2012年08月14日

赤い実いろいろ

ヤブデマリやカンボク、ムシカリの実が真っ赤になって美しい。
それを狙って訪れるのがヒヨドリだが、キィ〜ッ、キィ〜ッと朝から晩まで喧しい。
今朝数えてみたら6羽に増えていた。
もうすぐ熟しだすだろうブルーベリーが、この調子では危ういなぁ。。。

「カンボク」
カンボク

「ムシカリ」
ムシカリ

「ヤブデマリ」
ヤブデマリ

ヤブデマリ
ヒヨたちはヤブデマリの実が好みらしい。
いつもこの木に群がっているが、ガラス越しにでも私の気配を感じると素早く
飛び去り、また密かにやってくる。

ヒヨが来ると他の小鳥たちが近寄らないのが難である。
山の庭は害虫を食べてくれる彼らのお蔭で無農薬を保っていられるのだから。。。

posted by けい at 19:42| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

ゲンノショウコや京鹿の子

ゲンノショウコがちらほらと咲き出した。
関西に来てからはこの紅花ばかりを目にしていた。
ゲンノショウコ紅花
北海道から種を頂いた白花は絶えたと思っていたが、一株だけ顔を出した。
白花のライラックの株元に発見した時は嬉しくて飛び上がってしまった。
ゲンノショウコ白花
増えてほしいなぁ。

鹿の食性が変化したのか、生き残れるようになった京鹿の子。
京鹿の子
大好きな花。
京鹿の子
陰になって消えかけていた京鹿の子の赤花も、救出して日向へ移植した。

草むらにピンクの小花。茎を辿るとどうやらこれはチョロギのような?
チョロギ
以前あった株は白花だったが、ピンクの花は可愛いね。
チョロギ

ドクダミは野草茶として貴重品だが、この斑入りだけはお茶には利用しにくく、
観賞用である。
斑入りドクダミ
同じように使えますとは言われても、何だかね。。。

追記:
posted by けい at 20:38| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

西洋アジサイなど

このアジサイが我が家のアジサイたちの中では一番青が濃い。
昨年、花後にかなり切り詰めたので咲きがよくない。
アジサイ
挿し木苗も色調は全く変わらずこの青になるので、すご〜く嬉しい。
庭はいずれこの種だらけになるかも。。。

ガクアジサイは少し色がボケてきた感じ。
ガクアジサイ

「城ケ崎」
城ケ崎
これも好きなアジサイ。

城ケ崎

「城ケ崎」の変種?
城ケ崎の変種?
挿し木したものだがこの株全体に、装飾花がつかない。
こういうのは命名出来るのかな?

「ウズアジサイ」
ウズアジサイ

ウズアジサイ
行儀よく並んでいる。。。

前面道路脇の土手のアジサイたち。
アジサイ
食害などもあり土手のアジサイはかなり減ってしまった。
ここにも大好きな青をたくさん植え込もうかな。

アジサイ
カメレオンといわれる種だが毎年綺麗に変化したことがない。

アジサイ
青が多い我が家のアジサイの中で、これはずっと変わらずにピンク。
ピンクは少ないからとても目立っている。

土手のガクアジサイも少しボケ気味。
ガクアジサイ

八重咲き
アジサイ八重咲き

今日はもう立秋ですって??
トリを務めるアジサイはミナヅキだが、私はジリジリしながら待っている。

posted by けい at 20:27| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

実いろいろ(1)

ミツマタ、コウゾといえば和紙の原料。
ミツマタはあまりよく育たないが、コウゾの繁茂は激しくて、いつか子供たちと
紙など作って遊びたいと思っている。
そのコウゾの実を狙ってくるのがヒヨドリ。
一日中、煩くて仕方がない。
コウゾの実

