2018年12月19日

ヒメナンテンの赤い実

庭を歩きながらいろいろ思い描き、作業予定を書き留める。
おそらく、組んだ予定の半分もできないのだろうけれど、それでも書かずに
いられないというのは、ほんとうに困った性分だと思う。

来春は石や丸太と親しみ、山の庭を何とかもっと形作りたいものだ。

冬枯れの庭ではクリスマスホーリーや姫ナンテンの赤い実がよく目立つ。
ヒメナンテン1
ヒメナンテンのはずだが、葉はいつの間にか大きくなっているのが不思議。

ログハウスの東側の小さな空地には、手を掛けなくてもいいようにナンテン
類を多く植え込んだが、白実ナンテンやオタフクナンテン、錦糸ナンテンは
今何処?になってしまった。
ナンテンとヒメナンテンだけはとても元気だ。
ナンテン1
でも、実は既に大方が鳥のお腹に納まってしまっていた。

ヒメナンテンは庭のあちこちに芽吹いてよく育つ。
ヒメナンテン2 ヒメナンテン3
山の家への走行中に、斜面一面が南天という場所があるのだが、こんな風に
増えていくのだろうなぁ。

マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)は山の庭では育たない。
何度も植え込んだが、−10℃を下回る日が続いた冬に枯れてしまった。
百両(カラタチバナ)はまだ御目文字したことがない。
十両と呼ばれるヤブコウジは自生していたぐらいなので大丈夫だが、その
野生のものは、動物たちの食糧になって久しい。

春に正月飾りの売れ残りバーゲンの斑入りヤブコウジを見つけて買ったもの
の、植え込むのを忘れていた。
もう枯れてしまったと思っていたら、強いものだね。
斑入りヤブコウジ
kiiさんに「これなに?」と指差されるまで、葉が出ていることにまった
く気付かなかった。
美しい葉に吃驚!
すみません、ヤブコウジ殿、きちんと植えさせていただきますのでお許しを。

綿のようなシュウメイギクの種、ふわふわで気持ちがいい。
シュウメイギク

葉を落とした木々には早や新芽や蕾の気配があり、逞しさを感じる。

ヒメコブシやコブシの蕾も急に目立ちはじめた。
ヒメコブシの蕾
これから開花まで、寒さを乗り越えて数か月を経なければならないのにね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 16:00| 奈良 ☁| Comment(4) | 2018年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、ユウチューブにアップされてる番組で、ワタシが日本に住む理由ってのをやってました。奈良県の川上村ってとこだったのですが、野迫川とは近いのですか?すごい山奥の集落って感じと、雪がすごく積もってたので、そちらのこと思い出してた次第です。こちらも今、自生の南天の実があちこちで鮮やかです。
Posted by つばきやま at 2018年12月19日 21:51
南天の赤い実、いいですね
私はお正月の小さな盆栽についていた南天を
庭に植えました。30年くらい前のことですが、
姫南天だったと思いますが、大きくなっています
毎年、あまり実付きがよくないのですが
今年は沢山なっていました。
小鳥さんより先に切り取りました。
ヤブコウジ、好きで何回か買って鉢植えにしていましたが
何故か冬に枯らしてしまいます。つい水遣りをわすれるからでしょうね
シュウメイギクの種、ふわふわですね
飛んで行ってあちこち生えますか
Posted by sakko at 2018年12月20日 00:14
☆つばきやまさん、おはようございます。

同じ奈良県下ですが、野迫川村から川上村までは二時間は掛かる
のではないかしら。
野迫川からは、川上村はずっと都会に思えます^^;

Wikipediaで見てみました。
川上村の推定人口1181人・人口密度4.39人/㎢
野迫川村の推定人口386人・人口密度2.49人/㎢
となっていました。
野迫川村は凄い山奥の集落で、しかも限界集落ですよ〜

電車なし、バスなし(バスは、村から国道へ出るための朝夕一便ずつが
あるだけ)。
車を持たない或いは運転しない世帯は役場や郵便局に行く村内の移動手段も
無いです。
スーパーやコンビニは勿論のことデリバリーなども当然ないですし。。。
そんな過疎地でも宅配便は届くのですから有難いです。
ただ、時間指定などはできませんけど。
そんなこんなで、最近、いろいろ考えること多々です。

ナンテンの赤い実、可愛いですよね♪
Posted by けい at 2018年12月20日 06:55
☆sakkoさん、おはようございます。

sakkoさんちの南天、鳥さんたちに先んじていいのが切れましたね。
それもいい実がたくさん付いていて。。。
少し遅かったせいで、うちのは大方が食べられてしまったようです^^;

姫南天の小さな葉が好きなんですけど、大きな葉が目立つんですよ。
いつの間にかスチールの物置の際にたくさん増えていたので吃驚しました。
目隠しにいいかも。。。

ヤブコウジ、自生のものは根が残っていたらまた芽を出すかなと期待して
いるのですが、消えてしまったのかも。
斑入り葉は早く地に下ろしてやらなくては枯れてしまいますね。

シュウメイギクの種、ふわふわ飛んであちこちに芽を出すのですが、
ダイアナや矮性種が丈夫ですね。
一重や八重の好きな品種は気難しいです。
Posted by けい at 2018年12月20日 07:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。