2018年11月09日

簡易温室&伐採のその後

雨だったり風がきつかったりでなかなかペイントできなかった、簡易温室の
棚がやっと完成した。

出来上がってみたら棚の位置など問題点はあるのだが、これ以上の手を掛け
ていられないので、今冬はこれでヨシとしよう。
簡易温室棚2

簡易温室棚3


先日伐ったヒメシャラの株元は27センチも有った。
直径27センチ

ヒメシャラの後は海南サラサやサラサドウダン、ナツツバキ、コリンゴの一
部を伐採し、高野ミズキを間引きと、延々と作業は続いている。

私の癖と言えばそうなのだが、それぞれがまた実生で育つなどということは
当てにできないので、枯れたら困ると二株以上植え込むことが多かった、、、
それが密林のようになる原因になっていたのだ。
鬱蒼と生い茂りどうにも手が付けられなくなってしまっていたから、台風の
後始末を済ませた後は、薪作りも兼ねて伐採作業に精出しているという訳。

伐採光景2

伐採光景3

伐採光景4

この辺りは庭奥への小道でも一番薄暗かった場所。
ずいぶん明るくなり、吃驚している。
元気が無くなっていた木々もこれで復活するに違いない。
本シャクナゲも来年の花芽はまだ期待できないが、再来年は良くなるのでは
と思っている。
伐採光景5
画像の下部に見えているのは寸法切りした幹の一部分。

枝木を引きずり出して運び、焚き付けや薪として使える部分と枝先を切り分
け処理するのは私の役目。
枝木の処理1

葉の部分は運んで一まとめにして置き、葉は朽ちらせて肥料に、残った細か
い枝木は燃やして土に返す。
枝木の処理2
この冬はこれらの始末で忙しいことだろう。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:伐採 簡易温室
posted by けい at 17:33| 奈良 ☁| Comment(8) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山仕事ご苦労様です〜。
冬に向かって、薪の準備とかも順調のようですね。
私もほぼ同じような作業で、山の風景的にも似通ってるようです〜(笑)
伐採した枝などが散乱してて、薪用にも生かしたいし、でも細かくしてる時間がないしで、あちこち、切り枝の山ができてしまってます。
私も今年、大きく伸びってしまったヒメシャラ、思い切って半分ほどの高さにしました。切るのはそれほど手間ではないけど、切った枝を運ぶのがもう大変!
そちらのご苦労も、手に取るようにわかります〜(笑)
Posted by つばきやま at 2018年11月09日 22:02
多肉用の温室の出来上がりですね
いい色ですね。
サイズの合ったビニールカバーがあるのですね。
鉢数も多くなりましたね。
ヒメシャラ、大きかったのですね
幹が直径27pですか。
剪定して小さく仕上げるって方法は無いのですか。
伐採した後の始末これもまた、大変ですね。
でも。薪ストーブの薪の心配はないですね
Posted by sakko at 2018年11月10日 00:58
Keiさんは 挿し木の名人と記憶、、、、
昨日 お客の庭で とても美しい濃い紫の藤の剪定をしました。
挿木をして 秘密基地に藤の花を咲かせよう計画〜〜ッ!!!
日本なら 梅雨の頃に挿木がをするのが通常だったと記憶してますが こちら乾燥の夏、、、
雨季に入った当地、来週基地に行くので やってみよう、、、、です。
挿木名人のアドバイスを頂きたく候。






Posted by 草刈マッサオの妻 at 2018年11月10日 06:34
☆つばきやまさん、おはようございます。

薪の準備にはかなり出遅れの感があるのですが、この分は三月ぐらい
に使えればいいかなと思っています。
台風21号のおかげで、なにもかも後手後手になってしまいました。

あちこち足の踏み場がない状況になってます。^^;
春には回復していてくれたらいいのですが、そのためには冬場にかなり
頑張らねば。。。

きつい作業が続いていますが、ケガをしないようにとそれだけを念じな
がら動いています。
お互いに気をつけましょうね!!
Posted by けい at 2018年11月10日 07:42
☆sakkoさん、おはようございます。

未使用のビニールのカバーを貰っていたので、それに合わせて
棚を作ったのですけど、上部がカーブしているのでkiiさんは
少し難儀したようです。
棚の高さに少し難ありですが、これは来年の課題です。

多肉さんはまだ初心者なので枯らすものも多いです。
管理ができないのでこれ以上は増やせないと言いながら、つい
買ってしまいますね。^^;
留守の時にカバーを開けられないのが困るのですが、さてどう
しましょうか。

ヒメシャラ、一株の枝木の処理が最後の二枚の写真なんです。
未処理のものが山になっていて足の踏み場が無いです。
自分でも目をそらしたい現状です。
しんどい作業が続いていますが、でも、明るくなりましたよ〜〜

自然樹形に拘っているので、なるべく選定はしないできましたが、
なんといっても問題は私の植えすぎです。(苦笑)
それに、ゆったりと間隔はとって植えたつもりでしたが、まだ狭かった。。。

実生の木も次々と芽生えているので、今後は考えないといけませんね。
Posted by けい at 2018年11月10日 07:57
☆草妻さん、おはようございます。

「挿し木の名人」なんかじゃないですよぅ!!
私はとにかくいい加減でして。。。^^;

剪定したものを捨ててしまうのが惜しくて、ブスブス挿すだけなんです。
それが根付くので問題なんですよね。
結果密林になる。(笑)
挿し木床の箱が無数にありますが、そこで開花し始めたものも有って
ほんとうに可哀そうです。
地面に直挿しで根付くものなど、完璧に植物の生命力の強さだと思って
いるわ。

でもバラアカシアやコシアブラ、英彦山ヒメシャラや本シャクナゲは
挿し木に失敗してばかりです。
どうしたらいいか、プロの草妻さんに教えていただきたいと思っていますよ〜
Posted by けい at 2018年11月10日 08:07
Keiさん 早速ありがとう!
マッサオ&妻は こっちに来て 38年間 芝生刈りは プロと自称出来ますが 他の事は、、
近年 シェイファー ビートルという 虫の幼虫が 芝生に根を食いまくり、、、
その幼虫を 食いに カラス&ラクーンが 芝生をホジクりまくり、、、ボコボコ状態に、、、ううううう
除虫薬を撒くのは 芝生の上で遊ぶ 人間 特に子供&犬に薬害あり。
芝生も 昔の様な ピタッと決まった仕上げにするのは難しくなりました。
地球温暖化?
異常気象?
荒ぶる風神 水神 地に住む生物 人間も、、、異常に荒ぶれまくってるう〜〜、、、

Posted by 草刈マッサオの妻 at 2018年11月10日 23:46
☆草妻さん、おはようございます。

シェイファー ビートルって何かと調べてみました。
コガネムシの仲間で、芝生に卵を産み付けるのだそうですね。
それを食べに鳥や動物が来る。。。
ぼこぼこになった芝生の写真が載っていました。

芝生は薬剤を撒きにくいですし難儀ですね!!

近年は気象も異常ですし、予測できないことばかりで途方に
暮れますよね。
うちは台風21号の後始末がやっと終わりました^^;
Posted by けい at 2018年11月12日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。