2019年02月19日

ブルーベリーやキウィの剪定

ブルーベリー畑に最初に植えた十株ほどは甘くて美味しいのだが、樹高を高く
してしまい摘むのが難儀になり、しかもここ数年は収量も少なくなっていたの
で思い切って切り詰めることにした。
ブルーベリーの強剪定

ついでに古くなっていた鳥除けネットも外す。
鳥よけネットの撤収
この際、このネットを張る方法も考え直さなければ。
労力を再々掛けなくても済むようにしなければと思っている。

kiiさんは次いでキウィの剪定。
早くにしたかったが、休めた日は降雪があったりでうまくいかなかった。
キウィの剪定中

運び出したブルーベリーの幹や枝、キウィはまた山になり、うんざりさせら
れる。

kiiさんはこの後も、休む間もなく植菌用の榾木作りをする。

このコウゾは私が請け負うことにしよう。
一気に処理するのは無理なので、ボツボツ片付けることにする。
コウゾも伐ろう

前面道路側のネットは獣害に遭っていないかと様子を見に行って吃驚した。
滅多に見ない所だったので、こんなことになっていたとは気づかなかった。
土の乾き具合を見ると、多分最初に入られたときに此処も掘られていたのだ
ろう。
この辺りにも自然薯の蔓がたくさんあったから。。。
イノシシの土木工事
土を戻し蹴散らされていた水仙を埋め、そんなことで費やす時間は虚しい。

敷地内にカモシカの糞が異様に多い気がして、、、
「また入っているんじゃない?」
「もう大丈夫だよ。この前きっちりしておいたから。。。」
「でも、妙だよ」
念のためと思い、敷地内を見回る。
防獣ネット
「やっぱり、、、ほらぁ!!」
一番高い崖上のネットがズタズタになっている。

此処は地上から20メートルはあり、めまいを起こしそうな場所。
防獣ネットを張るときにどれほど怖かったか。。。
崖上から道路を見下ろす
この、崖に張ってある金属製の網が、カモシカにはいい足場になるようだ。

しかし、野生のものの強さには恐れ入ってしまう。
渓の引き水はこの崖の地上から5メートルほどを誘導してきているのだが、
工事したkiiさんの脚は、引き攣ってなかなか治らなかったことを思い
出す。

この調子では、いくら畑を作っても私たちの口には入りそうもない。
考えなければ。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:53| 奈良 ☔| Comment(4) | 果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご苦労が多いですね〜。
カモシカが出ることすら驚きなのですが、この金網を昇ってくるんでしょうか?
人力だけでは、なかなか十分な対策は難しいのですね。
ご無理だけはされぬよう、くれぐれもご注意ください。
まだ、これからも出現するのかな〜?
Posted by つばきやま at 2019年02月19日 21:52
剪定の季節ですね。
次々と仕事はありますね
獣の目当ては主に自然薯でしたか
いくら獣と言っても落ちたら命がけですね。
食に対して凄い執念ですね。

畑が無いのは寂しいですね。
畑の部分だけネットで囲んでと言う訳にはいかないのでしょうか
Posted by sakko at 2019年02月20日 00:32
☆つばきやまさん、おはようございます。

ご心配いただきまして、ありがとうございます。

天然記念物のカモシカの他にも、鹿は母娘連れで訪れますし、例の
イノシシ、野ウサギに、今までどれほど泣かされてきたことか。。。
不備を突くことに関して、彼らの勘や知恵は恐るべきものがあります。

美味しいものを求めて、それも簡単に手に入るのですから、止まる
ことはないかもですね。
でも、、、私もひとしきり泣いたら立ち上がりますけど。。。
Posted by けい at 2019年02月20日 07:01
☆sakkoさん、おはようございます。

キウィ、なかなかsakkoさんのようにスッキリの剪定が
出来ません。
切るのをつい躊躇してしまいます^^;

もう榾木を寸法切りしておかなければならないのですが、イノシシと
カモシカのおかげでずいぶん遅れてしまいました。
ナメコの植菌までに片付けなければいけないことがたくさんあり、
畑の防御迄手が回るかどうか。。。
収穫が何もない菜園は寂しいですし、何とかしなくては!です。
Posted by けい at 2019年02月20日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。