2019年07月11日

ナツツバキとその仲間たち

ナツツバキの仲間たちは一日花だけれど、たくさんの蕾を持ち次々に咲くの
で、どちらかというと華やぎを感じるのは私だけだろうか。
ナツツバキ4

ナツツバキ1

ナツツバキ2

ナツツバキ3
庭には夏椿が四株。
昨年まで六株有ったのだが、緑陰が大きくなりすぎたので二株は泣きの涙で
伐採した。

ログハウスの前の庭を見渡していたら、「あんなところにどうして??」
実生苗のナツツバキがもう花をつけるまでに育ってしまっていた。
私は勿論だが、kiiさんも気づかなかったらしい。
「土手の斜面の危うい場所で崩れそうだから抜くわけにいかないし、もっと
小さい時に気づいていたら鉢上げできたんだけど」とのこと
ナツツバキ実生苗
見回りを密にして早く気づけたらいいのだが、なかなかそうはいかないのだ。

桃色ナツツバキもたくさんの花をつけているが、今年は紅色がほとんど
出ていない。
ボケたような薄い色合いになっている。
桃色ナツツバキ1

桃色ナツツバキ2
やはり春先からの不順な天候のせいだろうか。

ナツツバキの仲間で一番好きなのが「英彦山ヒメシャラ」
花が大きくてとても美しい。
陰の、目立たない場所に植えてしまったのを後悔している。
英彦山ヒメシャラ1
お日様を求めて上へ上へ、ずいぶん樹高が伸びてしまった。

英彦山ヒメシャラ2

英彦山ヒメシャラ3
ナツツバキやヒメシャラの実生はよく出るのに、なぜか桃色ナツツバキと
英彦山ヒメシャラは子孫繁栄に積極的ではない。
お子様の誕生は大、大歓迎なのだけれどね。。。
特に英彦山ヒメシャラ、、、
草引きをしながら目はせわしなく実生苗を探している。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 16:02| 奈良 ☁| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は時々小雨だったのですが
畑に行ったら水が溜まっていました。
たくさん降ったのだ〜と。
季節ごとの花、いいですね
ナツツバキ、緑の葉に白が映えますね
桃色夏椿、かすかにピンクを感じますが
普通はもっと濃い色なんですね。
花木も果樹も剪定が大変ですね。
Posted by sakko at 2019年07月12日 00:46
☆sakkoさん、おはようございます。

雨か曇天ばかりですけど、sakkoさんちの菜園はどれもみな
元気にすくすく育っていますね!
作り方もいろいろ工夫されていますけど、愛情の掛け方も違うの
でしょうね。

それにしても、、、
今年ほど天候に左右される年は少ないのではと思っています。

ナツツバキ、一日花なので株元に落ちている花も半端ではないです。
落花も美しいものですが、雨に打たれてしまいいい画が撮れなかったです。
蕾がたくさんで、見事ですよ。
桃色ナツツバキの色が薄くて残念です^^;
Posted by けい at 2019年07月12日 05:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。