2019年12月25日

万年青(おもと)

昔々に住んでいた家のご近所さんが花好きだった。
その時分に、もうそこそこ年配の方だったから、収集されているものも多岐
に渡っており、鉢数も半端ではなかった。
その中で一番目を引いていたのが、万年青群だった。
上等の鉢に植え込まれていた、名のある万年青の数々を思い出す。
その方の影響も多少はあり、いつの間にか万年青は地味だけれど好きな植物
の一つになっていた。

斑入りや覆輪、縞の他に、広葉、細葉、剣葉の葉の形の変化にも心を惹かれ、
竜葉(りゅうば)やガシ竜、玉竜の面白さに目を見張った日々が懐かしく思
い出される。そういえばユズ肌などと呼ばれる品種もあった。

頂いた価値のありそうな品種は経年のうちに枯らしてしまい、今は名もなき
万年青ばかりになってしまっている。。。

万年青1

万年青2

細葉には実がついていなかった。
万年青3

万年青4

万年青6

そういえば、一番小振りの株を幾つかこの辺りに植え込んだのだったが、消
えてしまったかな。
枯れ木や落ち葉をかき分けてごそごそして、一株だけ発見。
万年青5

クリスマスローズはちょい齧りしてみるのに、なぜか万年青は獣たちに避け
られている様子。
スズランなどは平気で口にするのに、植物の毒性にも好き嫌いがあるのか。

近年 凍てる寒さにもようやく馴染んでくれたようで、思いがけない場所に
増え始めているのが嬉しい。


*****************
「か〜ぜ、ひいてまんねん」

「確かそんなCMが昔あった気がするけれど、最近見かけないよね」
「何を暢気なことを言ってるのさ。早く治してくださいよ!!」
大風邪をひいて寝込んでます。咳き込んだせいで喉の古傷が痛んでます。
暮れの繁忙期、皆様くれぐれもご用心くださいね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村

ラベル:万年青 オモト
posted by けい at 07:23| 奈良 ☀| Comment(4) | 2019年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万年青、以前にちょっとブームになったことがありましたね
私も何鉢か持っていましたが今は生き残った名無しが一鉢です。
獣にも好みがあるのですね
万年青は美味しくないのですね
私は赤い実が好きです。
けいさん、大風邪ですか。お大事になさってくださいね。
私は大風邪でなく小風邪を引きますが
鼻詰まりから蓄膿になりかけたりします。
風邪は万病のもと、年末、無理なさらないで治してくださいね
Posted by sakko at 2019年12月26日 06:59
けいさん 大風邪ですか? 
喉が痛いのは辛いですね。早く良くなりますように。

けいさんは 甘酒は苦手ですか? 
私は4年くらい前から 飲むようになりました。麹だけで作ったものを。
はじめは市販のものを。途中からは、自作で続いています。
夫の晩酌の傍で薄めた甘酒を毎晩飲んでいます。
ひどい風邪をひかなくなったように思うのですが。。

母が冬になると良く作ってくれた事を思い出しています。
Posted by たまえ at 2019年12月26日 08:40
☆sakkoさん、おはようございます。

カメレスになってしまい申し訳ありません。m(__)m
熱はとっくに下がっているのですが、動くと咳き込み、食べられないせいか
体のだるさがなかなかなかなか抜けません。
此処から先は「日にち薬」なのでしょうね。

万年青の緑は枯葉だらけの山でとてもよく目立ちますね。
今は普通のものしかないですけど、かなり好きです♪

kiiさんの仕事の都合で27日の午後に山入りしましたが、留守にしていた
間に初雪が降ったらしく、山茶花やハクロニシキが折れていました。
Posted by けい at 2019年12月30日 07:39
☆たまえさん、おはようございます。

ご心配いただきましてありがとうございます!
左の喉に古傷がありますので、そこが痛んでしまうときついです。
風邪をひいても咽喉さえ痛まなければ治りは早いんですけど。。。
カリン酒のお世話になりっぱなしです。

甘酒、二人とも好きで時々買ってきますけど、市販のものは甘すぎますよね。
自分で作りたいと思って麹は買ってあるのですが、温度管理が難しそうで
尻込みしています。
Posted by けい at 2019年12月30日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。