2021年06月25日

シオデは山菜の王様(だと思う)

山菜はどれも美味しい!!
早春のフキノトウから始まってヤブカンゾウの新芽、タラの芽、
コゴミ、ミツバ、ウルイ、山ウド、ギョウジャニンニク、セリ、
ワラビ、ゼンマイ、コシアブラ、アカミズ、山椒、山蕗等々。
どれも優劣をつけがたいけれど、シオデは別格なのです!
シオデ4

シオデは別名「山アスパラ」
群生が無く見つけにくいことから「幻の山菜」とも呼ばれている。
山の庭に自生を発見したときは、憧れが募っていたこともあり
狂喜乱舞した。

アスパラガスは美味しい。
シオデが採れる季節になるまでは、アスパラガスも料理に使う。
でも、全然違うのです。
シオデの圧倒的な美味しさ、野趣に富んだ味わいは表現のしよう
がない。
シオデ1
手前が食べごろ、奥の長いのは時期を失しているけれど、それなり
に食べられ、美味しかったです。

サッと湯がいて
シオデ2

豚肉で巻いて塩コショウする。
シオデ3

焼いた後の画像は撮りそびれた。
つい味見で口にした一本が、カメラの存在を忘れさせてしまった
のだ。(^^;)

秋田民謡「ひでこ節」のひでこというのはシオデのこと。
発芽から生育して食べられるようになるまでには7〜8年掛かる、
それほどの貴重品。

シオデは山菜の王様だと私は思う!!
それじゃ女王は何か?
やはり、葉も実も木もすべてが利用できる山椒かなぁ。
ヤブカンゾウも推したいとはkiiさんです。

食べ物繋がりで
物置の整理をしていたときに、未使用のスローポットを見つけた。
スローポット
頂いたままでしまい込んであったもの。

外の作業に追われる日はガス台にくっついてはいられないし、便利
なら多少の電気代が掛かっても値打ちがあると使ってみる。
スジとコンニャクの煮込み
スジとコンニャクを煮込んでみた。
これがじつに使い勝手がよく、馬鹿にできない美味しさに仕上がっ
たから驚いた。
いいころ合い迄コトコト煮込み、小口切りのネギを散らして七味唐
辛子を振っていただく。
(食べるのに忙しく、仕上がり写真はまたまた無し)
冬場は薪オーブンの天板が煮込み料理に最適だが、夏場はスロー
ポットがいいね。
熱気がこもらないし、傍についていなくてもいいし、水加減さえ
気を付けたらいいのだもの。

暑い日のお供は今年もこれ。
ジンフィズもどき
ジンと炭酸水、シークワーサーだけ。
甘み無し、レモン無しのジンフイズもどきです。


♪ランキングに参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村
posted by けい at 06:42| 奈良 ☔| Comment(4) | 山菜・野草・きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スロークッカーは良いですよね!
大豆を最初から熱湯で煮ます。
その方がふっくらと煮えるのに気がつきました。
Posted by 林 at 2021年06月25日 09:09
アスパラガス、、日本に居た時は白い缶詰や瓶詰めしか、、、
こっちに来てからは 緑の太いのやら 細いのやら 客の庭に生えるのやら、種々雑多、、
野迫川さんちでは 豚肉=お布団で優しく包んで貰って、、、好待遇!!

我が家では 生、サッと茹で、サッと炒め、、、
ハハッハッハ 要するに 簡単ズボラ=草刈家流
今日は 秘密基地の前の海のアサリ貝で ええ加減風イタリアン=タダ料理
Posted by 草刈マッサオの妻 at 2021年06月25日 15:15
☆林さん、おはようございます。

スロークッカー、使われているのですね!
電気代が心配ですが、プロパンガスを長時間使うよりも
少ないだろうと。。。

そうですよね。
豆さんを煮るのには最適かも。
最初から熱湯で煮るのがいいのですか?
Posted by けい at 2021年06月26日 05:28
☆草妻さん、おはようございます。

昔はアスパラガスも植えていたのですけどね。。。
山アスパラのシオデを発見してからはそちらに熱が入ってます。
でもねシオデは団体さんで生えてくれなくて、あっちにポツン、
こっちにポツンなんですよ〜

一見、いい加減ズボラ飯に見えるけれどそれが一番美味しい、
というのは確かにありますよね。
シンプルなのが素材を生かせていい!!

自慢じゃないですけど、うちなんか、いつも手抜き簡単料理
ばかりです。
如何に手を抜くか考えてます。(笑)

シオデも茹でるだけが楽なんですけど、kiiさんが肉巻き派
なのです(^^;)
Posted by けい at 2021年06月26日 05:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。