フサスグリ
フサスグリ

トチバニンジンの実
トチバニンジンの実

行儀悪く伸びているので誘導して方向転換させようとしたら、先端を折ってしまった
シオデ。
シオデ
勿体ないので塩茹でして食べたが、kiiさんの感想はこの時期はイマイチとのこと。
私は結構美味しいと思ったのだが。。

干しあがったドクダミ茶は細かくきざんで保存する。
ドクダミ茶茶
胃腸に優しいから、酷暑にはもってこいのお茶なんだけれど、臭いが浸透して
いるのか、あくまでも薬草茶扱いなのがファンとしては心外なのだ。

posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

アガパンサスやモナルダ

当初植えこんだ青いアガパンサスは寒さで枯れてしまい、戴いてたくさん植えこんだ
水色も僅かだけが残っているのだが、今年は蕾が見えない。
その水色の実家から、借りていた畑を整理するので貰ってほしいと大きな一株が届
いた。
同じ色と聞いていたが、咲いてびっくり、白だった。
アガパンサス

アガパンサス
光の具合では少し青みを帯びている?
草地の穴に無造作にボンと植えたけれど、草丈も低いし、花もなかなかいい。
これは大事にしなくっちゃ。。。

モナルダが元気に咲いている。
激しい色だけれど松明花と呼ばれるほどに、この赤が一番インパクトが大きい
かな。
モナルダ

枯れたと思っていた淡いパープル。
モナルダ
遥か彼方から旅してきて、此処を定位置に決めたらしい。
モナルダは太陽が好みなのか、日向へ、日向へと移動している。

綺麗だなぁ!!!と感嘆詞をたくさんつけていたら、調子っぱずれの声でiiさんが
歌いだした。(じつはkiiさんは微妙に外れる音痴なのだ。。。)
「モナルダ、モナルダ、モナルダ、、、」
「モナリザ(モナリサだったか?)でしょ!!」とバッサリ切り捨てられる。
モナルダ
ローズ色のモナルダが大好きだったが、木陰になりすぎてひと群れが消えてしまった。
旅して住み着いた、たった一株。。。
http://nosegawaclub.seesaa.net/article/124098008.html


これって夏ロウバイの実生?
夏ロウバイの実生?
面白い双葉だよね〜

この写真を撮った後、ヤブデマリの赤い実を見に行って、蜂に刺されたのだった。

posted by けい at 19:30| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

アナベルと柏葉アジサイ

厳しい暑さの中でアジサイが涼しげに咲いている。
白や青の花たちは清涼感があっていいね。

「柏葉アジサイ」
柏葉アジサイ

柏葉アジサイ
私の背丈を越える大きさなので、こんな風にしか撮れない。

「アナベル」
アナベル

アナベル
柏葉アジサイもアナベルも花期が長いのが嬉しい。

ミナヅキはまだこんな様子。
ミナヅキ
開花にはまだ暫し時間がかかりそうだ。
もう8月だというのにね。

posted by けい at 19:00| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

夏椿とシキンカラマツ

今年は夏椿の仲間たちの花付きがよくない。
気炎を上げて頑張っていたのは英彦山ヒメシャラだけ。
ヒメシャラに至っては花の気配もない。

ナツツバキ
夏椿も遥か上のほうで咲いてはいるが、どの枝にもたくさんの花というのは
望むべくもない。

「シキンカラマツ」
シキンカラマツ

シキンカラマツ

シキンカラマツ
可愛いでしょう?
シキンカラマツ
こぼれ種で少しずつ増えてきたのが嬉しい。
一気に増えてくれても大歓迎なんだけれど、それがなかなかなのだ。。。

熱さが身体から抜けず、二日ほど参っていた。
冷えピタのお世話になるのは初めて。。。
これがきつくなると熱中症なのかと、恐怖を感じた。
今夜はやっと外気の涼しさを感じとることができる。
kiiさんのきつ〜い小言。
「だから暑いときの作業はほどほどにしなさいと言ってるでしょ!!」

