2020年04月20日

スミレたち

我が家のスミレたちはとにかく気ままで、ひと所にじっとしていない。
脱走が大好きな連中にはまったく手を焼かされている。
一面のスミレ、という光景が夢だったのだけれど、諦めの境地だ。
まぁ いいさ、残っていてさえくれたら。。。

「ヴィオラ・ソロリア」
ヴィオラ・ソロリア

「パピリオナセア・ブルー」
パピリオナセア・ブルー

白花だがパピリオナセア・ブルーと姿はよく似ている。
品種名は不明。
品種不明

「フキカケスミレ」
フキカケスミレ1

フキカケスミレ2
正式には「ヴィオラ・ソロリア・フレックルズ」というそうな。

「自生種・品種不明」
大好きなのだが、一番の気まぐれ屋さん。
品種不明1

品種不明

渋いけれど好きな品種。
品種不明2a

なかなかいい顔をしているでしょう?
品種不明2b

スミレの基本種の紫の地のスミレや、あれほどたくさん自生していた肥後系
のスミレも、好きで多品種を植え込んだ和のスミレの姿も今は見当たらない。
いったいどこに行ってしまったんでしょうね?

「タチツボスミレ」
タチツボスミレ
いっとき消えかけたタチツボスミレが、土手の斜面にもたくさん姿を見せ
始めた。
他のスミレはみんな脱走が好きなのに、どうしてタチツボスミレだけが??
群落を作ってくれたら見応えが有るのだけれど。

「スミレ」と書くよりも「すみれ」のほうが似合っているような気がする
けれど、生物はカタカナ表記が普通なんですってね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:35| 奈良 | Comment(4) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみれ、色々な種類があるのですね
良く名前をご存知ですね
私の鉢植に何処から種が飛んでくるのか
小さなすみれがあちこちに生えて困っています
可愛いので好きなのですが
元から植えて会った花が無くなってしまったりします

一寸質問です
我家のコゴミは夏になると葉が1m以上に伸び通りを防ぐので
刈り取ったら今年は芽の出が悪い様に思います
葉は刈らない方が良いのでしょうか
Posted by sakko at 2020年04月20日 23:53
けいさん おはようございます。
自生種の赤紫のスミレ。。これが一番 すみれ にぴったりのような気がしません?
その下の渋い?のも品が良くて素敵。。
すみれはどれも 優しくて 自己主張をしないところがいいのですよね。

たくさんの種類を、けいさんが植えたのでしょうか?
Posted by たまえ at 2020年04月21日 07:46
☆sakkoさん、こんにちは。

スミレってよく脱走しますよね。
我が家の困ったチャンの仲間なんです。(笑)

コゴミの件ですが、通路に出てきたものは若いうちに移植するなどして、
大きくなった葉は切らないほうがいいように思います。
栄養をためられなかったのではないでしょうか。
何処にでも出てくるので我が家は通路も放棄しています。(^^;)
Posted by けい at 2020年04月21日 12:03
☆たまえさん、こんにちは。

洋種のスミレは植えたものです。
和のスミレも植え込んだものは環境に合わなかったのか、全部
消えてしまいました。

スミレの大元の濃い紫の地のスミレは数年に一度顔を出すんですよ〜
気ままですよね。
裏山には肥後スミレもたくさんあったのですが、全部食べられて
しまったようです。
Posted by けい at 2020年04月21日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。