2018年09月29日

台風24号と21号

9月は台風と雨ばかりの印象が大きかったけれど、締めくくりの30日まで
台風だなんて。。。

21号の行き過ぎた後は、停電、雨続き、気管支炎ときて、ようやく最近
後始末に取り掛かったところなのに迷惑な24号だ。
何事もなく通過してくれたらいいのだが、勢力は21号に匹敵するほどの大
きさだそうで、中心円に野迫川村もすっぽり入っているのが不気味である。

充電できるものはすべて完了、電池も完備、LEDのランタンは品薄気味で
まだ手に入れていなかったのが残念。
こんなに早く次が来るとは思ってもいなかった。

飲料水は60リットルを確保。
飲料水

雨が降る前にミニ菜園の残り物も摘んできた。
収穫

青物が少なくなっているので三つ葉の新芽は貴重品。
ミツバ
ひとザル分を摘んできた。

ミョウガも最後の収穫だが、例年この季節に残っていることは無かったので、
今年は異変だ。
固くしまったミョウガは無く全部ぼそぼそだが、最終の簡単シバ漬けぐらい
には使えるだろう。
最後のミョウガ


ご飯を炊いてお惣菜も幾つか、今のうちに準備しておこう。。。


さて、21号だが。。。
行き過ぎた後は一応目視で被害状況を確認していたのだが、その後の思わぬ
状況に悲鳴を上げている。
21号で強い風を受けた上にその後は雨が異常に多く、根元が緩んでいるせ
いもあるのか倒木が続いているのだ。

kiiさんがシイタケの様子を見に行かなければ判らなかった。
気付くのが遅れれば、獣たちが入り放題だったと思うとゾッとする。

倒木処理1
アカマツに太い藤ヅルが絡みつき、上部を覆うほどに繁っているので、風を
まともに受けダメージがきつかったのだろう。

至る所で後発の倒木が起きている。
倒木処理2

とにかく、ズタズタになっている防獣ネットの補修が最優先なので、必死で
片付ける。
倒木処理3
斜面で足元が悪い上に落ちた枝がたくさんありその下はぬかるみ、思うよう
に動けないが、何とか夢中で三時間、応急処置だけは済ませた。

まだ危険な木々も有るが、今回はこれ以上手が付けられなかった。
いろいろな案件が山積しているので裏山は普段は見回ることもないから、こ
んなことになっているとは思いもしなかった。

倒木処理5
今度は赤い矢印のこの木が危ういような。。。

倒木処理4
藤ヅルが木々を引き倒さんばかりになっているが、伐採も含めて落ち着かな
いと取り組めない。

24号が大過なく通過してくれることを心から祈っている。
それと、、、どうか停電がありませんように!


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村


posted by けい at 12:24| 奈良 ☔| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうして改めて見ると、被害の程度が尋常じゃないですね。
倒木の多さも本当に心配。
願わくば、台風、うんと東側に反れてくれたらいいのですが・・・
防獣ネットの様子も、私には信じられないものでした。
鹿やイノシシですか?
本当に大変なんだなと、つくずくこちらとの違いを感じてしまいました。
ご苦労、実感として感じています。
片づけもまだ半ばでしょうけど、ご無理し過ぎない程度に頑張ってくださいね。
Posted by つばきやま at 2018年09月29日 21:48
21号の後始末に追われているのにまた24号です
同じコースでやってきそうです。
どうか、太平洋の方にそれてほしいです。
茗荷、たくさんの収穫ですね
我が家は柿の木の下に植えていて草がぼうぼうで
蚊がいっぱいいて、近付けません。
昨日から雨が続いています、もう畑は水浸しです
台風の進路が気に成りますね。
どうか被害が出ませんように。
停電もしませんようにと祈るばかりです
Posted by sakko at 2018年09月29日 22:15
☆つばきやまさん、おはようございます。

台風は通過してからその後もいろいろ大変なんですね。
21号でつくづく思い知らされています。

防獣ネットですが、うちの大敵はカモシカ、鹿、イノシシ、野ウサギ。
三年ほど前までは侵入がかなり頻繁で、庭の植物はほとんど食べ尽く
されていました。
ようやく侵入経路を突き止めてからは時たまの被害になりましたが。。。

台風、そちらもそろそろ暴風圏内に入るのでしょうか。。。
何事もないようにと祈っています。
Posted by けい at 2018年09月30日 06:20
☆sakkoさん、おはようございます。

24号は21号よりもきつそうな感じですね。
同じコースなのが参りますが、何事もなく行き過ぎて欲しいです。
海上を行ってくれたらいいのですが、そうはいかないようですね。

茗荷はもうボソボソでしっかり締まった旬のものとは大違いですが、
それでもミョウガご飯や即席のしば漬けには使えるだろうと、根性を
出して摘んできました。
最後のミョウガ、心して頂きます。
Posted by けい at 2018年09月30日 06:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。