2012年07月01日

ノバラ、キウィや蕾や

確かオールドローズを植えたはずなのだが、肝心のバラは枯れてしまい台木だけが
勢いよく育っている。
花も大きめだし優しいピンクが可愛いので伸びたいように勝手放題。
ノバラ

今まではピンクの花だけしか無かったはずなのに、脇芽から伸びた枝先には白い花が。
ノバラ
二色を楽しめるなんて得した気分。

これはたくさん自生しているノイバラ。
ノバラ
あちこちににょきにょき。
切っても抜いても出てくるのは迷惑なんだけれど、可愛い♪

ところで、雄木が若くて花咲かず、雌木はどっさり花がついて、、、これじゃぁ
実が生らないじゃないのと悔しがっていたキウィ。
「けいさん、変だよ、見てごらん。あれって実っぽくない?」
キウィ
実らしきものの表面にはキウィ特有の毛羽だった様子も見える。
近所の知人宅はとっくに雄木の花が散っていたというし、どうして?
これは実? それともこのまま落ちてしまうもの?
???で見守っているが、つい皮算用をしたくなる。(笑)

「ノハナショウブ」
ノハナショウブ
今まで動物たちに食べられてばかりで花を見たことがなかったものが多いが、これも
その一つ。
今年は状況の変化か、いったいどうしたことだろう。
ムサシキスゲもたくさん花を咲かせたし、この調子ならニッコウキスゲやユウスゲ
の花も見ることができるかもしれない、と欲を出したらいけないのよね。
抑えて、抑えて、ひっそりと想うことにしよう。

「シキンカラマツ」ももうすぐ咲くね!
sikin.jpg

「花車」
これも食害を免れた今年、とてもよく咲いている。
花車
固い通路に飛び出した株が一番元気だというのが面白い。
花期が長い優れものなので、しっかりと増やしてみよう。
posted by けい at 16:15| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

夏ロウバイとバイカウツギ

「夏ロウバイ」
株がしっかりしてきたせいか、年々花付きが良くなっている。
夏ロウバイ

ナツロウバイ

優しい雰囲気が素敵でしょ?
夏ロウバイ

夏ロウバイ

これは園芸種の「バイカウツギ」
八重と一重の混合咲きで花径は大きい。
バイカウツギ

自生のバイカウツギは庭奥でしかもヒメシャラの陰なのだが、今年とても元気がいい。
どの枝にもびっしりの花、花、花。
バイカウツギ

花径は園芸種よりもかなり小さいけれど、これだけ咲くと圧巻。
バイカウツギ
もう少し目立つ場所に出してやりたいと思うが、移植はもう無理。
挿し木、してみますか。。。

posted by けい at 19:45| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

やっと、バラです。

毒性がきついスズランをも食べつくす動物たちには驚いたが、ナニワノイバラやハトヤバラ
をはじめとして、幾ら棘がきつくても平気の平左というのにも参った。
ここ数年そんなことばかりが続いてバラも元気がなかったが、個別ネットのお陰かやっと
新芽が生き残れるようになってきた。
そうするとゲンキンなもので、花が咲き出すのよね。
今はか細い生き残り組の苗たちも、いつか復活してくれるかもしれない。。。

「ナニワノイバラ」
ナニワノイバラ

「ハトヤバラ」
防獣ネットの際で情けない有様だったが。。。
ハトヤバラ

ハトヤバラ


「スヴニール・ドゥ・サンタンズ」
スヴニール・ドゥ・サンタンズ
香りがとてもいい。
ティ香を含む甘い香りとのことだったが、なるほど、ティ香というのを初めて
知った。
大きく育って欲しい。

「イーパンフェン(一棒粉)」
イーパンフェン

「コーネリア」
可愛いネェ!!
コーネリア
今年仲間入りしたのが、コーネリアとフェリシア。
でもね、名札はコーネリアとなっているけれどなにか違うような気がしない?

