2020年06月17日

カルミア&ナツロウバイ&モリアオガエル

「しかし、、、派手やなぁ」とkiiさんの呆れ声。
カルミア1
確かに蕾は派手。
でも、この金平糖のような蕾が可愛いのよね♪

カルミア2
開花するにしたがって色は薄くなるから、暫し、ご辛抱くだされ!!

ネッ、ぼやけた雰囲気になってしまったでしょ。
カルミア3

ハクチョウゲは二株あるのだが、もう一株は紫が少し濃いからシチョウゲ
だったのかな。
シチョウゲのシは紫だったと思う。(画像紛失、消してしまったらしい)
ハクチョウゲ

ナツロウバイはkiiさんが好きな木だ。
親株は周辺に子株を残して数年前に枯れてしまい残念に思っていたが、その
子株に花が咲いたから大喜びしている。
ナツロウバイ
ほんのりピンクを帯びた花弁が愛らしい。
しかしですよ、彼女が根付いたのはログ前の通路際。
どうしたらいいのよね。

シャクヤクはこの株しか咲かなかった。
品種は何だったか、、、思い出せない。
シャクヤク

雑草扱いされている野草の中には好きなものがあり、紅花ユウゲショウも
その一つ。
紅花ユウゲショウ
何故か紅花ユウゲショウやニワゼキショウは敷地内道路にばかり出てくるの
で、草刈り部隊のkiiさんは「切ったらダメ!」に頭を抱えている。(笑)
キキョウソウやマツバウンランなども好きな野草だが、刈られて消えてしま
い、この数年姿を見ていない。

最近蝶がよく訪れてくれる。
青い蝶が舞っていたのでカメラを取りに走ったが、もう何処へ、、、だった。
蝶1

蝶2

昼はオオルリやウグイス、カジカガエルやガマさんが賑やかだ。
ツツドリ、ホトトギスは来ているようだが、托卵三姉妹のもうひとつ、
カッコウの声を今年はまだ聴いていない。
夜はモリアオガエルがログ前の小池で頑張っているが、ウリカエデには一向
に卵塊ができない。
梅雨に入ったんだからもうできるよとkiiさんは言うが、まだなのだ。
カップルは誕生しないのかなぁ。

県道の側溝の上にメレンゲのようなモリアオガエルの卵塊が三個。
モリアオガエルの卵塊2

モリアオガエルの卵塊1
こんなところに作らなくてもいいんじゃないの。
孵化しても大方はアスファルト上に落ちるよ。
おまけに側溝なんぞ、水がすぐに枯れてしまうのにさ。
そんな不確かなところよりも、ログ前の小池のほうがずっと上等だと思うん
だけどね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:03| 奈良 | Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルミアの蕾、可愛いですね
金平糖のような・・・・・
そうそう、金平糖と云えばミゾソバの花、
可愛いと思って野から持ち帰ったらどんどん増えて
粗末にしたら消えてしまいました
花って、人の心を読みますね。
ナツロウバイはkiiさんの心を読んだのですね。
良い花ですね。
芍薬もこのピンクいいですね
私の所はモンシロチョウばかりです
モリアオガエルのたまご、なんで、そんなところにと思いますね
そっと、ログの小池に持って来てやってはダメでしょうか
私の畑の水田用の水路のセメントに紅の大タニシのたまごが
並んでつきます。不気味です
Posted by sakko at 2020年06月18日 00:30
☆sakkoさん、おはようございます。

カルミアの蕾、金平糖みたいで可愛くて好きなんですが、確かに
派手ですよね。(笑)
そういえばミゾソバの花も可愛くて好きです。
野に生えているところはなくて苗を買って植えたのですが、今どこ?
になっています。

花木の好みはkiiさんと私ではかなり異なります。
植物に対してまったく関心がなかった人が、変わるものですね。

シャクヤク、sakkoさん家のものは日照通風がいい場所で広がって
いますよね。
うちは陰すぎるんでしょうね。
この種だけは開花してくれるのですが、他が咲きません。
移植したほうがいいかなと思ってます。

モリアオガエル、なんであんなところにと呆れてしまいました。
危機管理能力ゼロですよね。
Posted by けい at 2020年06月18日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。