2019年08月31日

ミナヅキ&オニユリやコオニユリ&蜂刺されのこと

暫しご無沙汰いたしました。

じつは、草抜きの際にアシナガバチに刺されて、右手から肘までが熱を持っ
て腫れあがり、まるでグローブのようになっていた。
アシナガバチはもう十年ぐらい前に左手甲を刺されたのが初めだった。
その際は紫色に腫れあがり、腫れが引きだす迄にはやはり一週間は要したの
だが、今回のほうが腫れの範囲はかなり拡大したのだ。

「気を付けなさいよ!」と、庭に出る度にkiiさんに注意勧告を受けてい
たのだが、必死になって作業しているものだから周囲が全く見えていず、、、
それでも少し高い位置に巣があるときは早めに気づいて“蜂バズーカー”で撤去
していたが、今回は低い位置で、しかもレンゲツツジの枝の中に隠れていた
ので全く気付かなかった。
小さな巣はkiiさんが撤去してくれたが、その辺りに目をやるたびに、恐
怖でゾクッとする。

「スズメバチでなかったのはまだ幸いだが、小さなアシナガバチでも、何度
も刺されているのだから侮ってはいけない」
担当の医師からはそう脅されたのだった。
しかしゴム引きの厚めのガーデニング用手袋の上から刺しますかね。
何度か刺されても平気な御仁もいるし、個人差はかなりあるのだろうか。

まだ熱を持っていて痛痒いが、腫れも引いてきているので、家事、庭仕事、
ネットにも、徐々に復帰できるだろう。

さて庭だが、、、
オニユリやコオニユリが賑やかに咲いている。
オニユリ1
自生のオニユリはクリスマスローズのエリアに忽然と出現したが、緑陰に
負けたのか細々になっている。

ムカゴを日向にばら蒔いてみようか。
オニユリ2

コオニユリは、食用のゆり根の残りをミニ菜園に植えたものはとうに開花し
て、もう花が終わってしまったが、自生のものは草に埋もれて今頃あちこち
で花を咲かせている。
コオニユリ2

エリアを広げてくれるのは大いに歓迎である。
コオニユリ1
美味しいだろうなぁ、ゆり根。
猪に食べられるより先に口に入れることにしよう♪


ピラミッドアジサイ・ミナヅキさんの今。
ミナヅキ1

ミナヅキ2
花期が長く、いつまでも楽しめるのが嬉しい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 09:17| 奈良 ☀| Comment(2) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アシナガバチに刺されたとか、痛かったでしょう〜(笑)
随分腫れましたか?
私も今年は一度刺されましたが、低いツツジの中に巣があって、全く予想してませんでした。夏の剪定作業はやはり危険が伴いますよね。気をつけてても、気づかないこともありますしね。
だから、できるだけ冬に延ばそうと思います。
早く良くなるよう、願ってますね。
それと・・・ミナズキ、とても綺麗です〜。
Posted by つばきやま at 2019年09月01日 23:19
☆つばきやまさん、こんばんは〜

私は蜂にはかなり弱いようで、今回もかなり腫れあがってますよ〜〜
アシナガバチにはもう何度刺されたことか。
蜜蜂に刺されても痛みが一週間はとれないのですから。。。
自分の手を見るのさえ悍ましいです!!
一時は指も曲げられなかったですから、今は回復してきていると思います。

ミナヅキには吃驚させられました。
それにつきましては画像を処理してから、後日に報告いたします♪
Posted by けい at 2019年09月02日 19:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。