2020年04月30日

ヤマガラとミソサザイ&山菜のこと

巣箱の内覧会の際に覗き込んでいたのは、ヤマガラとヒガラの夫婦だった。
だからてっきりその二組さんが入居しているのだろうと思い込んでいたのだ
が、最近ログハウスの辺りでミソサザイの声が頻繁に聞こえる。
裏山に巣を作っているのじゃない?とのkiiさんの話で、そうかなと思い
つつ、それにしては窓辺が賑やかすぎると暫し様子を見ていたら。。。

左の巣箱は確かにヤマガラさんが利用しているのだが、右の巣箱に入居して
いたのはなんとミソサザイだった。
ミソサザイが巣箱を使うなんて今までなかったことだから吃驚している。
もう孵って、餌を運んでいるのだろう、、、
飛んでくるたびに「来ましたよ!」という合図なのか喧しいぐらいに鳴く。
いい声だからいいけれど、賑やかすぎると思わないでもない。
左がヤマガラさん、右がミソサザイさん。
巣箱1 巣箱2

ヤマガラ夫婦も口いっぱいに餌を咥えてせっせと運んでいる。
ヤマガラさん
テラスや庭で作業をしていると、警戒して喚くのでこちらは小さくなっている。
昨日の夕方、干したコゴミやシイタケを取り込みに出たら、カタンとした音
に反応したのか、小さな鈴を転がしたような可愛い声が一斉に聴こえた。
巣立ちの日も近いのだろうなぁ。
覗いてみたいけれど、我慢してますよ〜

いい干し加減になった。
もうそろそろいいかも。
干しコゴミ
鳥さんたち、お願いだから運んでいる虫を落とさないでよね。

昨夜はタラとコゴミ、アザミの新芽で天ざるにした。
kiiさんはうどんで私は蕎麦、相変わらず気の合わない二人だ。
ウルイ(オオバギボウシ)はお浸しにしたが、とても美味しかった♪
ウルイ

スカンポもそろそろ摘み頃かな。
スカンポも山ブキも鹿の好物らしく、最近は周辺でも目にしなくなったそ
うだ。
スカンポ
我が家は敷地内での山菜野草の収穫を目指していて、邪魔だけれど辛抱して
育ててきたのだ。
スカンポはシュウ酸が多いので再々食べるものではないけれど、春に1〜2
度は口にしたい。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 09:46| 奈良 | Comment(7) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

奇しくも先日、巣箱に野鳥の初体験の記事をあげたばかりでした!
今は小鳥の子育ての時期だから、奇しくもっていうのも変かな。

うちは、私が庭に出入りしているサッシの上、目と鼻の先なので
まさか入るとは思ってもいなかったのですが、子供のころからの
憧れだったので今観察がとても楽しいです。

ヤマガラが店子なんて、すごいなー。
ミソサザイなんて、ありえないです。

昨日、シジュウカラを観察していて気が付いたのですが、
2羽のうち、一羽は首からネクタイ。これはオスですね。
で、もう1羽は、なぜかいつもボサボサなんです。
奥さんであろうということは、推測できたのですが、
ボサボサにはちゃんと理由がありました。

シジュウカラのママは、卵が均等にあたためるために、
巣の中で向きをよく変えながら、抱卵するとのことでした。
もともとつがいは、とっても仲良しで協力しあい、特に
お父さんが甲斐甲斐しいです。

Posted by Robin at 2020年04月30日 11:14
けいさんのお庭は花と小鳥の両方ですね。
巣箱の中、見たくなりますね
でも我慢ですね。
ずっと前に、月桂樹にキジバトが巣を作ったことがあります。
凄く雑な巣で途中でヒナが下に落ちました
手袋をはめて巣に戻してやりました。
その時、足か羽を痛めたのか他の兄妹は飛び立ったのにこの子は
中々跳べなかったです
私はキバちゃんと名付けていました
私のコゴミも乾きました。
スカンポや山蕗はちょっと山に入ると採れたのに最近は無くなっています
けいさんちは今日は天ブラでしたか
私もコゴミとタケノコ、牛蒡、新玉ねぎの天ぷら
そしてなぜかとんかつ一個を揚げました。
スーパードライは500tでした。
Posted by sakko at 2020年05月01日 00:16
☆Robinさん、こんにちは。

今朝早くからパソコンがご機嫌斜めになり動かなくなっていました。
時々こうしてストを起こされるんです。
カメレスになってしまい陳謝ですm(__)m

今までに庭で視認した、或いは鳴き声を聴いた鳥は40種ぐらいあるのですが、
オオルリの巣作りからから巣立ちまでを見たのは感激でした。
「オオルリ夫婦の子育て日記」
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/clubgazou/18/ooruri/ooruri.ht

ヤマガラ、ヒガラ、キセキレイ、今回のミソサザイ、それにウグイス。
巣もいろいろですが、ウグイスの巣作りは笑ってしまうほどダダクサで
いい加減なんですよ〜

シジュウカラのママにパパは甲斐甲斐しく協力体制なんですね〜
鳥たちは夫婦で一所懸命に子育てしますよね。
見ていて感激です。
Posted by けい at 2020年05月01日 16:11
☆Robinさんへ

オオルリ夫婦の子育て(その1)は下記です。
http://nosegawaclub.sakuraweb.com/hitorigoto06/06-06.html
Posted by けい at 2020年05月01日 16:15
☆sakkoさん、こんにちは。

巣箱ね、以前に蛇に入られたことがあり、それ以来安全な場所に
上げたものですから、大きな脚立を持ってこないと覗けないんです。
鳥たちには幸いでしょうね。
巣箱の中から愛い声が聞こえているんですよ〜

キジバトの巣も雑なのですか!?
ウグイスの巣も雑でいい加減なんです。
風雨に弱くて、卵が落っこちてしまいそうで、思わずもうちょっとしっかり
作りなよとクレームをつけています。

kiiさんは天ザルうどんで私は天ザル蕎麦、気の合わない二人です。(笑)
タケノコの天ぷらも大好きです♪
ゴボウも美味しいですよね。
今度はそこらで天ざるにしようかな。
Posted by けい at 2020年05月01日 16:24
urlありがとうございました!
オオルリ夫婦の子育て記録、なかなかできない経験ですね-。
オオルリを目撃するのは簡単なことでないのに、子育てを見まもられていたとは。

ウチの前の林が、シジュウカラの食料倉庫みたいな感じになっているのですが、
とうとう今年もツミがきてしまいました。
いつも高木の上に営巣するので、昨年まではツミの子育てを喜んで見ていました。
しかし、今年は追い払いたい気分でいっぱいです。

ツミの飛ぶ速度はとても早く、かえった雛は、ほぼ捕食されてしまうらいいです。
カラスもいて。。
昨日から、ひ弱な可愛らしい鳴き声が聞こえてきて、今から悩みが増えてしまいました。。
自然の摂理とはいえ、ツミと、ついでにそれが目的で現れるカメラおじさんたちを追い払い
たい、、、とデヴィルな心でいる今日この頃です。。

ちなみに私のアイコンはルリビタキです!Robinはその英名の一部からとりました。
Posted by Robin at 2020年05月04日 16:47
☆Robinさん、おはようございます。

外はまだ真っ暗ですが、もう鳥たちの声が聴こえています。
庭にはルリビタキも居るんですよ〜
美しい鳥ですよね♪

一日中カメラを抱えて鳥の追っかけがしたいです。
といっても私の動けるエリアは庭の中だけですけど。(笑)
でも作業に追われていてそれもなかなか果たせません。(^^;)

ツミって見たことがなくて図鑑を開いてみました。
タカ目タカ科なんですね。
庭の上にもタカが舞うのですが、高すぎて種類まで掴めないんです。
望遠、、、もっと使えるようになりたいです。

ミソサザイもヤマガラも昨日巣立った様子。
怒られることはなくなりましたが、少し寂しいです。
Posted by けい at 2020年05月05日 05:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。