2019年07月17日

バラとクレマチス

山の庭で私と一番相性が悪いものはバラとクレマチス。
何種、何株植えこんだものか、もう覚えていない。
厳しい気候にも影響されるのだろうけれど、薔薇を無農薬で育てること自体
が無理なんじゃないの?と相方はのたまう。
敷地内のあらゆる場所に食用にするための山菜や野草が育っている現状では、
如何に「薔薇のために。。。」とはいえ、薬剤を使うことはできないのだか
ら、そこは優先順位を考えると仕方がない話なのだ。
新たに植え込むことはやめようと心に誓い、幾つかでも残ってくれたらそれ
だけでいいと開き直っている。

「サマー・メモリーズ」
サマー・メモリーズ
枯れかけたものが復活したのだが、はじめて見た花に感激した。

「フェリシア」
フェリシア
なぜかこの種だけがすくすく、一番元気なのが不思議だ。

「アンジェラ」
食べられて枯れかけていたがやっと元気になり、今年は数輪の花をつけた。
アンジェラ

ツル薔薇が枯れてしまい、台木が育っている。
複雑な心境だが、可愛いので「まぁ、いいか」と育てている。
名もなき薔薇

他には「箱根サンショウバラ」、移植して養生中の「ナニワイバラ」と「ハト
ヤバラ」、名前を忘れてしまった咲かないツルバラしかないが、それらは今の
ところ健在だ。
この先、鹿やカモシカに食べられさえしなければ、いつか花を見せてくれる
だろう。

「もうバラは植えない!!」などと言っているけれど、バラ苗を見るたびに、
揺れる気持ちを抑えている。


ミニバラは花期が長くて丈夫なので、私向きかも。
ミニバラ1 ミニバラ2 ミニバラ3


「クレマチス」も好きなのだが、残っている品種は少ない。
クレマチス1

クレマチス2

クレマチス3

これは枯れかけた最終バーゲン苗で名前も付いていなかった。
クレマチス4
小輪だが多花で、長く楽しめるのが嬉しい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


posted by けい at 16:10| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バラとクレマチスが相性が悪い。あら〜私と同じです
バラは消毒などしないと駄目なんでしょうね
我家には昔からある紅色とピンクのバラ、これは何故が
虫がつきません。
新しく買ったのは何回挑戦しても枯らしてしまいます
もう薔薇には手を出さいといいと言いながら買ったミニバラ数株の
いつの間にか消滅です
クレマチスも、数鉢、細々と育てています。
これも。珍しい品種は無くなりました。
Posted by sakko at 2019年07月17日 23:41
☆sakkoさん、おはよおうございます。

バラとクレマチスはサラ〜ッと流してしまいたい苦手分野です。(笑)
無農薬で育てることが難しいものは、手も目も掛けられない山の庭
では特に無理だと思い知りました。
でも、心は揺れているのが困ったところです。

バラもクレマチスもどれほど植え込んだことか、もう思い出せません^^;

植物との相性というのはやはりあるのでしょうか?
Posted by けい at 2019年07月18日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。