2019年08月01日

ギンバイソウと???の花

昨年庭奥で変わった葉を見つけて図鑑を探り、「ギンバイソウ」ではないか
と当りをつけていたのだが、その年は花を見ることはできなかった。
(2018年5月31日の記事「冬越しした多肉ちゃん&??の野草たち」)

ハンゲショウの様子を見るために庭奥への小道を辿りながら、
「あそこ、何か白いものが見える。。。」
「あぁ、やっぱりギンバイソウだったんだね」
ギンバイソウ1

ギンバイソウ2
ギンバイソウはずっと憧れだったが、まさか自生しているなどとは思いもし
なかった。
昨年チラリと先端が浅裂した葉を見つけたときも「まさかね〜」と半信半疑
だった。

そうなのだ、やらかしてしまったのだ。。。

開花株の周辺を見回すと先端が浅裂した葉ばかりではない、でも、どうもそ
れらしき株が幾つかある。
植物図鑑を眺めるのは趣味だが、手持の図鑑にはギンバイソウの葉の先端は
2浅裂と書いてあったので、その旨、しっかりインプットしていたから、
雑草のつもりで今までに相当量を抜いてしまっていたのだ。
ネットで調べると「葉先は大きく裂状になるものとほとんど無いものとがある」
とのこと。
どの図鑑にもそんなことは書いていなかったもんね。
なんということだろう、今頃、ギンバイソウの群生が見られたのかもしれな
いのにと、地団太を踏んでいる。

傍らでは「コンテリクラマゴケ」が美しい輝きを見せている。
コンテリクラマゴケ

「ハンゲショウ」はなぜか白い斑がほとんどでていない。
ハンゲショウ
道いっぱいに広がって大きな顔をしているのだが、こんなハンゲショウは
初めてだ。

さて不明だった自生の花がようやく咲き始めた。
不明の花1

不明の花2
花は薄緑で小さい。
ツレサギソウ属やトンボソウ属の仲間だろうか?

山渓のハンディ図鑑
愛用している山渓ハンディ図鑑は「野に咲く花」「山に咲く花」の他に
「高原に咲く花」もあり三冊を首っ引きで調べてみたが、なかなか同定でき
ない。
ご存知の方はご一報ください。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 06:26| 奈良 ☁| Comment(0) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。