2012年10月13日

アケボノソウやアキチョウジや

いっとき数が少なくなったアケボノソウが復活しはじめた。
秋の草刈りの際に若い苗を切り取ってしまうのも減少の一因だったと思う。
先日の草刈りでは細心の注意を払い、、、それでも勢い余って数株は刈って
しまった。
アケボノソウ

アキチョウジは今年はこの色ばかり。
白やピンクを見つけると何だか嬉しい気分になるのだけれど、いくら見回しても
見つからなかった。
アキチョウジ

ジャコウソウは日陰過ぎるのかもしれない。
年々色が薄くなるようだ。
ジャコウソウ
最近、日照のいいところへと自ら進出しだしている。

周辺の野っ原や河端に多かったイタドリが周囲でまったく採れなくなった。
これも鹿などが若い芽を食べるせいとは、聞いた話だが。

シュウ酸を多く含むのでたくさん食べるものでもないが、春の山菜として
やはり数回はいただきたいから、庭に生えたものは花咲くままにしておいた。
イタドリ
庭がイタドリだらけになっても困るのにね。
まるで簪みたいじゃない? シャラシャラと音がするような。。。

ニッコウキスゲは夏の花なのに、どうしてかこの株だけは毎年遅れて咲く。
ニッコウキスゲ
のんびり屋さんなのか、それとも交配などで何らかの作用があったのか。

ログの巣箱で朝からこつんこつんと音がする。
不思議に思って見ていると、ヤマガラが忙しなく何か運んでいる様子。
そういえば以前に巣箱を掃除していたら、一つの箱は巣を作った気配はなく、
木の実のカスがたくさん入っていた。
ガラたちは蓄えの習性があると訊いたが、彼らも長い冬に備えているのだろう。
「覗くんじゃないよ!!」とkiiさんには釘を刺されているが、でも、何を
運んでいるのか、覗いてみたい。。。

posted by けい at 16:40| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

シュウメイギクいろいろ

きりっと引き締まった空気の中で、短い秋を惜しむかのように群れ咲く
シュウメイギク(秋明菊)。
佇んで飽かず眺めている。
シュウメイギク

「白花一重」
シュウメイギク白花一重

「桃花八重咲き」
シュウメイギク桃花八重

シュウメイギク桃花八重

「ダイアナ」
シュウメイギク・ダイアナ

シュウメイギク・ダイアナ
とても丈夫で、こぼれ種でよく増える。
可愛いのだけれど、増えすぎてちょっとばかり閉口している。
矮性種のはずなのに、この草丈はどう!?

そういえば一番の矮性種が咲いていない。
草むらで消えてしまったかな。。。

以下の二種はかなり大株になっていたのだが盗掘に遭い、それもがっぽり掘られ
たせいで、なかなか回復しない。
「白花八重咲き」
シュウメイギク白花八重

「桃花一重」
シュウメイギク桃花一重
桃花一重の愛らしさには言葉がない。。。
長い年月をかけて株を大きくし、どれほど大切にしていたことか。
残った根からやっと咲いた数輪。
大株にいつか育つ日を心待ちしている。

posted by けい at 20:00| 奈良 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

彼岸花

彼岸花が咲いている。
赤花は植えた覚えなどまったくないから、昔田んぼだった頃に畔にあったもの
が長く生き残っていたのか。。。
最初は一ケ所しかなかったのに、いつの間にかポコポコとあちこちで咲いている。
ヒガンバナ
田や野で見かけるヒガンバナの群れは如何にも秋の風情だが、庭にあるのはあまり
好みではないので順次抜いている。

消えたと思っていたシロヒガンバナ(白彼岸花・洋名「アルビフロラ」)が、思いがけない
所から顔を出した。
白ヒガンバナ
「どうしてあんなところに一本だけ植えたのさ?」
kiiさんに怪訝な顔をして告げられ、吃驚して見に行くと。。。
「ほんとう、どうして此処にあるの!?」
昔植えた場所から10メートルも離れているのにね。

ノギク
ノギクがたくさん咲いているが、ノコンギクはまだ。
今年の異常だった気象は植物たちにずいぶん影響を与えている。

ラベル:ヒガンバナ
posted by けい at 21:00| 奈良 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ホトトギスがいっぱい

風にさわさわと揺れるホトトギスはほんとうに風情がある。。。

秋の深まりを感じさせてくれるホトトギスは、私の大好きな植物の一つなのだが
ログのデッキから眺めながら、でも、と思う。
よく馴染んでくれるのは嬉しいが、最近また凄い繁殖力なのだ。
抜いても抜いても出てくるから頭を抱えている。
それぞれが入り混じり交雑し、品種などもうゴチャゴチャになってしまった。
ホトトギス

