2019年03月30日

クリスマスローズのある風景

クリスマスローズのエリアはかなり広めに取ってある。
英彦山ヒメシャラ、ナツツバキ、桃色ナツツバキ、ヤマボウシ、紅花のヤマ
ボウシ「紅鶴」、ジューンベリー、紅花サンザシなどに周囲を囲まれた一画
がそう。
落ち葉がいい土壌を勝手に作ってくれるせいか、まったく手が掛からず、
クリスマスローズは如何にも私向きの植物だと有難く思っている。

クリスマスローズエリア1

クリスマスローズエリア3

クリスマスローズエリア4

クリスマスローズエリア2

このエリアから時々脱走する子もいて、困ったと思いながら「まっ、いいか」

飛び出した子たちは、それぞれが出先にコロニーを作り、しっかり子孫繁栄に
努めているから可笑しい。
そのうちに庭の中がクリスマスローズだらけになってしまうかも。。。


二年前にクリスマスローズエリアのブルーベル(ハイブリッド種)をすべて、
日照のいい場所へ移したつもりだったが、「な、なんと。。。」
ニョキニョキと顔を出したブルーベルに吃驚した。
なんでこんなに残っていたのかなぁ。
残っていたブルーベル
また大仕事が増えたよ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:10| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスローズ、どんどん枝エリアを広げていきますね
真夏に木陰になるのが良いのかな。
落ち葉が敷き詰めていますね。
その中からクリスマスローズだけが生えているのですね
あまり雑草はなさそうですね
ブルーベリー、残っていた根から伸びているのですね

土や気候が有っているのですね
私の所では3年くらいすると枯れてしまいます。

今夜は雷が鳴って停電しましたよ
堤防の桜はまだ開花宣言無しです
Posted by sakko at 2019年03月30日 23:41
☆sakkoさん、おはようございます。

この一帯は落ち葉が厚く降り積もりいい土を作ってくれますし、夏は適度な
陰を作り、クリスマスローズにとってはとてもいい環境なのでしょうね。
石をあしらってもっと整えたいとは思っているのですが、なかなか進みません。

それぞれが好きな場所に進出していく様子も楽しいです。

ブルーベル、全部抜いたつもりだったのですが残っているものですね。
また一仕事できてしまいました。
イノシシの工事痕の修復がたくさん残っているのに、ガックリですよ〜〜
Posted by けい at 2019年04月01日 06:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。