリーナワルツというリンゴと
富士りんごも植えましたが、枯れてしまいました。
リンゴは寒い所のものですね。
植えておられる方もおられますが100%良いのは出来ません
私はあきらめました。
けいさんの所では上手く育つと思います
アルプスの乙女、今年の収穫が楽しみですね
Posted by sakko at 2018年05月08日 06:18
お久しぶりです。
寒さ厳しく、雪の多い冬だったことと思いますが
今や野迫川村も、花ざかり、綺麗ですねぇ。
リンゴの花は、香川県では滅多にお目にかかれませんが
可憐で、ホントに可愛らしいですね。
ところで、
以前送っていただいたシオデの苗が、無事に根付いたようで
今春、初めて、あのアスパラガス似の芽が出ました。
やった、やった、万歳!です。
今年はひと株から一本ずつ出ていますが、
年々、数が増えていくのでしょうか?
摘んで食べるとしたら、何年後くらいからが良いでしょう?
Posted by ちほあるいははるの at 2018年05月08日 16:05
☆sakkoさん、おはようございます。

こちらは結構きつい雨がまだ降っています。
どこもかしこもボトボトなので、今日も草引きは無理です^^;
そろそろ野草茶の時期なのでスギナも一緒に摘んでしまおうと、
意気盛んだったのですけど、残念。。。

リンゴは紅玉を主体にたくさん植え込んだのですが、全部カミキリムシの
餌食になってしまいました。
アルプス乙女はなんとか持っているのですが、このままうまく成長
して欲しいです。
カミキリムシに入られないようにと監視していますが。。。

リンゴがたくさん実る光景に憧れていたのですが夢破れ、今はアルプス乙女
と食べられないクラブアップルだけになってしまいました。
クラブアップルの台木のリンゴは花が大きいので、何だろうかと少し期待
しています。
Posted by けい at 2018年05月09日 07:13
☆ちほあるいははるのさん、おはようございます。

ご無沙汰しています。

シオデにつきまして、、、

http://nosegawaclub.seesaa.net/article/438508694.html
二枚目の写真には単三電池が一緒に写っていますので、目安
になると思います。

シオデは実生から収穫までに7年は要しますし、一株からは
一本しか採れません。
二本目を採ると枯れてしまうことが多いようですし、うちでは
種を採るために二本目は絶対に置いておきます。

増やすためには種を蒔いて根気よく育てなければなりませんが、
それがシオデが貴重だと言われている要因でもあります。

シオデは肉巻きやパスタ、その他にもいろいろに使いますけど、
私は塩茹でが一番好きです。
アスパラに似ているけれどアスパラよりも野趣に富んでいて、
風味もよく貴重です。
Posted by けい at 2018年05月09日 07:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。