2017年01月24日

あれこれ、作ってます

干し野菜は旨味が増して美味しいけれど、ここ野迫川村は山間なので冬場の日照が
安定せず、イマイチ上手く仕上がらない。

軽く干して甘酢で漬ける、現在これに填まっているのだ。
干し大根1

干し大根2
日持ちもするし、酒の肴にもいい。

次に干した大根はあまりに乾きが悪いので軒下に置いておいたら凍みてしまい、
そのまま放置していたら美味しそうな切り干し大根になった。
切り干し大根
凍みたほうがいいということ??

これは実験してみなくてはと、またまた干してみた。
干し大根3

豚の味噌漬け
豚の味噌漬け
娘宅に送るので多めに漬けこんだ。

道の駅でコブタカナを見つけた。
こぶたかな

水を切って漬けこむ。
茎の部分はサラダ代わりに、葉はおにぎりに美味しい。
干し大根や大根葉

大根葉も干した。

昔の北海道では秋にどっさりの漬物を作ったものだ。
漬物樽が納屋にずらりと並んだ光景は壮観だった。
流通の発達していない時代に漬物は冬場の貴重な食糧であり、大根葉も干して
利用していたのを思い出す。
どんな風に使っていたのかは定かでないが、私も作ってみようと。。。

寒さのお蔭で凍み豆腐は完璧!!
凍み豆腐


posted by けい at 10:43| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

雨の日は保存食作り

冷たい雨が降り続く日は、CDを聴きながら本を読むのが定番なのだけれど、
今は猛烈に作りたい病に罹患している。
薪オーブンが稼働し始めたから熱源が勿体ないという貧乏性で、追いかけられる
ように忙しなく作らずにいられないというのは、料理好きの人から見ると邪道かも。
目新しいものはなくて、相変わらずのものばかりだが。。。

戴いてきたおからを乾煎りする。
おから
小分けして冷凍しておき、コロッケやハンバーグ、クッキーなどに利用する。
ケークサレにも使ってみよう。。。

傍らで煮ているのは秋刀魚の佃煮。
秋刀魚の佃煮
薪オーブンの天板はコトコト煮炊きには最高の優れもの。
美味しく煮上がった。

骨まで軟らかくなった秋刀魚の佃煮をチーズトーストにトッピングしてみた。
チーズトースト
サバサンドなるものがあるのだから美味しいに違いないという想像通り、これも
填まってしまいそうだ。

きのこがまだ少し採れているが、雨のために形は崩れべたべた。
きのこ

ナメコは佃煮に炊いてみた。
なめこの佃煮
収量が少ないのでこんな使い方は滅多にできない。
雨で傷んだので仕方なくのことだが、自家製のなめこの佃煮はとても美味しい。

お助け大根も作った。
お助け大根 お助け大根
大根は二本までが作りやすい。

おやつは薪オーブンで時間を掛けてじっくり焼いたサツマイモ。
焼き芋
美味しさに舌鼓を打った。

posted by けい at 06:45| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

銀杏2.5キロ

気温は低く風は冷たいけれど、陽射しが少し明るさを増してきたような気が
する。
ログ脇の陽だまりに一輪、オオイヌノフグリが咲いていた。
オオイヌノフグリ
中部地方以西に広く分布していたイヌノフグリは、オオイヌノフグリが日本に入って
きてから少なくなり、いまや山間部に行かないと見られない珍品になってしまったそうな。
右サイドバーで紹介している「野に咲く花」にはそう記載されているが、山間部の我が家
ではこの青いオオイヌノフグリ以外にまだ見たことがない。
イヌノフグリにぜひ出合いたいものだ。

ログ前の西洋ヒメコブシ・ロイヤルは今年もどっさりの蕾。
西洋ヒメコブシ
晴れた日は銀の産毛がキラキラと眩しい。

早朝や夜は薪オーブンの天板を利用して保存食作り。
出汁をとった昆布をため置き、佃煮に再生する。
これがお弁当や酒の肴にけっこういけるのだ。
昆布煮
無料の熱源があるときは、つい鍋を掛けたくなる。

そうそう、銀杏。
先日、また買いに行ったら、入荷はこれで終わりとのこと。
思い切って買い込んできた。
ぎんなん1
kiiさんはこの量を見て絶句した。
普通は2.5キロも一度に買わないでしょ!とうんざりした顔。

ぎんなん割りで殻を割るのはkiiさん、剥くのは共同作業。
ぎんなん2

kiiさんはいつの間にか逃げ出して薪作りに。。。
薪作り
私だってほんとうはこっちが好きなんだけれどね。

熱湯で湯がく際にお玉の底でゴリゴリすると薄皮が捲れやすいと訊いたが、
あまり上手くいかないので私はポテトマッシャーを利用。
ぎんなん3

ぎんなん4

ザルにあけて、この時点で半量は綺麗に剥けているのだが。。。
ぎんなん5

さて残りはどうするか。
布巾を使ってみたら意外と簡単にスルッと剥けたので吃驚した。
上手く剥けるのはいいのだが、数が半端じゃない。
半ばからは投げ出したくなるが自己責任だものね。

たくさん冷凍できて嬉しい。
でもね、くれぐれも2.5キロも一度に始末しようなどという気は起こされません
ように。
銀杏など当分見たくない!!という気持ちにさせてくれることは間違いない。
(こういうアホなことをする人は他には居ないと思うよとはkiiさんの弁)

posted by けい at 17:00| 奈良 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

凍み豆腐、今度はバッチリ!

道産子のせいか寒さは平気だけれど、好きかと聞かれたらウ〜〜ン。。。
動きが鈍くなるからあまり好きではないのだが、凍み豆腐を作りたいと
思ったら寒くなくてはね。。。

昨夜はよく冷えて、星が煌めいていた。
冷えるだろうな。。。凍み豆腐にはバッチリの予感。
16日朝の気温
16日朝の気温は−8.5℃

そして凍み豆腐は
凍み豆腐
今回は美味しそうな黄金色に仕上がった。
こういう感じになると美味しいのだ。

「美味しい分から食べようよ」というkiiさん。
「先に作った失敗作を消化しないと、これは使わないもんね」と私。
美味しいのを先に食べてしまったら後がつらいじゃないのよね。
でも、これって貧乏人根性丸出しだろうか。

タグ:凍み豆腐
posted by けい at 18:50| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 保存食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする