2019年03月18日

ユキワリソウのこと

園芸的にはユキワリソウと呼ばれているらしく、周辺の販売店でもそういう
名称で扱われているが正しくはミスミソウらしい。
ミスミソウは西日本、オオミスミソウは本州日本海側、スハマソウは東日本
に分布するのだとか。
昔々には○○〇×○○〇などという交配種に填まった時期もあったが、山の庭
の環境には弱かったようで諦め、今は原種系の素朴なものだけが残っている。

カモシカに葉を全部食べられてしまったから不細工な形だけれど、蕾の一部
は残しておいてくれたのでホッとしている。
貧相でも花を見ることができただけで幸せ。。。

今年は昨年にも増して見事な花群になることだろうと、かなり期待していた
のに残念だ。
(おのれ、にっくきカモシカめ!!)

ユキワリソウ1

ユキワリソウ2

ユキワリソウ3

ユキワリソウ4

ユキワリソウ5

不細工だけれど、カンアオイとユキワリソウには、また個別に防獣ネットを
被せたほうがいいかもしれない。

此処がダメならこっちから這入ろう、彼らの飽くなき探求心には脱帽してい
るのだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 17:29| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です〜。
雪割草が、自然の姿で咲いてる様子、素晴らしいですね〜。
確かに鹿とかの食害で、少し可哀想な感じはありますが、それでも自然と溶け込んでる姿は可憐で、力強くもありますね。
環境的にはぴったりなんでしょうから、ぜひ、鹿対策、ご一考ください〜(笑)
いっぱい、増えるんじゃないでしょうか。羨ましいです。
Posted by つばきやま at 2019年03月18日 23:13
雪割草、いいですね
園芸を始めた頃、何回も挑戦しましたが
数年で枯らしてしまいました
最近は私の近くの園芸店では見かけません。
他の山野草も昨年の夏の猛暑でずいぶん姿を消しました
雪割草の周りをしっかり囲んで守ってやってください。
カモシカに負けないで!!
Posted by sakko at 2019年03月19日 01:13
☆つばきやまさん山、こんにちは〜

そうなんです、環境的にはバッチリだと思うのですが、
問題は獣害です。
山の庭は侵入さえできれば、安易においしい食べ物を
得られる環境ですし。。。

攻防ももう10年に渡っていますし、流石に息切れして
きました^^;
Posted by けい at 2019年03月20日 11:21
☆sakkoさん、こんにちは。

今日は暖かくていいお天気ですね。
明日はまた雨とかで、毎日目まぐるしいですけど。。。

山野草は渋くて味わいがありますよね。
春の山野草展があれば、久しぶりに覗いてみたいです。
ユキワリソウは蒸れに弱いのかもですね。

ユキワリソウは上等なものほど弱くて私もかなり枯らしました。
残っているのは原始的な品種だけなんですよ〜〜
Posted by けい at 2019年03月20日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。