2020年09月01日

ギボウシいろいろ

今の庭を彩っているのがギボウシの花だが、まずは本体を出さなきゃね。

山の庭のギボウシの中では一番最初に芽が出るのがこの種。
品種は不明。
ギボウシ1
これ以上大きくならない。

これは「寒河江」
寒河江
存在感大です。

パトリオット、トクダマ、フランシス、ハルシオン、、、
15種ほどはあるはずなんだけれど、勝手に増えてくれるものだから入り交
ざり、どれがどれだかわからなくなってしまった。
ギボウシ2

ギボウシ3

獣害が酷かったころは絶え絶えだったギボウシも、今はすくすく。
ギボウシ4 ギボウシ5
結構好きな品種だけれど、やっと増えてきた。

ギボウシ6

ギボウシ7


細葉で足の踏み場が無くなっている一角。
ギボウシ細葉1

細葉はこの斑入り葉のものしか植えていなかったのだが、実生種は上の写真
のような斑のないものが多い。
ギボウシ細葉2
斑入りの細葉にはもっと小さな13〜15センチほどのものがあるのだが、
撮り忘れている(^^;)

庭奥はオオバギボウシ(ウルイ)のエリア。
近年、勝手に交雑したものが増えているような気がする。
ギボウシはどれも食べられると聞くが、斑入りは勿論のこと細葉もまだ未
体験。

こちらはログ前のもの。
勝手に飛んできて大場を取り、寒河江よりも大きな顔をしている。
ギボウシ8
ウルイはいろいろな調理に利用できる優れもののの山菜だね。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 08:16| 奈良 ☁| Comment(2) | 2020年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日から9月ですが、まだまだ猛暑日が続いていますね
広いお庭のあちこちにいろんな花が植わっているのですね
ホースで水遣りも無理な広さですね
ギボウシも色々な種類があるのですね。
私も何株か持っていますが皆名無しです
けいさんは良く名前を憶えていますね
この間少しまとまった雨の後、ゴロゴロと音だけの日が続いています
Posted by sakko at 2020年09月02日 00:25
☆sakkoさん、おはようございます。

9月の声を聞いてもまだまだ暑いですね。
町の猛暑にすっかりくたびれて山に戻りました。
日中は暑いですが、朝晩は寒くて肌布団をしっかり被っていました。

ギボウシは地味ですけど庭の風景づくりにはお役立ちアイテムですね♪
種類はたくさんあるはずなのですが、入り交ざってしまい「これ、
なに??」になってしまいました^^;
Posted by けい at 2020年09月03日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。