交雑して出てきたこの系統も多いが、クロバナとして売られているのを目にした。
ホトトギス

大好きな白花
ホトトギス白花

ホトトギス白花

これは白秋
白秋
日陰になって先細りだが、この白花系は交雑しないのが不思議。

此処から先は入り混じり組
ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギス

風光る庭のホトトギスのページは下記へ
http://nosegawaclub.kokage.cc/betu/hototogisu.htm

ラベル:ホトトギス 白秋
posted by けい at 07:27| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

ミズヒキやツユクサ

庭のあちこちで群れになって咲いているミズヒキ。
斑入り葉と無地とが頑なにエリアを分けているのが面白い。
ミズヒキ1

ミズヒキ2

アップで撮りたいのだが私の腕とカメラではこれが限度。
ミズヒキ3
ミズヒキは白花もあるのでしょ?
紅白を一鉢に植えているお宅があって、素敵だったなぁ。

ツユクサが咲き続けている。
ツユクサ
これだけ繁茂しているのに、突然変異で白花は出てこないものかしら?

多種が入り混じりどれがどれだかわからなくなっているミント。
ハッカ
これは多分ハッカ。
草を引きながら擦れるとたちまち香気が漂う。
胸いっぱいに吸い込みながら北海道に思いを馳せている。

**********

どうして「ネットinネット」のギボウシが食べられているのかと???だった。
外周に張り巡らせたネットは万全だったはず。
キノコ置き場に様子を見に行ったkiiさん、出入り口のネットが傷んで落ちて
いたそうな。
そこからすかさず鹿が入り込んだらしく、糞もあちこちに。。。
油断できないね。
今年は鹿もイノシシもかなり増えていると聞き、今から恐々としている。

posted by けい at 17:00| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

花いろいろ(2)

次々と途切れなく咲くタカサゴユリ。
タカサゴユリ
どうかイノシシに狙われませんように。。。

私はカクトラノオのほうが馴染みだが、最近はフィソステギアという呼び名が
通用しているらしい。
カクトラノオ

カクトラノオ

洋種ヒメコブシに来年の花芽がたくさんできている。
洋種ヒメコブシ

雨が少なかった時期に傷んだらしく、下部はこんな状態になっていた。
洋種ヒメコブシ
痛々しい。

萩が咲き始めた。
萩

見慣れないものがあったが、これはタイマツバナの種??
タイマツバナの種?
マジッと見たのは初めてだが、形状が面白いね。

ラベル: カクトラノオ
posted by けい at 18:55| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

花いろいろ(1)

気付いたらレンゲショウマの花は落ち、サラシナショウマも散る寸前。
サラシナショウマ
見事な様子を見そびれて、ウ〜ン、残念!!

シモバシラも咲いている。
蜜を吸いに来ていた黄色スズメバチが一匹。
思わずガーデンサンダルを脱いできつ〜い一撃をお見舞いした。
その素早さ、まだ捨てたもんじゃないなと自己満足。(苦笑)
シモバシラ

咲き続けているミナヅキ。
シモバシラに絡まるように、いや、ミナヅキにシモバシラが寄りかかっているのか。
ミナヅキ

キウィの蔓や椿で鬱蒼としている中に白いものが。。。
アナベルが咲いているのには吃驚した。
アナベル

やわらかい雰囲気が大好きなヨシノアザミ。
ヨシノアザミ

「クコ飯が食べた〜い!!」と待っているのだが、なかなか大きく育たない。
若葉のクコ飯が美味しいのですって?
どんな味わいなんだろうか。。。未知のものにはワクワクする。
クコ
もう花が咲き始めた。
寒さがはやいので山では赤い実を見ることができないが、軒下にでも移植したら
ひょっとしていけるかも?

posted by けい at 20:00| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

季節を分けるもの

山の庭で季節を分ける植物といえばボタンヅル。
この花が咲きだすと「あぁ、ほんとうに秋が来たのだ」と強く感じる。

「昔、開拓を始めたころにボタンヅルの苗を買った人もいたよね?」
これは毎年決まったように聞かされるkiiさんの厭ごと。
そこいらじゅうにこんなに自生しているなんて、私は知らなかったんだもの。
ボタンヅル1

ボタンヅル2
この花を目にすると冬への準備で慌ただしく追われる気持ちにもなるが、ぐっと
押さえて、少しぐらいは山の短い秋を楽しみたいと思う。

「ヘクソカズラ」
別名にサオトメカズラという素敵な名前があるのに、ついヘクソカズラと呼んで
しまう。
花はとっても可愛いのにヘクソとはね。
ヘクソカズラ
臭気は揉んだり潰したりすると出るそうだが、そこまでして嗅いでみる気は
ない。

マツカゼソウの残り花がひっそりと咲いていた。
マツカゼソウ
真夏に見かける時はさわさわと風に揺れて涼しげだが、この時期になると何か
寂しげに見える、、、とは考え過ぎ?

今回の山入りにはカンパチ片身とアカイカ一尾がお供。
カンパチは刺身と今秋最初の魚シャブに、アカイカは捌いて皮を剥き切り分けて
冷凍する。
しかしまぁ、アカイカの皮の剥きにくいことといったら。。。
少しは馴れて早くなったが、もっと楽に剥けないものか。
アカイカ
生のままでは美味しくなくて、冷凍すると旨味が出るなんて不思議なイカだ。
胴体だけでも46センチあり、身は分厚い。
胴体は刺身用で半分は娘宅へ送る予定。
ゲソやエンペラーは焼き物や煮物にも重宝に使える。

肉系は二日続くとげんなりで魚類は一週間続いても平気な私たちだったが、最近
その傾向がますます強くなっている。
秋刀魚の季節が到来して嬉しくて仕方がない♪
今年はいろいろ試してみたい調理があり、少し安価になるのを心待ちしている。

posted by けい at 06:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

やれ、嬉しや!!

草引きで入ったこのエリア。
ユキモチソウのエリア
山芍薬や日本のスズラン、一人静などがあるが、ここで一番目立つのはユキモチソウ
なので、ユキモチエリアと呼んでいる。
久しぶりに様子を見に行って驚いた。
なんと今年は巨大な実が。。。
ユキモチソウの実
これが熟して実生がどっさり出てきたらどうする!?
嬉しくて飛び上がっちゃうけれど、そんなこと甘すぎるよね。

ここにもシュウカイドウが飛んでいた。
シュウカイドウ

消えたと思っていたヤマジノホトトギスも。。。
久しぶりに御目文字したので、ヤマホトトギスかヤマジノホトトギスか暫し悩んだ。
ヤマジノホトトギス
落ち葉がフカフカに降り積もって土が変化してくると、こういう楽しみが増えて
くる。

シキンカラマツの実
シキンカラマツもこぼれ種からたくさん芽が出たら嬉しいなぁ。

posted by けい at 21:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

シュウカイドウと秋のバラ

シュウカイドウが咲いている。
野うさぎ対策のために、不細工だけれど庭の中に張り巡らせたネットのお蔭で
被害が少なくなり、今年はたくさん咲いてしかも姿良しなのが嬉しい。
食べられては伸び、食べられてはまた伸びで、いじけたようになるのがここ数年
のことだったから。

シュウカイドウ

白花など最近はまともに見ることができなかったものね。
シュウカイドウ白花

シュウカイドウ白花
嬉しくて、ついニマニマしてしまう。。。

再び咲き出したバラの、良い香りに包まれて庭仕事をするのは楽しい。
「スヴニール・ドゥ・サンタンズ」
スヴニール・ドゥ・サンタンズ

スヴニール・ドゥ・サンタンズ
このバラの香り、閉じ込めておきたいほど素敵なのよね。
大きく育ってほしいなぁ。

posted by けい at 17:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

まだ咲き続けている夏の花たち

一日ごとに季節が進んでいることを感じさせる山の庭だが、夏からずっと咲き
続けていて、まだ元気な花たちもある。
健気に咲いているのが愛しくて、なかなか切ることができない。
この思い切りの悪さが私の短所だなとつくづく。。。

「西洋ノコギリソウ」
西洋ノコギリソウ

赤花ばかりだったはずなのに、こぼれ種からは白花も。
セイヨウノコギリソウ

「ヨメナ」
ヨメナ
この種は朝鮮ヨメナと聞いているが、これも食べられるのだろうか?

