2019年04月12日

小さな花たち

「チオノドクサ」が咲き始めている。
チオノドクサ1
カメラも苦手分野で、可愛いピンク色がうまく出ない(^^;)

今年は何故か花数が少なかった。
チオノドクサ2

チオノドクサの中に一株ブルーが出てきた。
チオノドクサブルー
「チオノドクサ・ブルー」は小さな一群れが有ったのだけれど、イノシシに
蹴散らされて、「何処へ?」になってしまった。

チオノドクサとチオノドクサブルーエリアの中間地点に登場しているこの一
群は葉がチオノドクサだと思うが、ブルーだったら嬉しいなぁ。
チオノドクサ3


小さな花たちの中でも一番大好きなのが「シラー・シビリカブルー」
シラー・シビリカブルー1
深い青、小さいけれど整った美しい姿。。。
シラー・シビリカブルー2

すぐ近くに現れたこの一群れはシビリカブルーの葉とよく似ているので、か
なり期待している。
シラー・シビリカブルー3

その傍らにクリスマスローズの実生。
こんなところで増えてくれても困るのですけど。。。
早めに移植しなくては。
シラー・シビリカブルー4

小さな花たちの中でもちょっと変わっていて、目を引く存在なのが「プシュ
キニア」
プシュキニア1

プシュキニア

青い筋が入らない白の個体も出ていたのだが、どこに隠れてしまったのか
ここ数年というもの目に出来なくなっている。
プシュキニアを見る度につい探してしまう。
掘り上げて鉢植えにしておけばよかった。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 05:49| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の返事、こちらに書きますね。
どうも、ありがとう。嬉しいです〜。
こんな小さな野草たち。大好きですから(笑)
ちなみに、今日のシベリカブルー、ブシュキニアという品種も初めて知りました。
昨年こんな感じで、チオノドクサも知り、HCで球根に出会い、早速買い、植えました。名前を知っとくと、そんな風に、何かの機会に探す楽しみも増え、嬉しいのです。私のほうからもぜひ、鹿が食べないようなもの、探しときます〜(笑)
Posted by つばきやま at 2019年04月12日 23:07
けいさんのお庭は次々と小さな可愛い花が咲きますね
チオノドクサ、これも我が家では今何処のなっています
落ち葉が落ちる環境が良いのでしょうね。
そして夏は半日影でしょうか
シラー・シピリカブルー、ブシュキニアはけいさんのところでのみ
見る花です。中々いい感じの花です
今回のブログに私のアマナを載せました。
昨年植え替えて夏はしっかり管理し肥料もやったのに
まだ、咲きません。来年待ちです。中々気難しい花ですね
Posted by akko at 2019年04月13日 00:05
☆つばきやまさん、おはようございます。

了解いたしました!

シラー・シビリカブルーやプシュキニアは、小さな花たちの中でも特に大好き
なんです。
一面の・・・を期待していたのですが、なかなか増えてくれませんでした。
これほどの年月を経てようやく馴染んできてくれたような。。。

山の庭には艶やかな花は似合わなくて、やはり山野草がメインになってしまい
ます。
渋く感じるのでしょうか、昔々にネットで取り上げられたタイトルは
「男のガーデニング」でしたよ〜〜
「管理人はこれでも一応は女や・・・」と思わず呟いてしまいました。(笑)
Posted by けい at 2019年04月13日 06:42
☆sakkoさん、おはようございます。

花は次々に咲くのですが、私が息切れしてアップが遅れがちになっています^^;

「シラー・シピリカブルー」「ブシュキニア」って素敵でしょう!?
自分の庭を一面「ブルーベル」や「スノードロップ」「シラー・シピリカブルー」
や「ブシュキニア」で埋め尽くしたいと昔は夢見ていました。
カモシカや鹿、イノシシや野ウサギのおかげで夢ははるか彼方ですが。(苦笑)

sakkoさん家のアマナ、親元よりもずっと大事にされているのですね。
株はずいぶん充実しているように見えましたが。。。
葉陰に白いものが見えるのはひょっとして花芽ではないのか、kiiさんが
そう申しておりますが。。。
花芽だったら嬉しいですけど、もう少し拡大できないとハッキリしないです。
Posted by けい at 2019年04月13日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。