2020年04月16日

クロモジ、シロモジやイカリソウたち

庭にある自生の木々はクロモジも多いのだが(十数株)、最近はその実生苗
をよく目にするようになった。
小さくて細いので草と一緒に抜きそうになり、根の意外な頑丈ぶりに草では
ないことに気づく。
大変だよ、そのうちクロモジだらけになるよ。。。

クロモジって、そうです、上等な和菓子の横に添えられている高級爪楊枝
のこと。

いい香りがするので、削って爪楊枝にもいいかなと思うけれど、思うだけで
終わっている。
クロモジ
幹や枝の黒さも特徴。
これは雄木の花だが、雌木の花は撮りそびれてしまった。

シロモジはクロモジほどの繁殖力はないけれど、それでもジリジリとテリト
リーを広げているらしく、苗木を幾つか見かけるようになってきた。
シロモジ1 シロモジ2

他にはオオバクロモジもあるが、まだ開花していなかった。


イカリソウを幾つか。
「黄花イカリソウ」は薬草らしいが利用したことはない。
黄花イカリソウ1

可愛い花が群れ咲いているけれど、これも地味系であまり目立たない。
イカリソウ2

紅白咲きのイカリソウ「源平」
イカリソウ・源平

イカリソウの白花と赤花
イカリソウ白花 イカリソウ紅花
どちらも今年は少し元気がない。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:45| 奈良 | Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロモジの花とピンと立っている新芽、ウサギさんの耳のようですね。
イカリソウも色々と自生しているのですね。
キバナノイカリソウの鉢植を持っているのですが
植え替えなかったので今年は花が咲きませんでした。
小さなバイカイカリも今年は咲きません。
昨年の夏に水不足にしたようです。

↓の記事のアナグマ、お庭に入っているのですね
余り、悪さはしないのですか
ネットで調べたのですが13sとありました
柴犬くらいありますね。
上手く追い出せたのかな、気になります
Posted by sakko at 2020年04月16日 23:52
☆sakkoさん、おはようございます。

アナグマね、以前にログの下でゴソゴソしていたのもアナグマだったの
かもしれません。
鼻筋の白が特徴ですから、多分間違いないだろうと。。。
ということはずいぶん前から棲んでいるのかもです。
朽木丸太を積んでいる辺りには洞がたくさんありますし。

そうなんです、柴犬ぐらいの大きさのものが走り抜けたのも目撃して
いました。
もっとも、アナグマのほうがずんぐりしていますけど。
柴犬、飼いたいなぁ。
飼うなら柴犬、と思ってます。

アナグマは大した悪さはしていないのですが、ツンツンと小さく
ほじくり返して、ミミズでも探しているのでしょうね。
他の動物への抑止力になってくれているのならいいのですが。。。
Posted by けい at 2020年04月17日 06:15
けいさん今晩は。
クロモジ、シロモジの花 初めて見せていただきました。
何だか品の良い雰囲気ですね。
イカリソウもいろんな色が。。源平は華やかですね。

私もアナグマに興味深々です。コロコロと太っていて、栄養満点に見えますが
何を食べているのでしょう。13キロ位って。。
もしかしたらけいさん宅に住み着いている??
想像を超える事態になっていますよう。
でも庭を守ってくれているのかも? どうなんでしょう。。
柴犬もいろいろで うちのまどかは8キロちょっとなのですよ。
豆柴ではないものの 小粒ちゃんです。

Posted by たまえ at 2020年04月18日 20:17
☆たまえさん、おはようございます。

アナグマ、足が短くてコロコロしていて頭部の存在感が大きいものですから
不細工なんですよ〜
雑食系で、ミミズや子ネズミとか、果実類を食べるそうです。
敷地内には姫ネズミが多かったのですが、減っている気がするのはそのせい
かも。
敷地内に棲みついているのではないかと思います。
最近はテンの姿もあまり見かけなくなりました。
棲みついてはいても、アナグマでは鹿やカモシカ、イノシシの抑止力には
ならないのでしょうね。

柴犬は大好きなんです。
まどかちゃん、いつも羨ましく拝見しているんですよ〜
Posted by けい at 2020年04月19日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。