「洋種サワギキョウ」
洋種サワギキョウ

好きで何か所か、増えるに任せている。
洋種サワギキョウ

「モントブレチア」
モントブレチア
増えだしたらすごい勢いなので、家荒らしが転じて「いやらし」と呼ぶ地方も
あるそうな。
確かに、頷ける。
あまり増やしたくはないが、大株になって咲き誇っている様はとても見事なのだ。

この時間、涼風が吹いて半袖に半パンでは肌寒い。
見上げた空には秋の雲。。。

posted by けい at 08:30| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

タカサゴユリとコオニユリ

たくさんのユリに囲まれていた日々は遥か昔のことで、園芸種は全滅し、自生種も
コオニユリとタカサゴユリ、そしてササユリが僅かに残っただけ。
み〜んなイノシシや鹿のお腹行きになったのだった。
残されたものを主体に(特にササユリを)、力を入れて増やそうと思う。

「タカサゴユリ」
タカサゴユリ
増えてきたのが嬉しい。

この株は石に埋もれてひとり生えしたお蔭で食べられず、花付きも豪華になっている。
タカサゴユリ

タカサゴユリ

ミナヅキとタカサゴユリが咲いているので、ログ前の庭はとてもいい香り。。。

「コオニユリ」
コオニユリ

花付きがすごいでしょ。
コオニユリ
この株だけが何故か花数が多い。
これほど花が咲くのだから実生株がどっと増えてもいいようなものだが、それが
なかなか。
クリスマスローズのように自然任せじゃ無理ですかね?

posted by けい at 07:45| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ミナヅキが咲いてます。

アジサイも最終便。
ミナヅキは今が盛りだが、もう九月なのにいったいどうなっているのだろう。
ログハウス前のミナヅキ。
ミナヅキ2

ミナヅキ2

いい香りが漂っているので鼻をひくひくさせながら辿ってみると、なんと
ミナヅキだった。
アジサイ2
すっきりした爽やかな香り。。。これはかなり好み。

元からあったミナヅキは、鹿のマーキングとカミキリムシのお蔭で危機的状況に
なっていた。
すっかり諦めていたのだけれど、一応様子を見に行く。
やっぱりね。。。と何気なく見上げた3メートル高に、幾つもの開花発見。
ミナヅキ1

いやぁ、嬉しいなぁ。
ミナヅキ1
オオデマリやヒイラギモクセイの陰になり日照も悪くなっていたので、慌てて
それらを切り詰める。

アジサイたちはまだちょろちょろと咲いている。
三河千鳥
三河千鳥は好きなアジサイで、この種や黒姫、深山八重紫などを来年は重点的に
増やそうと考えている。

八重のアジサイも今が盛り。
ajisai02.jpg
ふっと目に留まったネックライン。
美しいと思わない??

posted by けい at 09:10| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

黄色い花たち

相変わらず黄色い花たちが元気な庭で、蝶やバッタが賑やかに飛び回っている。
kibana01a.jpg

kibana01b.jpg

次から次へと咲いてくれるのは嬉しいが、さすがにもう黄色は遠慮したい心境に
なる。
kibana01a.jpg

kibana01b.jpg

「ヒペリカム・ヒドコート」や「ヒペリカム・カリシナム」「トモエソウ」などが
交じり合って大株になり、どうにもならなくなって前面道路脇の土手に移植したの
だが、どれがどれだか判らなくなってしまった。
今頃ひっそりと咲いていた、これはヒドコートかな?
ヒペリカム

ヒペリカム

オオマツヨイグサにしては小柄すぎるのだが、よく調べようと思ったらもう散っていた。
これは宿題に。。。
オオマツヨイグサ

山の家を少し留守にしていたら、庭は通路さえ定かでないほどに草だらけ。
草だらけ
また草を相手に這いずり回る日々を送らなきゃならない。
そのうち根性が尽きてもうや〜めた!ということになるかも。

posted by けい at 16:47| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

晩夏を彩る草花たち

どれも平地ではとっくに咲いている筈だが、山の庭では今が旬。

「エキナセア」
エキナセア1

エキナセア2

「スクアミゲラ」これはリコリスの早咲き種
リコリス・スクアミゲラ

「キキョウ」
キキョウ

「ホオズキ」
ホオズキ1

ホオズキ2
気候と土地に合っているのか、丈夫でよく増えるので悲鳴を上げている。
相変わらずの疑問なのだけれど、ほおずきってどうして鳴らすの??

「バジル」
バジル
今年はあまりバッタに食べられていない。。。
例年ならもう葉っぱが残っていないのにね。

ギボウシの花も咲き始めた。
ずっと食べられてばかりだったから、まともな花を見たのは久々の気がする。
ギボウシ

これはオオバギボウシ。
ギボウシ

ヤマシャクヤクの実は可愛くてとても目立つ。
ヤマシャクヤク

夏と秋が交錯する時季はもうすぐ。。。

posted by けい at 20:16| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする