2020年05月20日

山野草いろいろ

クマガイソウが咲いている。
ポツポツとだけれど、株数が増えてきたのが嬉しい♪
クマガイソウ1

クマガイソウ2
存在感があるでしょ!?

エビネランは、まともに花を見せてくれたのは二ケ所だけだった。
「地エビネ」
エビネラン1

これは「タカネエビネ」
タカネエビネ

晩霜で黄エビネのエリアは全滅。
花茎が立ってきたところだったからきつかった。
これはクリローエリアの【タカネとキエビネ】の混在エリア。
エビネランエリア
可哀そうでしょ! 
此処のエリアの英彦山ヒメシャラの株元にもタカネがあるけれど、そちらも
同様になっていた。
木屑をたっぷりかけておいたのだけれど、役には立たなかったようだ。
「安いビニール傘を被せておいたらどうだろう?」とkiiさん。
「そうだね。来春は何か方法を考えてみよう。。。」

「ラショウモンカズラ」
ラショウモンカズラ1

ラショウモンカズラ2

「チゴユリ」
チゴユリ
この場所は斑入り葉ばかりだったのに、ほとんど見当たらなくなっている。

「ヒメイズイ」
ヒメイズイ
北海道からお嫁入してきたもの。
細々とだが健在。
遠慮しないでもっと増えてくれていいんだよ!!

草抜きをしながら、とにかく急いでいるものだから常に目は手元より先へと
向いている。
従って、雑草と間違えてつい抜いてしまうものが有る。
そう、今までに少なからず実績ありなのだ。(苦笑)
セリバオイレン?
今回ご難に遭ったのは、、、 
抜いてから、「アレッ、セリバオウレンみたいだよ!」と慌てて埋め戻し、
水を撒いておいた。
気づいてよかった♪
絶えて久しかったのだが、よく生き残っていたものだと感慨深い。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 14:14| 奈良 ☁| Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です〜。
山暮らしでの自然園芸や、山菜を料理されたりと、春を楽しんでおられますね。いつもブログを拝見しながら、喜びを分けてもらっております。
野草もやはり奥深いというか、絶滅種みたいなレベルのものがいとも身近に見られるのはすごいですね〜。昨年送って頂いた野草たち、エンゴサクも芽を出さず、諦めておりました。そしたら、イカリソウと思える小さな葉が2枚、顔を出してくれています。何とか、育ってと、今は願っているところです〜(笑)
Posted by つばきやま at 2020年05月20日 21:42
☆つばきやまさん、おはようございます。

コロナ騒動で気持ちが滅入りがちですから、イマイチ調子が出ない
のですが。(苦笑)
見逃した花たちが多いです。

上手く根付けばいいのですが、山野草は気難しいですね。
シキンカラマツやテマリカンボクは鉢上げしたのですが、その後に
町の所用が続き、留守にしている間に枯らしてしまいました^^;
落ち着いたらまた苗づくりに取り組みますね。
Posted by けい at 2020年05月21日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。