2018年08月03日

ユリが咲いている

昨年春先にカモシカが侵入してヤマユリやカサブランカをバキバキ食べてく
れた。頼んでもいないのに。。。

球根が残っているだろうから再び芽が出てくるか、それとも咬み痕から水で
も入って傷んでしまったか、気にしていたのだがめでたく再起組が幾つか。

「サーモンスター」
サーモンスター1
この品種は芽が出るのが少し遅いので、昨年も獣害を免れていた。

今年は花芽がたくさんついている。
サーモンスター2
「サーモンスター」の横に出てきたユリ、ヤマユリだったらいいねと言って
いたのだが、「これだけ背が高くなるのだからカサブランカじゃないの?」
とkiiさん。
そういえば、「ピンクウィッシュ」という可能性もありだよね。

咲いたらやはり「カサブランカ」だった。
カサブランカ2

カサブランカは一株だけが復活したと思っていたら、ツル草に倒されながら
あと二株が咲いていた。
カサブランカ1
嬉しいなぁ。。。

カサブランカを起こしながらふっとその下を見ると、ややや、ひ弱な茎が二
本、この場所にあるユリといったらヤマユリではない??
草を払って日照をよくしてやれば完全復活するかもしれない。
ヤマユリはまだ三株ほどあった筈だけれど、探索してみなければ。。。

ゆり根の芽が出たものを植えておいたら、コオニユリのような花が咲いた。
コオニユリ
この冬はゆり根を買わなくてもいけそう??

所用があって村に出た際に道端で発見したヤマユリ。
ヤマユリ
花は切られる恐れはあるけれど、根は金網の中だから多分無事だろう。
猿もイノシシも頭の黒い二足歩行の動物も手を出せないに違いない。
来年も出合えますように!!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村



posted by けい at 07:42| 奈良 | Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
身に染みる暑さです。
暑さに慣れるより、暑さに弱った体を休めています。
けいさんのお庭、ユリもいろいろ植わっているのですね。
カサブランカ、見事ですね。
私のは、茶わん蒸しの残りの百合を植えたのが
今年は花が咲きました。
ヤマユリ、誰にも盗られず来年も咲いてほしいですね。
また晴れ続きで雨を待つ毎日です
Posted by sakko at 2018年08月04日 17:25
keiさんこんばんは
 ヤマユリは野瀬川に自生しているのですか。中部から関東東北のものだと思い込んでおりました。ササユリとヤマユリの自生地がかぶっているのですね。子供のころ、三重は伊勢の南(その名も南伊勢町(現在名;当時は南勢町)の故郷でササユリのことをヤマユリと呼んでおりました。40年ほど前に埼玉の現在地にきて、隣の奥さんに、ヤマユリはササユリとは別物だ、と指摘されてびっくりしたことがありました。その奥さんは山梨の出身ですから、ヤマユリの本場から来たような人でした。
Posted by 右田能尋 at 2018年08月04日 22:28
☆sakkoさん、おはようございます。

昨日はインターネットが妙な混雑具合でなかなか繋がらず、
接続を諦めました。

言いたくないですけど、暑いですね!!

ほんとう、身体が一番です。
私も倒れるよりは草だらけを選択しています。

ユリは沢山あったんですけど、昔、イノシシがよく来ていた時に
全て食べられてしまいました。
カサブランカも30球ぐらい植えていましたよ〜
悔しい!!
彼らは何故か、ウバユリやタカサゴユリには見向きもしないんですよ。

今はササユリを何とか増やしたいです。
Posted by けい at 2018年08月06日 06:04
☆右田さん、おはようございます。

ヤマユリは勿論自生していますよ〜
開拓当初など、裏山に忽然と登場したヤマユリには吃驚しました。
すぐにイノシシの餌食になってしまいましたけど。
ササユリも紀伊山地のササユリには「近畿の」と冠するほど色濃い
美しいササユリが咲いたりします。

ササユリはヤマユリ?
kiiさんに尋ねてみましたが首を傾げています。
三重でも南勢町と志摩では異なるのかもですね。


ヤマユリとササユリ、どんどん増えて欲しいです♪
Posted by けい at 2018年08月06日 06:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。