2019年05月30日

オーニソガラムや斑入りフッキソウ

ネジバナやスミレよりはマシだと思うけれど、オーニソガラムもひとところ
に留まらず、あちこちへ飛んで落ち着かない。
一面の、、、というのが好きな私はそれが嫌でまとめようとするのだけれど、
またまた脱走するに及んで、もう、すべての植物について諦めの心境である。

「オーニソガラム・ウンベラタム」
英名のスター・オブ・ベツレヘムから「ベツレヘムの星」とも呼ばれている。
和名は「オオアマナ」
オーニソガラム1

オーニソガラム2

オーニソガラム3
開いた花は輝くような白だが、花弁の外側の緑が個性的。

「オーニソガラム・ダビウム」「オーニソガラム・シルソイデス」なども植
え込んだけれど、寒さに弱かったらしく消えてしまった。
このウンベラタムは寒さにも強くとても丈夫。

「ツルオドリコソウ」
ツルオドリコソウ
ピンクや白も有ったのだが黄花だけが残った。

「ツルニチニチソウ」
ツルニチニチソウ

「姫ツルニチニチソウ」も何種かあり、土手に蔓延って土留めになっているが、
花は終わってしまったのか、葉ばかりさんになっていた。

「シレネ・ディオイカ」
シレネ・ディオイカ
開拓当初に植え込んだものだが、細々と残っている。
遠慮はいらない、爆発的に増えてくれていいんだけれどね。。。

「斑入りフッキソウ」
斑入りフッキソウ
よく増えてくれるので土留めにも使ってみようかな。
花は地味系だけれど、斑入りの葉がよく目立つでしょ!

「ハルジオン」
ハルジオン
ピンクのやわらかい頭花が可愛い。
ヒメジオンと混同しやすいけれど、簡単な見分け方は、ハルジオンの茎は
中空で、ヒメジオンは白い髄が詰まっているそうな。

天ぷら、炒めもの、おひたし、和え物にも利用できるそうだが、食べてみた
ことはない。
浴湯にも使えるとのことなので、まずはそこから利用してみようかな。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 05:54| 奈良 | Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいお天気で暑かったですがこの間の猛暑日に比べたら
爽やかな暑さでした。
ベツヘルムの星って私は言ってます。私のは、葉が縞模様になっています。
ツルオドリコソウもあるのですね。
大和川土手のオドリコソウと踊り子の雰囲気はそっくりです
ヒメジオンとハルジオンの見分け方は茎ですね。
試してみます。
Posted by sakko at 2019年05月31日 00:57
☆sakkoさん、おはようございます。

sakkoさんのオーニソガラムは葉が縞模様でしたか?
斑入りのものは見たことがありません。
ツルオドリコソウは白やピンクも有ったのですが、度重なる獣害で
消えてしまいました^^;
sakkoさんのところは白いオドリコソウがあるでしょう?
清楚な雰囲気が素敵ですよね♪

ヒメジオンとハルジオン、混同しますけど茎が目安なんですよね。
うちは今はハルジオンばかりです。
昨年はヒメジオンもありましたし、そのうち出てきたらまた茎で
試してみようと思います。

カラッとしていると畑や庭仕事もしやすいですが、熱中症救急搬送の
体験が気持ちを萎えさせます。
ブヨと目なぶりが猛攻撃してくれますし、この時期の外仕事は緩くないですね!
Posted by けい at 2019年06月01日 05:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。