2020年06月04日

野草茶作りや伐採作業

庭のスギナ摘みが始まっている。
スギナ

ヨモギ摘みも。。。
ヨモギ

山椒の新梢。
今年は何故かうまく伸びていず、僅かしか無かった。
山椒の新梢
ザクザクと刻み、出汁と酒、味醂、醤油で味付け、たっぷりの粉鰹を振り
佃煮風に煮込んで仕上がり。
ご飯にも酒の肴にも最高に美味しいのだ。
私は炊き立てのご飯にこの山椒の佃煮風を乗っけていただくのが好き。
シラスご飯にも卵かけご飯にも必ず乗っけている。
「余程好きなんだね」とkiiさんが呆れるぐらい。(笑)

セリも摘んできた。
セリ
今夜は白和えにしよう。

庭以外の場所は草刈り機でkiiさんにお任せ。
伸び放題になっていた通路もスッキリした。
草刈り

草引きに野草茶作りや山菜の処理と、毎日くたくたになる忙しさだが、そこ
に加わっているのが隣地境界際の杉の伐採。
伐採1
日照が悪いので4本ほどを伐るつもり。
この杉は境界の目印でもあるので下2メートルほどを残しての伐採になるが、
そのためにkiiさんは難儀している様子。

一本伐っては運べる長さに小切り、枝処理をし、、、
境界の防獣ネットの処理もあるので結構手間取ってしまう。
伐採2

何しろ一本でこれほどの枝があるから、寄せ集めるだけでひと仕事なのだ。
伐採3
きつい作業だが、これをあと何回か繰り返さなくてはならない。
一本伐っただけでも庭奥が明るく通風が良くなった気がする。

境界際に自生している朴の木。
朴の木1
やわらかい緑の葉が如何にも美味しそうだ。
摘んで朴葉焼き、いや、朴葉蒸しにしようか。

朴の木は敷地内にもう一株、こちらは見上げるほどの大きさ。
朴の木2
左が朴の木。(右は先日アップしたシラカバ)

大きすぎて簡単に葉を摘めないので、境界際に自生していた朴の木は貴重だ。
朴の木3

杉の伐採中に発見したのは、片方だけだけれど鹿の角。
鹿の角
夜な夜な訪問してくれているものね。。。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 15:51| 奈良 ☁| Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スギナとヨモギ、沢山、取れましたね
お天気続きで上手く乾燥するでしょうね
山椒の葉の佃煮ですか。美味しそう。
ご飯がすすみますね
せりは時々見かけますが、この辺りのセリは農薬が怖くて食べられません
けいさんのkiiさんも大忙しですね
大きな杉の伐採は難しいでしょうね、
下から2m残しての伐採は特に難儀でしょうね。
kiiさんは何でも出来るのですね
鹿の角まで見つかって忙しいけれど、充実していますね
Posted by sakko at 2020年06月04日 23:54
スギナがたくさん取れましたね。 よもぎはどうされますか?
草取りの合間にもする事がいっぱい! 杉の枝の処理も。。
あの通路は、春先に小花がたくさん咲いていた場所かしら。
いつのまにか草の天国になっていたのですね。

朴の木の大きな葉は懐かしいです。
子供の頃 それを風車にして山道を駆け下りて遊んだ覚えがあります(^^;)
団塊の世代は近所に同じ年頃の子がたくさんいましたから。
Posted by たまえ at 2020年06月06日 04:59
☆sakkoさん、こんにちは。

この二日間というものパソコンの調子が悪く、ネットに接続不能に
なっていました。
ひどく動作が遅く、うんともすんとも言わなくなり。。。
快調に動いていたかと思うと突然のご乱心で途方に暮れてしまいます。
次はこのメーカーは買えないなぁとつくづく。。。

スギナは多いものですから料理ばさみで小切るのが大変です。
二日かかっていますがまだ思うところまでいっていません^^;
山椒の若い枝先はやわらかいのでプチンと摘み切ってきます。
美味しいですよ〜
葉だけではイマイチですが、枝先を入れることで美味しくなるようです。
せりって買ったものでも怖いです。
どんな土壌で育っているか見当がつきませんし。。。

隣地境界には杉が9本あるのですがそのうちの5本を伐採しようと思っています。
昨日4本目を伐ったところですが、残る一本がぶっとくて難儀なんです。
枝と小切った幹の処理中に右足を打撲してしまい、昨夜は痛みで参りました。
丸太と喧嘩しなくてもいいのにね。(笑)
Posted by けい at 2020年06月07日 13:51
☆たまえさん、こんにちは。

杉の枝は直径5〜6センチ、長さが5メートルほどのものも
多いですから、枝とも言えない重さですよ〜
丸太は90センチに小切って一か所に集めて積んでおき、少し軽くなる
まで乾かしてから移動する予定です。
ドジをしてしまいました。
直径18センチ×長さ90センチの杉でも、生木ですから相当に重いの
ですが、運んでいる時に積み方が甘かったらしく、転げてきて右足甲を
打撲です。(^^;)

よもぎは細かく刻んだのですが、伐採で時間が取れず、打撲で調子が悪く
まだミキサーには掛けていません。
粉末にしようと思っているのですが、粘りがあるのでうまく粉末になるか
どうか。。。

朴の葉を風車に??
想像がつきません。
私は十勝川の河原で仲間を引き連れてチャンバラごっこでしたよ〜(笑)
Posted by けい at 2020年06月07日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。