「フェリシア」はまだ咲いていない。
フェリシア

カミキリムシが入って大方枯れてしまったモッコウバラだが、申し訳程度に花が咲いた。
何とかもって欲しいなぁ。
モッコウバラ

posted by けい at 19:38| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

バラアカシア、紅花エゴ、ハクチョウゲ

バラアカシアの寿命はどのぐらいなのだろう。
ヒスピダはまだしもヒレリーは風前の灯。
小さなカミキリムシが無数に巣食っているようだ。
再生は取り木しかないか。。。
挿し木がとても難しく、走り根は先祖返りするのか白花のニセアカシアが咲く。
私の苗木作りでは一番の苦手がバラアカシア、次いでヤマボウシかな。

「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒスピダ」
バラアカシア1

バラアカシア1

「ハナエンジュ(バラアカシア)・ヒレリー」
バラアカシア2

「ハリエンジュ」(針槐/別名ニセアカシア)はいつの間にか花が終わってしまった。

「ハクチョウゲ」
ハクチョウゲ

ハクウンボクやエゴノキ、紅花エゴノキ、この仲間たちは今年ほとんど
咲かなかった。
エゴノキの花は皆無、紅花エゴノキもチョロッと咲いているだけなのだ。
寂しいなぁ。。。来年に期待しよう。
「紅花エゴノキ」
紅花エゴノキ

*************
今日、消費増税法案が可決された。
自らを律して無駄遣いを排し、切り詰めるべきところはしっかり切り詰め、なす
べきことをすべて行って万策尽きた、あとはもう増税しかない。。。
そういうことなら仕方がないとは思う。
でも、そういう姿勢が少しでも見えるか。
高みにいて、無策のツケを庶民に押し付け、痛みを与える政府はもう信じられない。
自民党に幻滅し、民主党なら新しい風を起こせるかとも思ったが、結局どうにも
ならないのだね。
国民はただ耐えるだけなのか。。。
実の伴わない文言に心は動かされない。


posted by けい at 18:45| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

ブルーベリーやキウィ、野草茶やいろいろ

いろいろてんこ盛り、支離滅裂で白樺林なども登場しますのでお楽しみください。

ブルーベリー
ブルーベリー
花が咲いている、、、とは知っていたが、写真を撮りそびれている間にもう
こんなになっていた。

キウィ、悔しい。
キウィ1
たくさんの花が咲いているでしょ。
ところが全部雌木の花なのよね。
キウィ2
雄木も植えたのだけれどカミキリムシが入って枯れてしまい、植え直したものは
まだ花が咲くまで育っていないのだ。
あぁ、悔しい。
雄木さえあればどれほど実ったことだろうか。

ドクダミ茶作りも始まった。
ドクダミ茶1
今まで、ドクダミとスギナを除けながら雑草を引くのはかなり難しかった。
これで少しは楽になる! な〜んて甘い、甘い。(笑)

ドクダミ茶2
壮観でしょ!!

「今夜はうちでご飯をしようよ!」
草引きで疲れてるところにありがたい申し出で、知人宅へお呼ばれ。
知人宅1
このお宅も自分たちで建てた家。
素朴で温かみのある手づくりの家は心和む。
木々もいつの間にか大きく育ち、緑陰に垣間見える姿もなかなか素敵!!
知人宅2

知人宅3
ドロドロに汚れて疲れ果てると夕食などもうどうでもいいという気になるけれど、
何も考えなくても夕ご飯が食べられるというのが一番嬉しいのよね。。。

所用で村役場に行ったので、その近くの立里の荒神さんに寄ってきた。
ここには白樺がたくさんあるのだが、現在養生中で立ち入り禁止になっていた。
苗木も多く植えられていたから、いずれ見事な姿を見せてくれることだろう。
立里の白樺林

