2019年07月31日

アジサイたち(3)

現在の「清澄沢」と「ベニガク」の様子。
清澄沢  
「清澄沢」は咲きかけからがとても可愛いが、全開すると紅がぼやけてくる
のが残念。

「ベニガク」は咲き進む経過がずっと楽しめるから好きだなぁ。。。
ベニガク

敷地は7段からなっているが、6段目と7段目の境の土手にアジサイの実生
群が出ている。
数え切れないほどで、この有様には途方に暮れてしまう。
山の土手
自然交配の実生だからどんなものが出てくるか分からないし、置いておこう
よとkiiさんは言うが、土手の雑草は鎌や刈払い機でバッサバッサといき
たいので、これでは手間が掛かって仕方がないのだ。

敷地の前面道路沿いの土手には西洋アジサイをびっしり植えていたのだが、
長年に渡る鹿やカモシカの猛攻を受け、またコウモリガの被害も大きくて
風前の灯火になっている。
何を植えようか、やはりアジサイにしようか、アナベルはどうか三河千鳥に
しようかなどとただいま考慮中、、、

その土手に、植えた覚えが全くない花が出現。
前面道路沿いの土手1
こういうのを見ると、やはりこの土手にはアジサイがいいか、、、と思わな
いでもない。

前面道路沿いの土手5
防獣ネットの中は安全かと思いきや、ネットから張り出した葉や花はみんな
食べられてしまった。
見事な食べっぷりに呆れてしまう。

防獣ネットの上部にあるものだけが残っているという、不細工な有様である。
前面道路沿いの土手2

前面道路沿いの土手3
この様相は我が家に限ったことではなく、周辺の別荘地の庭も同じ目に遭わ
されているようだ。

ネット際は要注意だと理解する以前に植えたものはもう仕方がないが、確か
に少し奥に在るものは健在だ。
前面道路沿いの土手4
ナニワノイバラの誘引もよくよく考えなくては。。。

ツルアジサイの花は見逃してしまったし、晩霜から一部分だけがやっと生き
残ったウズアジサイはまだ色も出ていない。


ところで、今年遥々鹿児島からお嫁入りしてきた苗の中にアジサイが4株。
これは「アジアンビューティ・クララ」と書かれていた。
アジアンビューティ・クララ1 アジアンビューティ・クララ2 アジアンビューティ・クララ3
左から順に、開花からのその変化に釘付けになった。


こちらは「碧の瞳」と名付けられていたもの。
碧の瞳
何と愛らしい、、、こんなアジサイもあったのかと吃驚した。

最近は即売会は勿論だがアジサイ展にもとんとご無沙汰していたから、山の
庭には昔ながらの品種しかないのだが、まるで浦島太郎だとつくづく思い
知ったのだった。

来年はアジサイ展や即売会巡りもしてみようかな。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:15| 奈良 ☔| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猛暑日が続いています。
紫陽花にはこんなに色々種類があるのですね
カモシカ、もっと山奥に行けば、たくさん食べる木も花もあると思うのに
何故、人様の物を荒らすのでしょう。
ベニガクもいいですが、その下の純白のガクアジサイもいいですね
碧の瞳、びっくりです
こんな紫陽花もあるのですね。
そうですね。バラにもいろいろな品種があるように
紫陽花だってこんなに様々な色、形があるのですね
そしてけいさんちのお庭の様な環境に置くのが一番にあいますね
Posted by sakko at 2019年07月31日 23:59
☆sakkoさん、おはようございます。

猛暑で町は連日、熱中症の警戒警報が出ています。
昨日は9時台で出ましたから凄いですね〜

アジサイは我が家にはありきたりのものしかないのですが、
いろいろ登場しているのですね〜
「碧の瞳」も「クララ」も大感激でした!!
来年はアジサイ展や即売会に足を運んでみたいです。

どの植物も水遣りの都合で直植えが基本の山の庭ですけど、それが
無謀なんですよね。
小さいうちは鉢で管理するべきなんでしょうね。。。

アジサイの葉に料理を盛り、その葉も食べて中毒症状を起こした
などという話もありましたが、カモシカや鹿軍団はまったく平気
みたいです。
口が届く範囲はバキバキですよ。
なにしろ、きつい棘のナニワノイバラでも平気なんですから呆れてます。
Posted by けい at 2019年08月01日 06:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。