2018年07月27日

ギボウシいろいろ

獣害が少なくなってからというもの、庭の草花が生き生きとよく育つように
なってきたのだが、中でもギボウシには唖然とさせられている。

まるで“ギボウシばっかり”の様相を呈してきたのだ。

植えた場所も名称も最初はきちんと記録していたのだが、もう入り交ざって
何が何だか分からなくなってしまった。

これは山の庭で一番小さなギボウシ。
ギボウシ01

「寒河江」これは判る。。。
寒河江01

芽が出たときは可愛いと思うのだが、花が咲くころのこの大きさには降参!!
寒河江02

どのギボウシも芽出しの頃は可愛いでしょ。
ギボウシ02-1

今はどこもかしこもこうですもんね。
ギボウシ02-2
特に細葉のギボウシときたら、凄まじい勢いなのだ。

ギボウシ03

ギボウシ04

ずいぶん以前に植え込んだのだけれど、なかなか育たなかった品種。
ギボウシ05-1

ギボウシ05-2
株元にも小さな芽がいくつか出ていた。

此処には匂いギボウシ「タマノカンザシ」を植えたはずなんだけれど、花には
あまり芳香がない。
ギボウシ06-1

ギボウシ06-2

ギボウシの花って涼しげだから好き♪
ギボウシの花02

ギボウシの花01


これ、オオバギボウシの花だったかなぁ。
ギボウシの花03
勝手にこんなところに出てきても困るんですけどね。


昨年、バーゲン苗を見つけて植え込んだもの。
名前は付いていなかった。
購入苗

思いがけない場所に出てきた実生苗。
実生苗
どのギボウシのお仲間かしら?

ギボウシはまだまだたくさんありすぎて、、、
「マイッタ」と言いながら顔はほころんでいる。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 16:15| 奈良 ☀| Comment(0) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。