立里の白樺林
白樺には青空だよね。
晴れた日にまた覗きに行ってみよう。

抜いてしまうので無くなったハルジオンを見っけ。
ハルジオン
こういう姿を見ると可愛い!!と思うけれど。。。
posted by けい at 19:35| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

クロバナロウバイ、ハナイカダ、ムサシキスゲやコウリンタンポポ

クロバナロウバイが次々と咲いている。
これは本体ではなくて、勝手に移動組。
クロバナロウバイ
好きなところで芽吹いたのだから動かすのは可哀想だなぁ。
これが私の弱点なのかもね。

ハナイカダは地味系だけれど可愛いでしょ。
あちこちに自生しているけれど、増えるに任せている。
ハナイカダ

ハナイカダ
若い葉は食べることができるが、あまり食指は動かない。

「ムサシキスゲ」
ムサシキスゲ2
今まで食べられてばかりでなかなか増えなかったが、今年はどういう訳か。。。
株がしっかりしてたくさんの花を楽しめている。

ムサシキスゲ1

「コウリンタンポポ」
コウリンタンポポ1
北海道では雑草化しているそうな。
一面のコウリンタンポポも見たい気がする。
山の庭では爆発力が発揮できないようで(暑さ、湿気なのか?)ゆっくりの増え方。

コウリンタンポポ2
「もう少ししっかり増えてくれてもいい」などと言っていると、悲鳴を上げて
難儀することになったりして?(笑)

日照状況が変化して、移植しなくてはいけない植物が多い。
ワレモコウ、ヒメシャガ、シュウメイギク、ホトトギス、ブルーベルやスズラン。
そしてこのフジバカマも。
これは古来の薬用のものらしいが、まだ花も見ていないので定かでない。
フジバカマ
作業が多すぎてアップアップしている。

posted by けい at 07:00| 奈良 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ハクウンボク、アサガラ、そして。。。

今年はエゴノキやその仲間、ハクウンボクの花付きがよくない。
先陣を切ってハクウンボクが咲きだしたが、遥か上のほうにチョロッと咲いて
いるだけ。
ハクウンボク
枝々にびっしりと花が付き、まるで白い雲が層のようにたなびく美しい様子は
見ることができなかった。
ハクウンボク
ハクウンボク、残念だなぁ。アサガラも枯れちゃったし。。。

〇〇の川沿いまでアサガラを見に行こうか?
こちらはちょうど満開で、それも目を奪われるほどの花の波。「おおぉ。。。」
アサガラ

アサガラだと思っていたがひょっとしてこれはオオバアサガラ?
アサガラ

アサガラ
「こんなに大きくなる木を庭に植えたいなんて言わないでよね。木はもういい
からね」 kiiさんにはしっかり釘を刺される。

ハクウンボク、アサガラ、そして。。。の、そしては追記をどうぞ。追記:
posted by けい at 18:30| 奈良 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

紅花サンザシやボタンカラマツ

「紅花サンザシ」(紅花山査子/別名:西洋サンザシ・メイフラワー)
紅花サンザシ
てっぺんは見えなず、遥か彼方。
スモークツリーの陰になってしまい、お日さまを求めてどんどん伸びたらしい。
昨年思い切ってスモークツリーを切り詰めたのだが、そのせいか、今年は花付き
なんといいこと!!
紅花サンザシ

紅花サンザシ

「海南サラサドウダンはボケた色でね」と厭ごとを言ったのがよっぽど悔しかった
のか、これを見よとばかりに上部で満開になっていた。
海南サラサドウダン

それも、先端に少し赤い色を見せてね。。。
kainan02.jpg

庭奥の海南サラサドウダンは白いでしょ。
いまだに同定できないでいる。
白いドウダン

オダマキはほとんど咲かなかった。
オダマキ
来年に期待!

カラマツ草の仲間たちは大好きなのだが、草に負けてなかなか育たない。
その中で元気なのがボタンカラマツ。
ボタンカラマツ
優しい雰囲気が素敵でしょ?