皆様、熱中症にはくれぐれもご注意を。。。

山入りの定番はJAで野菜を仕入れること。
JAにて
枝豆やキュウリ、ナス、トマトが安価なのは助かる。
このキュウリ、8本〜10本入っていて80円だものね。
何だか申し訳ないような。。。
今回はトウモロコシも買ってきた。

ブロックや砂、セメントも買い込んで、作業はいよいよ階段作りへ。
ブロックと砂、セメント
暑いときに大変だと思うが、「男たるものやらねばならぬ!」とkiiさん。
「暑い時間帯にはほどほどにね」と言葉を返しておこう。

「ヒグラシの大合唱を聴きながら外で夕ご飯にしようか?」
「そうだね、。少し食欲も出てきたし、、、」
外で食事
ニンニクもたっぷり食べたし、これで明日からまた頑張れるね。

posted by けい at 20:45| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

ヤマアジサイたち(2)

ヤマアジサイはかなり好きだけれど、最近は新種が増えていない。
西洋アジサイはシカたちの餌食になるが、ヤマアジサイは何故か食害が少ない
ことを考えると、もっと増やしてもいいのじゃないか。。。そう強く思う。
kiiさんのぞっとする顔が目に浮かぶ。(笑)
いずれは椿屋敷の山姥というよりも紫陽花屋敷の山姥だね。。。

「三河千鳥」
三河千鳥
今いちばん好みの紫陽花がこれ!

ミカワチドリ

三河千鳥

「剣の舞」
剣の舞

「清澄沢」
清澄沢
咲き始めの紅が可愛い。
清澄沢

「紫香梅」
紫香梅

紫香梅

「紅ガク」
紅ガク
咲き始めは白。
やがて赤く染まる。
紅ガク
クレナイよりも花は大きめで存在感大。

「クレナイ」
クレナイ1

クレナイ2

クレナイ3
紅ガクもクレナイも咲き始めから紅になるまでの変化が楽しい。

青の濃さがたまらないヤマアジサイ三種。
「七変化」
七変化

七変化

「黒姫」
黒姫

「深山八重紫」
深山八重紫
素敵でしょ!!

「ヤマアジサイ」
ヤマアジサイ
これが山に普通にある品種。

そういえばコアジサイを見そびれたなぁ。。。

posted by けい at 09:50| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ヤマアジサイたち(1)

世間ではもうとっくに夏の花が盛りだというのに、山の庭では今頃アジサイが
見頃。
今年は例年よりもかなり開花が遅いと思っていたが、以前のアップを見たら
それほど違いがないようで、記憶というものもいい加減だと苦笑する。
冷たい雨が続いたせいか花期がとても長い。

「瀬戸の月」
ヤマアジサイ1

「シチダンカ」
ヤマアジサイ3

アジサイ3

「白鳥」
ヤマアジサイ4

ヤマアジサイ4

「イヨニシキ」(伊予錦)
伊予錦
このエリアのアジサイたちは、品種にもよるがずいぶん色が濁ってきた気がする。

「イヨノユウダチ」(伊予の夕立)
伊予の夕立

「イウチガスリ」 (井内絣)と「ミサトザクラ」(美里桜)
ヤマアジサイ2
これが井内絣だと思うのだけれど。。。

美里桜かな?
ヤマアジサイ6
似ているのが多いからだんだん混乱してくる。

「甘茶」
甘茶1

「八重甘茶」
八重甘茶
甘茶とはいうけれど、どちらも飲んだことはない。
ラベルを信用していないということもある。
何度も体験してかなり疑り深くなっている。
どのぐらいの甘さなんだろうという思いはいつもチラッと過るのだが、そこから
先へは進まない。

ラベル:ヤマアジサイ
posted by けい at 15:45| 奈良 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

イワガラミやいろいろ

毎年鹿やウサギに食べ尽くされていた花たち、回復不能のものも多いが、ネット
in ネットの効果か今のところ健在なものもあって嬉しい。
「イワガラミ」
自生を見つけた時はどれほど嬉しかったことか。
イワガラミ1

