2018年06月16日

ヤマボウシ5種とムラサキツユクサ

山の庭にはヤマボウシと夏椿の仲間が多くて、鬱蒼となる要因になっている。
特にヤマボウシは樹冠が広がるので、周囲をますます暗くしてしまう。

敷地内道路脇のヤマボウシ。
ヤマボウシ敷地内道路脇1

ヤマボウシ敷地内道路脇2
花の大きさも白さも、この木が一番好きだ。

ログハウス前のこのヤマボウシは紅花だったのだが、主幹が虫食いで枯れ、
複雑な株立ちになってしまった。
ログハウス前のヤマボウシ1

中心は紅花
ログハウス前のヤマボウシ2

周辺は白花
ログハウス前のヤマボウシ3


大輪のヤマボウシ
ヤマボウシ大花
昨年初めて数輪の花が咲いたが、今まで見たことのない大きさに唖然とした。
今年は沢山の花をつけたが、なんと派手な。。。
豪華で見事だという人もいるけれど、複雑な気持ちである。

前面道路沿いにある「白花」と「紅鶴」は樹高が高くなりすぎて、花を見る
どころか撮ることもできない。
ヤマボウシ白花と紅鶴
ヤマボウシは植え込む場所をよくよく考える必要がある。

この前面道路沿いのヤマボウシの下には、このところ実生苗が続々。
どうするのさ、、、とkiiさんも困り顔である。


ムラサキツユクサが大分増えてきた。
ムラサキツユクサ1

ムラサキツユクサ2

ムラサキツユクサ3

ムラサキツユクサはガクがほとんど無毛に近く、オオムラサキツユクサはガク
に毛が生えているというので、我が家のものはオオ無しの方だろう。

白花や紅花もあったのだが、獣害が激しかった折に消えてしまったらしい。
ポツンと離れた場所に顔を出した株が濃い赤に見えたので期待していたが、
咲いたら紫だった。
ムラサキツユクサ4


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お天気が続いています
ヤマボウシ、5種類も植えておられるのですね
ピンクもいいですね。
これも大きくなるのですね。
土地が広いから出来ることですね。
私の唯一、高くなったのはかりんとヤマモモです
カリンは隣の竹藪の竹に負けじと頑張ってしまって、
見上げると数個なっています。
アマ桃も大きく成り過ぎて、ほとんど小鳥の餌になっています。
ムラサキツユクサにも色々と種類があるのですね
私のは濃いピンクのムラサキツユクサです。
これはあちこちに生えるものですね
狭い土地を占領されそうです。
頂いt、アケボノソウ、ヤブカンゾウ。野イチゴ。皆元気です・
嬉しいです。
Posted by sakko at 2018年06月17日 06:22
☆sakkoさん、こんばんは。

今朝ブログを見てギャッと叫んでしまいました。
今日アップするつもりで設定してあったのにミスったらしく、
昨日のうちにアップされてしまっていたのですね^^;

この数日はいいお天気ですね♪
熱中症には気をつけてくださいね!!

ヤマボウシ、すごい大場を取ってますよ。(笑)
もっと濃い紅だったのですがそこが枯れてしまい、ピンクになった
部分が残りました。
でも、その周囲が白いので変な感じがします。

ヤマモモやビワや柑橘系が育つsakkoさんの環境が羨ましいです!!

昨年チャレンジして植えたイチジクは、カモシカの餌食になって
枯れてしまいました。
もう諦めなさいよと言われているのですが。。。
栗もなかなか定着しないんですよ〜
懲りずに今年も苗木を物色しています。

sakkoさんちのムラサキツユクサは豪華な雰囲気で素敵ですね♪
蕾の時はあの色に近いかなと喜んだのですが、咲いたのは紫で少し
ガッカリしました。
Posted by けい at 2018年06月17日 18:08
keiさんこんにちは
 お久しぶりもいいところのお久しぶりです。いつも野瀬川の自然の植物、栽培されている植物を拝見して勉強させてもらっております。どうも北方系と南方系の植物が仲良く育っているように見えるのですが、うーん、標高が適度(教えていただけませんか)で、北と東の背地が急斜面で、敷地の周りに大きな樹々が茂って南西に開けて陽だまりになっているのが大きいのかな、と思っております。当方執心中のブルーベリーでは、映像で拝見するものは未熟果が赤いのでラビットアイ系かな、と思っているのですが、野瀬川で収穫できるんですね。浅間北山麓の標高1080m(くらい)の右田実験農場(?)では最強の耐寒性を備えているといわれる半樹高ハイブッシュブルーベリーも前年の枝が結構枯れこみ、毎春がっくりしております。吹きっさらしでもあります。
Posted by 右田能尋 at 2018年06月21日 05:59
☆右田能尋さん、お久しぶりです。

カメレスになってしまい申し訳ありません。

うちは標高は700メートルほどに位置していますが、冬季は凍てつきが
きつくマイナス気温は10度前後になります。
暖地系の植物が全く育たない場所で、柑橘系は勿論のこと、イチジクやビワ、
ヤマモモなども育ちません。
寒さには強いと言われる植物でも基準は−5℃ぐらいまでとされている
ものが多いですから、育てられないものはいくら好きでも諦めています。

今頃に熟するブルーベリーはハイブッシュ系といわれていますが、うちのは
ラビットアイ系でしょうか?
こちらでは梅雨にあたりますので裂果が多く期待できるものではありません。

ブルーベリーはかなりの本数を植えていますが、主流の木が実るのは盆頃から
で、8月下旬から9月中までが最盛期になります。
そろそろ世代交代の時期に来ているようで、穂木をせっせと作っています。
どちらも冬場に枝先が枯れるのは同じです。

周囲に大きく樹木が育ち風を遮っているのはいいのでしょうが、反面、
緑陰が大きくなるのが困った点です。

加齢と共に大きな木の処理が大変になってきています。
Posted by けい at 2018年06月23日 05:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。