先日、ホームセンターでワイルドストロベリーの苗の価格を見て吃驚した。
ワイルドストロベリー
花も実も可愛いし強くてとてもよく増えるのは嬉しいのだが、我が家では雑草化
している。
赤い実はキジバト夫婦の好物らしく、朝夕に仲良く啄ばんでいる姿をよく見かける。
草引きしながら私の口にもちょこちょこ入っているよ。

posted by けい at 20:30| 奈良 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

アイリスの仲間たち

どうせ動物たちのお腹行き、花は見られないだろうと端から諦めモードだった
アイリスたち。
今年はちょっと異変?
少しばかり復活の兆しか、いや甘い考えはいけないと自戒する。

いろんな場所で次々と咲くので、見過ごしているものも多いがそのトップが
イチハツかも。。。
イチハツ

イチハツ
朝の光と夕方の光のなかで、こんなに色合いが違って見える。

アヤメ? こんな場所に植えた覚えはないんだけど。。。
アヤメ

キショウブって強いね。
一ヶ所にまとまってくれるなら文句はないのだが、こぼれ種で広がりその増え方
たるや、、、ため息が出るほどの困りものなのだ。
キショウブ
群れて咲く様子は見事ではある。。。

「食べてよ、こういうのを」と思うけれど、キショウブとジャーマンアイリスだけ
は何故か、動物たちの好みじゃないらしい。
この二種に限って嫌いというのが腹立たしい。
好き嫌いを言うなっ!

ジャーマンアイリスの中ではこの種が一番好きなんだけれど、今年はあまり咲か
なかった。
ジャーマンアイリス

お嫁入りしてきた品種も多くてどれがどれかわからなくなっている。
ジャーマンアイリス
全部咲いたら見事、というぐらいの株数があるのだが、ジャーマンアイリスとは
相性がよくないのか、山の庭ではあまり咲いてくれない。
(あたしが下手なんですよ、フン、判ってますよ!!)

原種系のこればかりがなぜかよく咲いて、少しガッカリ。
ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

ところで、山の庭のアイリス類といえばアヤメ、ヒメシャガ、イリス・クリスタータ
が一番多かったのだが、何年にも渡って鹿やカモシカ、そこに野ウサギまでが
加わって食べつくしてくれたお陰で、いまや風前の灯。。。
残された僅かな株は、昔とまではいかなくてもなんとか生かして増やしたいと
思っている。

イノシシが荒らしている頃も散々泣いたものだ。
何しろ彼らは大規模土木工事を遠慮なく大胆に遂行してくれるんですもんね。
でも鹿やカモシカや野うさぎが登場するようになってからの、山の庭の衰退ぶり
はそれ以上に激しいのだ。

在りし日の姿を偲んで風光る庭から転載。
いつかは、きっと再び。。。
「アヤメ」
アヤメ

「ヒメシャガ」
ヒメシャガ

ヒメシャガ

「イリス・クリスタータ」
イリス・クリスタータ

風光る庭のアイリスのページは下記へ
http://nosegawaclub.kokage.cc/betu/iris.htm

posted by けい at 19:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

フタリシズカ、エビネやいろいろ

庭奥というのはつい見過ごすことが多いのだが、久しぶりに足を延ばしたら
フタリシズカが元気に咲いていた。
フタリシズカ1

フタリシズカ2

フタリシズカ3
美味しくないのか、鹿にも野うさぎにも食べられないから群れ咲いている。

フタリシズカ
あちこちに飛んで、すごいでしょ?