もう大きくなってフサフサに葉を茂らせているはずだった。
イワガラミはスキヤキが美味しいと聞いて、それで待ち望んでいるのだ。
イワガラミ2
何年も食べられてきた跡があるでしょ。
近場に摘みにいけばいいようなものだが、自分ちにあるというのが一番嬉しい
ものね。。。

「ノハナショウブ」
ノハナショウブ
一番花も二番花も見逃して、やっと御目文字した花は虫食いだらけ。

「シュウカイドウ」も元気。
この調子なら今年は安心して花を見ることができそうだ。
シュウカイドウ
これは赤花。

こちらは白花。
シュウカイドウ
葉の裏赤いは白い花。。。

アスチルベ

以前にバーゲンセールで買ってきたシシリンチウムが返り咲き。
シシリンチウム1
ニワゼキショウの仲間なんですってね。

シシリンチウム2
小花だけれどよく見ると素敵じゃない??

トリトマはお日さまを求めてクネクネ。
トリトマ

束の間の晴れに撮った花たちをお届けしました。
ラベル:イワガラミ
posted by けい at 20:30| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

フェリシアと野草たち

バラのフェリシアが咲いた。
一番花を見逃してしまい、待ちに待っていたのだ。
甘いフルーティな香りと聞いていたが、そこに爽やかさもあり姿もよしで大好きな
バラの一つになった。
フェリシア

フェリシア

さて、ちらりほらりと咲いていた野草たちも旬が外れないうちに。。。
アザミ

野草たちの中ではかなり好きな部類に入るキキョウソウ。
キキョウソウ

紅花ユウゲショウも次々と咲いて花期が長いので可愛い。
紅花ユウゲショウ

紅花ユウゲショウ

野草たちの中でいちばんエリアを拡大しているのがホオズキ。
ホオズキ
一ヶ所だけでこれですものね。
これが飛んで、飛んで、飛んで。。。ほんとに凄いんです。
ホオズキ

刈られてしまうから思うように咲けないニワゼキショウ。
今年はオオニワゼキショウを見ることができなかった。
ニワゼキショウ

花期が長いのはシオヤキフウロも。
シオヤキフウロ
これはなかなか増えてくれないのだ。

おまけの変り種。
シダ
シダ系も結構好みです♪
posted by けい at 20:30| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

ホタルや木々や。。。

蛍がチラリと舞いだした。
庭にも蛍が訪問してくれるのだが、夕食後はカジカガエルの涼しげな声を聴き
ながら、ほろ酔い機嫌でフラリ、フラリと渓流沿いを散策に出る。
ホタルブクロに蛍を放して、古人を想いつつ楽しみたいが、残念ながら肝心の
ホタルブクロがまだ咲いていない。

ログの中に入り込んだ蛍が一匹。
07c.jpg

07b.jpg


シモツケは元気がいい。
これは黄金シモツケで葉が黄金色。
黄金シモツケ
枝を切りに入ったら昼休み中の蛍が数匹。
あら、ゴメンナサイと早々に退散する。

白花と赤花の中から源平咲が生まれたが、この一株だけというのが不思議。
源平シモツケ
赤花の勢いが強いのか、実生には白花や源平咲が少ないようだ。

「スモークツリー・グレイス」
スモークツリー

スモークツリー

スモークツリー
グレイスのこのスモークの加減が何とも素敵でしょ?
生育旺盛でkiiさんには疎ましがられているけれど、やっぱり好きなのよね。

育樹園が鬱蒼としてきた一番の原因はカツラかも。。。
カツラ
すごくなってるでしょ!
樹形はとっても素敵なんだけれどね。

カツラ
今更どうにもならないし、、、さて、どうする?


