2018年12月27日

柿ジャムを作る

今年は台風21号の影響がきつくて奈良の富有柿も不作だったそうな。
いつも調達している農園も例外ではなかったそうだが、そこは馴染みの有難
さで何とか用意して貰えたのが有難かった。

我が家は大の柿好きで、特にkiiさんは美味しい柿に目がない。
「晩秋から柿をせっせと食しているおかげで風邪をひかない」のだと言う。
一概にそうとも言えないだろうが、健康でいられるのは食生活に気を遣って
いるからだとは思う。
食べ過ぎると便秘になるなどという話も聞いたことが有るが、日に一人当た
り5個ぐらいは消費している我々にその気配もない。

柿は大きなものは贈答用に使い、中粒以下のものを残して日々食している。

固さがあるうちは皮を剥いてシャリシャリ感を愉しみ、熟す過程でいろいろ、
スプーンですくったり、シャーベットなどにもして頂く。
富有柿

これほどの柿好きなのだから敷地内に富有柿を植えたい気持ちは大きいが、
いかに暖冬になろうとやはり寒地での甘柿の栽培は難しいようだ。

寒さの度合いが柿の名産地吉野町と野迫川村では格段に異なるのだ。
甘柿を植えたはずが数年で渋くなった、などという話も聞く。

マイナス気温が続く地域では富有柿は育たないということで、やっと諦めの
境地に至り、今は吉野町のY農園が頼みの綱だ。
高齢化で閉園する所も多いと聞くが、何とか続けていただけるようにと願っ
ている

甘みを増して柔らかくなる柿も美味しいのだが、シャキシャキしている時ほ
ど大量には消費できず、傷めるのが勿体なくて今年はジャムにもしてみた。
柿ジャム

最高に美味しい!!
ハードパンを焼いてクリームチーズとこのジャムを乗せたらどうだろう。
その美味しさが予感できる!!

柿自体が甘いので砂糖はまったく使わない。
仕上がりにレモン果汁は入れるが、味が少しぼやけているので塩を少々使う
のが私流。
「塩少々」が、一瞬にして柿ジャムに驚きの変化を見せるのが不思議だ。
甘すぎるものは苦手なので丁度いい加減になったジャムを、つい舐めている。
これは、、、料理にも使えるのではないか。。。

しっかり填まってしまい、また今日も柿ジャムを作っている。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


ラベル:富有柿 柿ジャム
posted by けい at 07:54| 奈良 | Comment(4) | 食のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今夜は冷え込んでいます
明日は山沿いは雪の予報です。
野迫川は大雪かも?
寒い年の暮れとなりましたね。
我家の柿も例年より少し少なかったですが
食べるには十分な量がありました。
私も柿は大好き、キーウイもまだ沢山あって、忙しく食べています。
柿は一番美味しそうなのを自分用に箱に並べて毎日食べています
ここ何年か風邪はひきません。
少し柔らかくなってきましたが美味しいです。
柿ジャムも美味しそうですが、冷凍庫と瓶詰めの
イチゴ、甘夏、キーウイ、ルバーブ、梅のジャムがあって
食べきれません。食べるより作るのが好きでこれも困っています
Posted by sakko at 2018年12月28日 00:13
けいさんおはようございます。

今ウイキペディアで見たら、富有柿と正式に命名されてから既に120年も経つんですね。
他の果物の中で、これだけの長い間、そして恐らくこれからも日本一のブランドとして君臨し続けて行くであろう果物はそうそう無いですよね。 

寒い地方は甘柿に不適なんですか・・だから北海道ではほとんど見ないのかな。

柿ジャムの隠し味に塩ですか・・。 なるほど・・。 って今回頂いた柿でジャムに回すのは無くなっちゃいましたが・・・。 ほんとあの柿は美味しかった。
Posted by あいやばば at 2018年12月29日 10:49
☆sakkoさん、おはようございます。

このところ冷え込んでいますね。
今年は町の自治会に関りがあるものですから、年末年始は結構いろいろ。
街と野迫川を行ったり来たりしています。

昨日山に来て吃驚しました。
積雪22センチ、敷地内道路の40メートルを除雪しなくては入れなかっ
たです^^;

柿ジャムにはメチャ填まりですよ〜

熟した富有柿はそのままスプーンですくって食べるか、シャーベット以外
には使えないと思っていましたが、なんのなんの。。。
うちに残してあるのは傷つきや小さいものばかりなのですが、充分生かせて
値打ちも倍加。
最高だなと大喜びしています。
Posted by けい at 2018年12月30日 08:17
☆あいやばばさん、おはようございます。

寒い地方は甘柿を植えても数年で渋くなる。
野迫川の村内にも富有柿は無いとその時に聞いた覚えがあります。

野迫川の手前の町などは富有柿の名産地なのに、凍てが厳しい地向かでは
無理なんですね。

柿、喜んでいただけて良かったです♪

うちに残してあるのは虫食いや傷物、小さいものばかりなんですけど、
こうしてジャムになって立派に再生しました。🙌
最高に嬉しいです!!

クラッカーにつけて戴いても美味しいでしょうね。
ワインにも合いそうだわ♪
Posted by けい at 2018年12月30日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。