ヒッソリ咲いていたエビネ
エビネ

まったく気付かずですみません。。。
エビネ
大方は終わっていたが、辛うじて数株 花を見ることができた。

朴の木の葉っぱが生い茂ってきた。
これを待っていたのよね。
我が家のバーベキューの定番は朴葉焼きですもん。
朴の木
きのこや魚を包んで練り味噌を乗せて焼くと美味しいのよ。
朴葉の香りが仄かに移ってね。

アキグミには虫たちがたくさん。
アキグミ

アキグミ

地味だけれどマユミの花も
マユミ

なかなか咲かないシャクヤク、ずっと待たされている。
こんな年は初めてだなぁ。
シャクヤク

咲かないままで散ったりして。。。
シャクヤク

オオヤマレンゲも花を見ることができるかな。
オオヤマレンゲ
これほどじらさなくてもいいじゃないのよね。

posted by けい at 20:15| 奈良 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

白い花たちの饗宴、再び

オオデマリは大場を取りすぎてしまい、移植したいのだが今更どうにもならず。
切り詰めているので姿が悪い。
オオデマリ

それでも健気に咲くのを見ると可哀相で、今年は挿し木してみよう。
挿し木には強い木なので今までたくさん根付いたが、全部お嫁入りしてしまった
のだ。
オオデマリ

オオデマリ


「テマリカンボク」(手毬肝木)これは日本原産とのこと。
北海道で生まれ育った私の思い出に繋がる木。
テマリカンボク2

カンボク(肝木)の仲間で、装飾花が手毬のように集まって咲くのでテマリカンボク
の名がある。
テマリカンボク1

オオデマリよりも大きいテマリは意外と優しい雰囲気。
テマリカンボク3

テマリカンボク4
見事でしょう?

カミキリムシのお陰で枯れかけた「西洋テマリカンボク」(西洋手毬肝木・
洋種カンボク/別名スノーボール)は大きくなってきたがまだ花をつけるまでに
はなっていない。
早く咲け、咲けと念じている。
テマリカンボクより葉も花も小型だが、スッキリした花姿が大好きなのだ。

「コデマリ」
コデマリ
あまりに育ちすぎるので一度バッサリ切ったら、それ以来咲かなくなった。
今年は小さな花を幾つか。

オオデマリやテマリカンボクのエリアは過密地帯になっている。
桃色ナツツバキや英彦山ヒメシャラ、ヤマボウシや紅花ヤマボウシなどという
好きな木々も多く、私は引き算に頭を痛めている。

posted by けい at 20:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

シラン、ナルコユリやカラスビシャク

今頃シランが真っ盛りなんてね。。。
今年は晩霜を免れることができて美しい姿を見ることができた。

「シラン」
シラン1

毎年霜と齧られるので悲惨だったが、今年はチョイ齧りぐらいで済んでいる。
不思議。。。
シラン2

シラン3

「シラン・白花」
シラン白花

「深山ナルコユリ」かなと思いつつなかなか同定できないのがこれ。
ミヤマナルコユリ?

ミヤマナルコユリ?

ミヤマナルコユリ?

ナルコユリは茎が丸く、アマドコロには稜がある。
その例でいけば稜があるこれはアマドコロのはずだけれど、茎が赤い。
図鑑を見ると「ミヤマナルコユリ」の茎は赤く、その茎には稜があるそうだが。

「斑入りアマドコロ」
斑入りアマドコロ

斑入りアマドコロ

オオナルコユリとオオアマドコロは野うさぎのお腹行きになった様子。

「カラスビシャク」
カラスビシャク

カラスビシャク
緑一色のものと縁の黒いものがあるんだね。
面白い。。。


旭川の南さんから素敵な写真が届きました。
十勝・広尾の「オオバナノエンレイソウ」自生地
オオバナノエンレイソウ自生地地
薄ピンクの優しい色合いの花はシラネアオイだそうです。
なんとまぁ、さすが北海道、でっかいどう。。。

posted by けい at 17:00| 奈良 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

ジャカランダ、あぁ、ジャカランダ。。。

最近は挿し木などで早めに咲くようになったそうだが、私がジャカランダを知った
15年ほど前には実生苗しかなかった。
実生から開花までは7〜8年と言われたし、その苗もなかなか入手できなかった。
その後ようやく小さな苗木を手に入れたものの、まだかまだかと花が咲くのを待ち
くたびれ、もう諦めたくなるほどの長い年月が経過したのだった。
どこが7〜8年で咲く? 倍も経ってるじゃない、咲かなきゃ切るよ!
散々厭ごとを言っても一向に咲く気配がない。

