2019年09月16日

シュウカイドウの紅花と白花

シュウカイドウが賑やかに咲いている。
シュウカイドウ

シュウカイドウ2
今年は春先以降の獣害を防御できているので、吃驚するほどの増え方である。
日向へ日向へと、どんどんエリアを広げているのが頼もしい。

白花も日向へ出せばもっと増えるのだろうが、まだ株数が少ないので万が一
枯れたらと思うと手が出せずにいる。
シュウカイドウ白花

毎度のことだが白花の葉裏を今年も載せておこう。
シュウカイドウ白花
赤花のシュウカイドウの葉裏は緑一色だが、白花は葉裏から見た葉脈が赤いの
が何とも不思議だ。

草むらにホオズキがチラチラ。
草刈り部隊に切られてしまうのでかなり減ってしまったが、幾らかは健在
だったのでホッとしている。
ホオズキ
やはり、無いと寂しいものね。

アザミは庭仕事の際に痛くて悲鳴を上げてしまうのでなるべく切るようにして
いるのだが、「少しは残しておきなさいよ」とkiiさんはそんな私を恨めし
気に見やる。
アザミは、どれもお邪魔虫になる場所にばかり出てくる。
アザミ
春の山菜の天ぷらの一品として重宝するのは判っているが、痛いのには閉口
するのだ。

白花のシモツケが好きだが、実生から出てくるのは赤花が多い。
小さいけれど一株の白花を発見して喜んでいたが、先の記事のレンゲショウ
マの様子を見に行った際にもう一株発見した。
白花シモツケ
これもまだ小さいけれど、嬉しくてついにっこり。
「早く大きくなぁれ!!」


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

posted by けい at 12:57| 奈良 | Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空の色も風も秋に移行しています。
今日は老人会の奉仕作業でゴミ拾いでしたが
熱中症になるほどは暑く無かったです
私の秋海棠は半日影で育てていますが
日当りが良いのですね。
白の秋海棠もいいですね
ホオズキは毎年茎にカメムシが数珠つなぎにつくのですが
今年は其れが無かったです。
大根につくダイコンサルハムシもまだ出ていません
ブログを書いて14年、色々な変化があります
Posted by sakko at 2019年09月17日 00:08
☆sakkoさん、おはようございます。

シュウカイドウが真っ盛りです。
シュウメイギクもチラリと咲きだして、秋なんですね〜〜

暑い日もまだありますが、朝晩が過ごしやすい(いや、野迫川の場合は
もう寒い、かな!)ので楽になりましたね!
今年も何とか熱中症を避けられました♪
あの救急搬送以来、夏が恐怖なんです。

毎年いろいろなことがありますね。
今年は天候の面で特にそうでしたが、ここ数年は捉えにくいことが多いですね。
Posted by けい at 2019年09月18日 05:25
はじめまして。
sakko さんのところから飛んで来ました。
素晴らしい自然のの暮らしをUPされていますね。
今、はじめの方のログハウス作りを少しだけ読ませていただきました。
膨大な。。ご苦労の後を追っていくには時間が必要ですが。。
人生で何を選んで行くかですね。
お二人で取り組む姿には頭が下がります。
ゆっくりと読み進めようと思っています。
Posted by たまえ at 2019年09月20日 09:57
☆たまえさん、はじめまして!

ご訪問、ありがとうございます♪

二人だけの山暮らしは気楽ではありますけど結構大変で、加齢と共に
その厳しさをヒシヒシと感じさせられています。
なにしろ僻地の過疎地域ですから、町の暮らしからは想像できない
ものがありまして。。。^^;
サバイバル生活には充分耐えていけそうですが。
草花と本と音楽や映画をお供に、老骨に鞭打って頑張っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by けい at 2019年09月21日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。