2018年05月31日

冬越しした多肉ちゃん&??の野草たち

多肉植物の冬越しは、マイナス気温が続く地域ではほんとうに難しいと思い
知らされた。

多肉ちゃん1
全部を室内に取り込めず、枯らしたものは可哀そうだった。
簡易の温室でも作れば大丈夫なのだろうか。
底冷えするからどうなのだろう。

うまく越冬して花を咲かせたものもあり。
「愁麗」
愁麗

「エケベリア」
エケベリア

「品種不明」
品種不明

大好きな種が幾つか残っていたのも嬉しかった。
これは「桜吹雪」
多肉ちゃん4

桜吹雪
隙間から覗き込んでみると、ややや、増えている。

これは「銘月」だったかしら?
??
この種にも子供ができている。

くろすけも弱りながら新芽を出しかけているのでホッとしている。

「センペルビウム」は寒さに比較的強いというが、マイナス10℃が続く冬
には耐えられないだろう。
一番元気に越冬したものの、屋外に地植えする勇気はない。
センペルビウム5 センペルビウム6 

センペルビウム2 センペルビウム3 センペルビウム4
全部センペルビウムというラベルはついていたが、品種名はなかった。
どの株も吃驚するほどの繁殖力である。

月兎耳、虹の玉、火祭りは早いうちに弱ってしまった。
好きな品種だからといって、環境によっては育てられるとは限らない。
多肉ちゃんに関しては、無理は禁物だとつくづく思う。


敷地の6〜7段目は放置状態だがそれがいいのか、時々変わったものが出て
くるのが面白い。
先日、防獣ネットの修理点検の折に見つけたものを再び見に行ったが、咲い
ていなかった。
せっかちねえやは野草図鑑で探してみるがはっきりしない。
うろな記憶を引っ張り出して、ひょっとして「イチヤクソウ」かもと思い、
調べてみる。
似てるんじゃない??
イチヤクソウ?1

イチヤクソウ2
見回すと周囲に似た株がぼこぼこ出ている。
開花が待ち遠しい。
イチヤクソウだったら、嬉しいなぁ。。。
ほんとうは紅花イチヤクソウだったらもっと嬉しかったけれど、そんなことを
考えたら拗ねられるかもしれないから内緒にしておこう。

周囲にはまだ未知のものがある。
葉の形状から探ってみるが、これは「ギンバイソウ」だろうか??
ギンバイソウ

他にもいろいろ。。。
判らないから、楽しみも増すというものだ。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ

にほんブログ村

posted by けい at 07:46| 奈良 | Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
越冬できた多肉達、たくましいですね。
kiiさん手作りの棚でしょうか。
ずらりと並んでいいですね
みなラベルが付いていますね。
私のはほとんど名無しです。
全部外に出されたのですか。
私のはビニールハウスの中で蘭の類と一緒なので
上に寒冷紗を張っていて、日照不足かな
徒長しています。
それを切って挿すのでどんどん増えています。
月兔耳はずっと温室っ子でした。
虹の玉、オーロラ、火祭りは寒さに当たると綺麗に紅葉するのですが
家の玄関周りに置いたのは越冬しましたが、
家の裏(周りは畑です)に置いたのは霜でやられそうになって
1月ごろ、中に入れました。
畑と花と管理がだんだんしんどくなってきました。
と言いながら増やしている自分が可笑しいです
Posted by sakko at 2018年06月01日 05:51
☆sakkoさん、おはようございます。

四割ぐらいが枯れてしまいましたが、越冬したものは逞しく
育っています。
月兎耳、虹の玉、火祭りは屋内へ取り入れるのがもう少し
早ければもったのかもしれませんので、再挑戦してみます。
コメリに多肉ちゃんがたくさん並んでいましたので、苗を
見てこなくては。。。

軒下に作ってもらった棚はもう二段ほど欲しかったです。
作り直してもらおうかと思っています。
↑簡単に言います。(笑)
冬場以外はずっと外なのでどっしりと逞しいのかもですね。
でも、どんどん増えるsakkoさんちの環境が羨ましいです。

sakkoさんはよく頑張られているなといつも感嘆しています。
私はもう根性が尽きてきています^^;
Posted by けい at 2018年06月01日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。