町の仮住まいのベランダに寒さに弱い鉢物を置いてあったのだが、最近は山暮らし
が多くなり、水遣りが困難なので、月桂樹などを第一陣で山に運んだのは先週の
こと。
今回は軒より遥かに高くなったジャカランダの移動の番。
ジャカランダ

車に入らないからかなり切り詰めなければ運べない。
ジャカランダ

切った枝は挿し木にしてみようと、水バケツに入れる。
ジャカランダ

その切った枝にふっと目をやって仰天した。
顔面蒼白、脇からはタラタラと汗が流れる
これ、なに!? 花芽じゃない??
なんで? つい先日、今年も咲かないねと確認したところだったのに、今頃
なんでこんな??
ジャカランダ

アホ、馬鹿、間抜け、すかたん、おっちょこちょい、おたんこなす、ありったけの
悪口雑言を自分に投げつけても時すでに遅し。
私は泣いてます。。。
ジャカランダ

花芽には青い色も出てきている。
ジャカランダ

この枝にもあの枝にも花芽がたくさん。
ジャカランダ
いったいどうなってるの?
立ち上がれない。。。

ラベル:ジャカランダ
posted by けい at 20:20| 奈良 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

キングサリやツリバナや

キングサリがようやく咲きだした。

長い鎖のような蕾のままでずいぶん待たせてくれました。。。
キングサリ

キングサリ

キングサリ
広々としたログ前の日向に救出してきたものの、まだ少しひ弱な感じだ。
このまま無事に育ってくれたらいいのだが。。。

ツリバナ、大きくなったでしょ。
この木の独特の緑とやわらかな風情ときたら、もう最高!!
ツリバナ
ログのデッキから飽かず眺める私なのだ。

ツリバナ
花は地味系だけれど、可愛いでしょ。
秋の実がまたいいのよね。

ところで、このツリバナの辺りが周回コースになっているのか、スズメバチが
トラップによく入るのだ。
オオスズメバチの女王も
今回はオオスズメバチの女王らしきものも見える。
見るからに恐ろしげな顔つきで、単三電池より大きいものね。

場所によっては全然入らないトラップもあるから、いろいろ試しながらウロウロ
している。

ツリバナのある土手にはカルミアもたくさん植えてあるのだが、見事に丸坊主。
今年も花を見ることができないね。
カルミア
お茶の木に椿、山桑と軒並みこんな様子。
やってくれますねぇ。。。

「もっと大胆に切ってくださいよ」とkiiさんに懇願されているスモークツリー。
スモークツリー・グレイス
でもインパクトがあるよね、この葉の色。

花はツリバナと同じで地味系、でもその後の存在感が大きいのも同じよね。
スモークツリー・グレイス

posted by けい at 21:00| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

白い花たちの饗宴

庭の樹木は白い花たちが多いと先の記事に書いたが、「ヤブデマリ」と「カンボク」
の存在感の大きさときたら、たった二株なのに卒倒しそうだ。

「ヤブデマリ」
小さな両性花の周りを5裂した装飾花が囲み、5裂の1片は小さいので、まるで
真っ白な蝶が木を覆っているような雰囲気。
ヤブデマリ1

ヤブデマリ2

ヤブデマリ3

脚立と望遠がないと撮れなくなってきた。
ヤブデマリ4

「カンボク」
これがまたすごいのだ!
白い浪がうねるように次から次へと押し寄せてくるような。。。
カンボク1

カンボク2

カンボク3
広い場所にあればもっと目立つのにね。


posted by けい at 21:11| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 2012年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする