2018年08月28日

ありがたくない置き土産

台風20号の通過時はたまたま町に居た。
町でも風雨は一時きつかったが、直撃でなかったのが幸いだったとホッとして
いたのだが、、、
日曜日に山入りの際、五條市の知り合いから「すごい風と雨だったよ。野迫川
は大丈夫だった?」と声を掛けられた。
雲一つない晴天の下での快適なドライブが、一気に不安マックスになる。


背の高くなった草花はなぎ倒されているものが多く、敷地内道路は水の道がで
きたようで、えぐられてぼこぼこになっていた。
「また砂利を埋め込まなくてはいけないね」と、この時点ではまだ悲観もせず。

ログに入ろうとして「何か変だよ!」
あららら、白樺が倒れている!
シラカバ1
樹高13メートルほどには成長していたので、ログハウスに倒れ込まなかった
のが幸いだった。
シラカバ2
10株植え込んだものがついにあと一株になってしまった。
それと実生苗が一株。
この地域では白樺は丈夫ではない。
植え込む前に気づけばよかったけれど、何しろシラカバとライラックとスズラ
ンは私の原風景だから、それらに囲まれた生活は夢だったのだ。
もう購入して迄植え込む気は無いけれど。。。
シラカバ3
倒れたシラカバには実もたくさん付いていて、この中からまた実生苗が生まれ
たかもしれないのにね。

タラやヤマボウシなど今回は何故かログハウス周りの木々が多く傷んでいた。
タラやヤマボウシ

60年生の杉の重量ときたら半端なものではないから、その倒木が無かった
のは幸運だった。
ログハウス周りの杉だけは何とか早く伐ってしまいたいものだ。


渓からの引き水は勿論のこと、飲料用の湧水もトラブル。
その修復で滞在時間のほとんどを費やしてしまった。
渓からの引き水

停電も有った様子で、電話やインターネットが使えない状況になっていたのに
は参った。
町なら復旧させるのは簡単なのに、山の通信はケーブル。
Wi-Fiや簡易電波局の機器など4個も繋がっているので、メカにまったく弱い私
は停電のたびに頭を抱えるのだ。
もっと簡単にできないものかなぁ。。。

今回は時間が無いので、全体の見回りや倒れた木々や折れ枝の始末、防獣ネッ
トの点検補修なども次回以降に持ち越す。
庭奥などどうなっているだろうか、想像もしたくない。

ほんとうに有難くない、台風20号の置き土産だった。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:50| 奈良 ☁| Comment(8) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

台風20号、雨風強かったです。
こちらも倒木があちこちあり23日17時30分頃から24日15時まで停電しました。電線の上に木が倒れてぶら下がった状態。道もふさがれました。

電気工事さんに電話すると、停電が多くいつ行けるかわからないとのこと。
それでも24日早朝に工事車両が5台もきてくださって雨の中7時間もの作業に頭がさがりました。感謝!感謝!です。

電気も大切ですが、なんとかはなります。
やはり水だけは無くてはならない、どうにもならないと痛感しました。

それからキュウリのQちゃんの作り方は、ごはんがなくても食べられるぐらいの味付けで浅漬けにしてます。日持ちしないのでマメにつくります。

生姜、醤油、みりん、酒をとばし火を止めてキュウリをいれるだけです。
日持ちさせたいときは、キュウリを一旦とりだし、再度調味料に火を入れて、またきゅうりを入れることを3回繰り返すとお店のQちゃんらしくなります。

おすすめは、きゅうりのきんぴら。
強火でさっと炒めるといいおかずになります。(^o^)

しば漬けは茗荷が高すぎて(3個168円)まだ作れてません。(T_T)
Posted by 花坂 野田 at 2018年08月28日 08:33
☆野田さん、こんにちは。

台風20号の通過時は町に居たものですから、結構きつかったのには
吃驚しました。
花坂も大変だったのですね。
関電さんの修理班はいつも速やかですよね。

ガスはプロパンも有りますし携帯コンロや薪も有るので何とかなりますが、
電気はどうにもなりませんし、それにやはり一番が水ですものね。

うちは水がかなりネックなんです。
何しろ公営の水道などありませんし、引いている水のメンテナンスは
どちらも自前ですし。。。

Qちゃんの作り方、ありがとうございます!!
きゅうりは塩漬けもなにもせずに生で刻むだけでいいのでしょうか?
きゅうりのきんぴらには興味津々です。
早速作ってみます。

予想はしていましたが、野菜がずいぶん高騰していますね!
ミョウガ、高すぎて絶句しています。

うちのミョウガは台風の雨で早生がもう駄目かもしれません。
居なかったもので摘めず、雨でペタペタになってしまいました。
晩生のミョウガに期待しているのですが。。。
Posted by けい at 2018年08月28日 16:15
台風20号、四国から近畿に近づくルートだったので、そちらにも影響が出たのですね〜。建屋に影響は無かったようなのが、何よりでしたが、でも心配が絶えないことでしょう。
シラカバ、せっかくここまで育ったものが・・・
ガッカリされてることと思います。山の風景を作る素敵な樹木ですもんね。
私も経験したことですが、片づけもまた大変な手間がかかるし、しばらくは
ショックが残るかな〜?(笑)
くじけず、頑張ってくださいね〜。
Posted by つばきやま at 2018年08月28日 22:29
台風20号は当地にはほとんど被害を残さななったのですが
野迫川は大変でしたね。
野迫川村全村に避難勧告が出ていましたよ。
町のお家に居られて良かったです
野迫川だったら怖い一夜となったことでしょう
白樺、根元からバッサリと倒れたのですね
建物に影響なくてよかったですね。
先ずは水と電気ですが、電気は関電さんに任せて
水の確保ですね。
お疲れ様でした。

今夜も熱帯夜で済ませて。早く涼しくなってほしいです
Posted by sakko at 2018年08月29日 01:01
☆つばきやまさん、おはようございます。

以前には杉が倒れたりする直撃に近いのを体験していますので、
この程度ならまだマシなのですが、加齢と共に体力が続かない分、
少し手こずりそうでガックリです。
あの時は中学校の屋根がそっくり飛んだのだったと思い出しています。

そういえばそちらもよくコース入りしていますよね。
きっと大きいのを何度も体験されているのでしょうね。

シラカバは弱いですね!
奈良県の北海道とはいっても此処は紀伊山地、弱いものを植えるのは
もう止めにしました。
少し悔しいですけど。。。
Posted by けい at 2018年08月29日 07:23
☆sakkoさん、おはようございます。

野迫川のほうはけっこうきつかったようです。
警報も出ていましたね。

町はどうということは無かったですし、だからお気楽に山入り
できるはずだったのですが、、、
行って吃驚、でした。

杉が倒れていなかったのでよかったです。
重量が半端ないですから、ログなどつぶれてしまいますもん。
ログの周囲は早めに伐りたいのですが、太くなっているのでなかなかです。

水には泣かされます。
なにもかも簡単には手に入らないものですよね。
このサバイバル感は危急存亡の折に生き残れる絶対条件だと思うのですが。
Posted by けい at 2018年08月29日 07:33
おはようございます☀

Qちゃんづくり、わかりにくい説明ですみません。

いつも適当な分量なんです。m(_ _)m

キュウリが固かったり若ければそのまま切り、育ちすぎたときは種をだし塩して水気をとります。

つけ汁も気候や気分によって、酢を足したり昆布を入れたり。

どの作り方もちゃんと美味しくなります。ぜひ作って見てくださいね。(^^)

Posted by 花坂 野田 at 2018年08月29日 09:16
☆野田さん、おはようございます。

Qちゃんのレシピ、ありがとうございます♪

>いつも適当な分量
私、相当いい加減なので耳が痛いです^^;
自分の口が美味しいと思う味でいいと開き直っていますもん。

自家製の漬物って安心できるからいいですよね。
漬け物はどうしてこんなにというぐらい、添加物がたくさん
入っているでしょう?
Qちゃんも頑張って作ってみたいです。
Posted by けい at 2018年08月30日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。