2019年06月21日

シオデやブラックベリーや

「なかなか出てこないね、遅いよ。枯れたのかなぁ」
「全部いっぺんに刈れるなんて、そんなことないと思うよ」
そう話しながら待ちかねていたシオデがやっと登場してくれた。
今年はチョビチョビと顔を出し一度に摘めないから、調理のし甲斐がない。
シオデ1
今回は肉巻きにした。
ほどよく茹でて豚肉で巻き、調味は塩コショウだけ。
これが唸りたくなるほどの絶品!!
同じ肉巻きでも、アスパラには悪いがまったく異なるのだ、旨味が。。。

シオデは食べられるようになるまで成長するのに、長い年月を要する。
もっとたくさん実生が出てくれたらいいのだが、それがなかなか気難しい。
シオデがこの形状になるのは発芽から何年も経過してからで、発芽から数年
は姿が全く違うために、草抜きの際には注意して目を皿のようにしている。
シオデ2 シオデ3
左はいつも最初に芽を出す一番の古株で雌。いつの間にか脇に子苗が芽を出し
て成長し、今年はその根元に新たに二本の小苗を見つけた。
嬉しくて思わず飛び上がってしまった♪

ミョウガ ワラビ
シオデの傍らの早生ミョウガが伸びてきた。
右の画像はワラビ。
以前は敷地内には無かったのに、最近はワラビもゼンマイも顔を出すように
なってきた。

晩生のミョウガはどうだろうかと見に行く。
梅の実(白加賀)が雨と風でかなり落ちていた。
梅の実
これで間引かれて少しは大きくなるだろう。

ふっと傍らに目をやると、あらら、サンキライが繁茂している。
実も付いてるね。
サンキライ

ブラックベリーの花が咲きだした
ブラックベリーの花

育樹園の夏椿を伐ったので日照通風が良くなり、ギョウジャニンニクがとても
元気。
ギョウジャニンニク
勿体なくて、まだ食べられません。。。

ワイルドストロベリーは赤い実が普通だが、時々白実もできる。
最近は見かけないなと思っていたら、キュウリや中玉トマト、豆類用にメッ
シュを張りっぱなしにしているその奥に実を見つけた。
それもズラッと一列、全部白実だから吃驚。
ワイルドストロベリー1 ワイルドストロベリー2
ふふふ、甘いよ!

先日最終処分の果樹苗を購入した店舗で、枯れそうなレモングラスを三ポット
見つけた。
レモングラスの苗をずっと探していたのだ。
「もう少し状態のいいものはないのでしょうか?」と尋ねたが、在庫はこれだ
けとのこと。
「引き取ってもらえるなら1P30円でいいですよ」と言われて、3Pとも
買ってきたのだが、それが全部元気になってきた♪
レモングラス
やったね、パチパチパチ。大きくなぁれ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 07:30| 奈良 | Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいさんこんにちは。

出だしの会話・・・良く分かります。 ほんとに出て来ないですよねぇ〜。
3年前だったか、いただいたあと、翌年なんか完全に見失っていました。 
きっと根付かなかったんだろう・・と。
去年までに2・3本草取りの最中に切ってしまってたかもしれません。
小さい時の姿が想像しているシオデと全然違ってたので間違えるのも無理はありません。
収穫出来るまでに何年かかるんだか・・。 まだ2・30cmくらいにしか大きくなってないのでこの調子じゃあと10年?
楽しみではありますが、ワイルドストロベリーに比べたら何て成長の遅い事よ・・。
Posted by あいやばば at 2019年06月21日 14:08
☆あいやばばさん、こんばんは。

シオデって繊細だけれど強靭です。
でも油断していると枯れてしまう。。。
うちで食べられているのはまだ自生のものだけです^^;
一番芽は摘んでも二番目以降は摘まないようにと、かなり気を遣っています^^;

もう2〜30cmくらいになっているのなら、後、1〜2年で摘めるように
なるのではないかしら?
美味しいのよ〜
アッ、ご親戚の所でとっくに味わいはご存知でしたよね!
Posted by けい at 2019年06月21日 19:05
シオデってそんなに美味しいのですか。
植えても食べられるようになるまで成長するのに何年もかかるのですね。
もう無理な話ですね
早生の茗荷が芽を出した・・・・・
我家のはもう1m以上あります
随分差がありますね
ブラックベリーの花、薄いピンクですね
我家のトゲナシのブラックベリーの花に似ています
野イチゴ、白もあるのですね。
今日の午後は大雨でした。
Posted by sakko at 2019年06月21日 23:45
☆sakkoさん、おはようございます。

シオデ(牛尾菜)は秋田では「ひでこ」として親しまれている山菜で、
山菜の女王と称する人もいるようですよ。
秋田の民謡に「ひでこ節」というのがあるくらいですものね。
アスパラのほうがいいという人もいるでしょうが、野趣に富んだ味わいは
比較できないほどだと思っています^^;

>もう無理な話
そんなことないですよ〜!!
ラインを送りましたので見てくださいね♪

やはり関西の北海道とかチベットなどと言われているだけあって、気候は
特異な地域ですよね。
晩夏から冬へは駆け足ですから、そのうちに町の季節を追い越しますよ!!

うちのブッラクベリーも棘なしなら嬉しいです♪
今年は沢山花が咲きそうなので実りを心待ちしています。
Posted by けい at 2019年06月22日 07:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。