2018年07月30日

ミニ菜園の今

台風一過の昨日、様子見で山に出かけたがログハウスは窓からの雨の浸みも
なく無事でホッとした。
日帰りではなんの作業もできず、草ぼうぼうの周囲を見ながら諦めの心境。


さてミニ菜園の様子。
今年は仕事と雨と休日がうまく噛み合わず、菜園は小休止状態になっている。
目に付いた苗少々と種まきを幾つかしただけの寂しい畑である。
こんな年もあるよね。。。

「花オクラ」に蕾がたくさんできていた。
花オクラの蕾
一輪咲いている。
美しい花に吃驚した。
花オクラ
この花オクラは別名トロロアオイというのだそうな。
kiiさんがずっとトロロアオイを探していたのだ。
なんとまぁ。。。

我が家には紙の原料となるミツマタ、コウゾのコウゾが厭になるほどどっさ
り自生している。
ミツマタも有るがこれは観賞用としての扱いなので伐るなど以ての外。
そのコウゾを使って紙すきの真似事をしてみたいと、これは昔からの夢だっ
たらしい。
やっと出合えたトロロアオイ。
種を採って花オクラをたくさん増やしたいと張り切っている。


ピーマン、カラーピーマン、ししとうの類がたくさん植わっている。
ししとう
ピーマンだらけになりそうだが、それもこの野菜高騰の折には有難い。

キュウリやミニトマト、中玉トマトが実りだした。
キュウリ

中玉トマト

青シソは自生のものはやっと育ち始めたところで、ソーメンの季節にはいつ
も間に合わない。
これは数株買って植えたもの。
青シソ

ミョウガもそう。
ソーメンには必須だが、まだ顔も見せてくれないのだ。
だからといってミョウガを買う気にはなれず、登場を待ち焦がれている。
ミョウガ畑
ミョウガ畑は数か所あり、それも広い。
増え放題にしているものだから、凄まじい勢いなのだ。
カモシカに食べられては泣いていたことを思うと夢のようだ。
今年はミョウガご飯も作りたいな。。。

畑わさびのエリアに忽然と現れたミョウガ。
早く抜かなくては、畑わさびが弱っているようだ。
畑わさび
ミニ菜園には他にクウシンサイやヒユナ、イタリアンパセリなどが元気に育っ
ているが、写真を撮り忘れてきた。

山椒の実は赤くなっているかなと見に行く。
山椒の実とセミの抜け殻
摘むまでにもう少し猶予がありそうだ。
自家製の山椒の粉末は娘一家が大好物なのだ。

セミの抜け殻がついている。
これはヒグラシだよね。
山の庭で一番権勢を誇っているのはヒグラシだが、こんな抜け殻をあちこち
でとてもよく目にする。

山椒の木の横で。
シオデの、これは雌株。
シオデ
こちらが雄株。
シオデ
また、たくさんの種を落としてくれますように。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村



posted by けい at 09:17| 奈良 ☀| Comment(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。