2020年06月12日

山の庭のバラたち

バラは今までかなりたくさんの苗を植え込んだけれど、まともに育っている
ものは数少ない。
無農薬なので仕方がないのだと思うが、今残っているものを大事にしていこ
うと思っている。
(もうバラ苗は買わないぞと固く心に誓っている!私はとにかくバラとクレ
マチスに弱い。。。)

「フェリシア」
フェリシア

「サマー・メモリーズ」も好きなバラだが、今年は花芽が付かなかった。

ミニバラもちらちらと咲きだしている。
ミニバラ

「箱根サンショウバラ」
箱根サンショウバラ1

箱根サンショウバラ2
「たくさん咲いているけれど、変わった花が好きなんだね」とkiiさん。
「あまり綺麗なバラじゃないよね」と追い討ちをかける。
この素朴なのがいいんじゃないのよね。

とても嬉しかったこと。
「知らないでしょ!?」と得意げに知らせに来たkiiさんの指さす先に、
モッコウバラが咲いていたから吃驚したのなんの。。。
ずっと花が咲かない植物の一つだったのだ。
モッコウバラ1
初めて咲いた花を見ながら、植え込んだ頃を思い出して感慨深い。

可愛いねぇ。。。
モッコウバラ2

モッコウバラ3
「白花も欲しいな」などと、つい欲が出る。(笑)

他につるバラが何種かあるが、まだ開花していない。


「トキンバラ」
これは朽木からお嫁入してきたもの。
最初はひ弱な感じだったが、やっとしっかり定着してくれた様子。
バラと名が付いているけれど、トキンバラは中国原産のバラ科キイチゴ属の
落葉低木。
花がバラに似ているのでそう名付けられたそうな。
別名はボタンイバラ、トキンイバラ。
トキンバラ1

トキンバラ2
純白の八重花がたくさん咲いてとても美しい
バラと違って病気にも強いそうなのでいかにも私向きである。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 19:14| 奈良 ☔| Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野菜は無農薬ですが、花は食べないので無農薬にこだわる必要はないのですが
花も無農薬栽培です。
蘭の類はほとんど虫がつかず、多肉も強いです。
なんでも集める私ですが「薔薇には手を出さない」と決めていますが
昔から(義父が植えていた)ある深紅のバラは虫に強く
それとモッコウバラは育っています。
園芸店で買った交配ものはやはり消毒が必要ですね。
私もクレマチスにも弱いです。
Posted by sakko at 2020年06月12日 23:48
☆sakkoさん、おはようございます。

食べるための山菜や野草が至る所に混在していますので、庭で絶対に
農薬を使えないんです。
最初っからバラは無理だと思っていたのですけど、やはり原種以外は
育ちにくいですね。
確かに交配ものは手が掛かりますし、もう諦めました。
クレマチスも好きでたくさん植えたのですが、育ったものは数少ない。(^^;)

バラとクレマチスに弱いのは私だけかと思っていましたから、sakkoさん
も同じくだと伺って少〜し気持ちが楽になりました。
Posted by けい at 2020年06月13日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。