posted by けい at 19:54| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

英彦山ヒメシャラ、桃色ナツツバキ

近在の山に自生するヒメシャラは花が小さくてあまり目立たないが、英彦山(ヒコサン)
ヒメシャラは大きめで花姿もとても素敵!!
英彦山ヒメシャラ

木が高すぎるので、引っ張って引っ張って。。。
英彦山ヒメシャラ

大好きな木の一つで増やしたいと思うのだが、私とは相性が悪いのか挿し木が
難しくまた実生もこれまで出現していない。
夏椿とヒメシャラはちょこちょこ出るのだけれど。。。
「実生君、待ってるよ」と幹を撫でながら声を掛ける。
英彦山ヒメシャラ

桃色ナツツバキも真っ盛り。
桃色夏椿

桃色夏椿

共にクリスマスローズのエリアにあるのだが、木が大きくなり脚立に上っても
撮りにくくて難儀。
英彦山ヒメシャラ
鬱蒼としてるでしょ。
引き算が大事!! なのよね。

posted by けい at 12:25| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

ササユリは咲いたけれど。

一昨日はすごい雨だった。。。
昨年土砂ダムができた時の降り方を思い起こさせるような雨に恐怖を感じたが、
あの時はこれが4日間も続いたのだった。
雷も頻繁だったのでPCも電源を抜いてしまい、読書をしながらひっそりと
過ごしていた。
途切れながら昨日も雨。いくら梅雨でももう うんざり。

雨のやみ間に庭巡り。
ササユリが咲いていた。
芽が出る端から鹿に食べられ年々細っていたものが久々の開花である。
ところが色が薄い。
ササユリ
香りもなんとなく薄い気がする。
ササユリ
蒔いて育てようと考えているのだが、今年は何とか種を持ってくれたらなぁ。

これは以前の開花。
同じ株とは思われないでしょ?
ササユリ
日照の関係だろうか?

ササユリ
この姿を再び目にすることができるだろうか。。。

なかなか進まない草引きだが、今回はクリスマスローズのエリアに入った。
実生の更紗ウツギには吃驚した。
ウツギ類は自生の繁茂が激しいのでそれとばかり思い込み、見ると抜きを心がけ
ているが、中にはこういうのもあるのかとちょっとばかりヒヤリ。
utugisarasa01.jpg

何やら白いものが見える。
奇形だがクリスマスローズの狂い咲き。
クリスマスローズ
鬱陶しい空の下で白が目に染みる。

posted by けい at 07:20| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

ヤマボウシを幾つか

今年はヤマボウシの咲き方もあまりよくない。
これは前面道路側のヤマボウシ。
右に白花、左に紅花のヤマボウシ「紅鶴」がある。
白花はまぁまぁだが、紅鶴はほとんど咲いていない。
ヤマボウシ1

ヤマボウシ白
白花はもう一株あるが、そちらもほとんど花をつけてくれなかった。

唯一、気を吐いていたのがログ前の紅花ヤマボウシ。
紅花ヤマボウシ
まだ樹高は2.5mぐらいなのに、こんなに咲いて大丈夫?というぐらいの花。

紅花ヤマボウシ

紅花ヤマボウシ
小型ですっきりした花姿が可愛いでしょ。

ヤマボウシの挿し木は難しくてなかなか苗木を作ることができないと嘆いてい
たら、知人宅から実生の白花の苗木が届いた。
ヤマボウシの苗
我が家のヤマボウシは小型の花ばかりなのだが、この苗木の花はかなり大きい
そうな。
最近はヤマボウシにもいろいろあるのね。


前面道路わきの土手の草引きをしていたら、二株のヤマボウシの下で大発見。
なんと実生のヤマボウシがポコポコ。
飛び上がって、つい叫んでしまった。
実生だから多分白ばかり?
それでも嬉しいなぁ。。。草に負けて消える前に鉢上げして育ててみよう。

ラベル:ヤマボウシ
posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする