2018年10月11日

シュウメイギクいろいろ

シュウメイギクの群れ咲く風景に憧れている。
「秋の空とシュウメイギクというのは似合うと思わない??」と言ったら、
「そりゃぁ、コスモスでしょ?」とkiiさん。
でも、何故か私にとっては、“秋空にはシュウメイギク”なのだ。

一番丈夫で場所を選ばず増えるのは矮性の一重ピンク。
「ダイアナ」と矮性種が交雑してしまい、もうどれがどれだか判らない。
シュウメイギク矮性2

八重咲種白。
シュウメイギク八重白

今年は雨が多くて草引きが後手後手になり、丈が伸びたつる草に覆われて傷
んだものが多いが、シュウメイギクもそう。
シュウメイギクは日向が好きそうで、陰が大きくなると弱るものが多い。
白花の八重や一重のピンクは数輪しか咲かなかったし、白の一重に至っては
再生不可能かも。

八重咲種ピンク。
シュウメイギク八重ピンク2
やわらかい色調でシュウメイギクにしては大輪。
この傍に一重の同系色の大輪もあった筈だが、今年は姿を見せてくれず残念。

この種が「貴船菊」と呼ばれる品種だそうな。
シュウメイギク八重1

シュウメイギク八重2
花は小型だが色調が鮮やかでよく目立つ。

大好きな一重咲きのピンク。
シュウメイギク一重ピンク

群れ咲く風景になっているのは矮性種だけというのが寂しい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:26| 奈良 ☔| Comment(2) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日朝はこの秋一番の冷え込みだそうです。
暑かったり、急に冷え込んだりで着るものに迷いますね。
シュウメイ菊、コスモスとはまた違った風情がありますね。
何種類か植えていたのに気付けば貴船菊のみになりました。
私も草取りに追われていますが、ああ、寒くなれば枯れると
半分あきらめの境地です。
畑の写真は草が写らないように撮って居ますが、端に草が写り込んでいます。
Posted by sakko at 2018年10月11日 23:33
☆sakkoさん、おはようございます。

今朝、冷えてますね。
野迫川は一桁台になりましたよ〜

シュウメイギク、大好きなんですが受難続き(盗掘の)の後、
あまりよく育っていません。
群れ咲く風景が夢なんですけど。。。

今年は覆いかぶさったつる草が絡んで、草花たちは酷いことに
なっていました。
ほんと、抜いても抜いても草は減らず、諦めの境地です。

貴船菊は丈夫ですね。
鮮やかな色が良く目立ちますよね
Posted by けい at 2018年10月13日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。