2017年10月23日

台風21号のことともみ殻

各地の被害は凄まじいものがあり、心からお見舞い申し上げます。

************
台風21号がもたらした雨に恐れおののきながら身を竦めていた。

数年前に土砂ダム災害を起こした、4日間間断なく降り続いた雨を体験して
いるから、それほど悲観的にはなっていなかったが、それでもきつかった。

今朝、明るくなるのを待って見回りに出る。

ログ前の小池は溢れ
台風21号2

普段は埋もれている裏山際の谷川も、激しく音立てている。
台風21号3

どのぐらい降ったのか見当もつかない。
台風21号4

いつもは川遊びができる前面道路向こう側の小さな渓流は、奔流になって
暴れている。
台風21号5

台風21号6

少し上の合流地点。
台風21号7
右側が本流で、左から流れ込んでいるのは別荘地方面からの流れ。

午後になってやっと、雲の切れ間から少し日が差した。
台風21号8

谷からの引水は止まってしまい、倒れた木々などの片付けも待っている。
予報ではあまり芳しくないが、明日は晴れて欲しいなぁ。

***********
毎年秋になると「もみ殻、お持ち帰りください」の看板が出る所がある。
沢山の人がビニール袋を持って貰いに来ているが、いつからもいつまでと
いうのも分からないので、その場に行くまで状況が掴めないというのが難。

10月の初めに見に行った時は空振りだったが、雨の止み間に手に入れる
ことができた。
もみ殻
今回は15袋を運んだ。

もう一度行きたいのだが、この時以降ずっと雨なので叶わずにいる。
厚手で大きめのビニール袋も購入してスタンバイしているのだが。。。

雨、、、もういい加減に上がってほしいなぁ。


♪どちらかひとつ、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 土と緑の暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

posted by けい at 20:05| 奈良 ☔| Comment(2) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

ミニ菜園の今

熱中症をおこして以来、庭の草引きも菜園の手入れも怠っている。
kiiさんは山に居る日は草刈りをしたり不要の木を伐採したりと、いろいろ動いて
いる。
海南サラサを伐採する1
アレッ、何か変だなと思ったら「海南サラサ」がバッサリ伐られていた。
他にはニシキギも。。。

伐るって言ってたでしょ!?
海南サラサを伐採する2
確かに言ったのだけれど、一応 念を押してほしかったな。
まだ少し悩んでいたんだもんね。。。

今のミニ菜園の様子。
ヒユナがすくすくと伸びて、そろそろ食べられそうだ。
ヒユナ

ゴーヤは植えるのが遅かったせいで、まだこんなに小さい。
ゴーヤ
ゴーヤ茶にしたいのだけれど、無理かなぁ。

花豆はすごい勢い。
花豆2
花数もとても多い。

美味しい豆で、塩茹でだけでおやつや酒の肴になる。
花豆1

カボチャは留守の間に雌花が何個も咲いて落ちたらしい。
受粉させた4個だけが健在だが、さて、どのぐらい大きくなってくれるだろうか。
カボチャ

今日の収穫
今日の収穫
キュウリは干して炒め物やスープに使うつもり。

カラスはトマトで遊んでいる?
カラスのいたずら
食べている風ではないし、悪戯しているのか突っついて何個もこんな具合に落とされて
いる。
キュウリも何本か突っつかれていた。

ところで、熱中症を起こして以来、お供は「梅干し水」(ネーミングがイマイチね)
娘に教わったものを自分なりにアレンジしてみた。
梅干し水
分量をいろいろ変えて作ってみたが、水1リットルに砂糖大さじ3、梅干し1個半を
砕いて入れるのが一番美味しいような気がする。
蜂蜜やレモンもいいそうだ。
熱中症対策の飲料水も売っているが、甘くて少し苦手。
他に何かいいアイデアがあったら教えてください。

追記:
熱中症は怖いけれどだからといって糖分の摂取過多も困る、ということで美味しさは
無視して砂糖の分量を大さじ2に減らした。

posted by けい at 17:26| 奈良 ☁| Comment(8) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

花豆が咲き始めた

今のところ順調に成長しているかに見える花豆。
昨年は長雨で実が傷み気を揉まされたものだったが、今年はどうなるだろうか。

「紫花豆」
紫花豆
「白花豆」
白花豆
花豆軍団がずらり並んでいる様は壮観である。

今日の収穫
今日の収穫
少し間が空いた山の畑だったが、キュウリ15本にはずっこけた。
毎食キュウリだね。
そういえば、干しキュウリのパスタって美味しかった記憶があるなぁ。
ミニトマトや中玉トマトも採れ始めたが、中玉トマトはもう少し大きめを予測していた。
昨年と同じ所で苗を買ったのだが、違うものだね。

カボチャの雄花が咲いたら雌花が無い、雌花が咲いたのに雄花が無い、ずっとそんな繰り
返しだったが、やっとうまくいったのかな。
カボチャ
大きくなってくれたら嬉しいのだけれど。

雨で倒れてぐちゃぐたになったジャガイモの葉陰にショウガの芽が出てきた。
ショウガの芽
kiiさんが先日少し掘ってみたら根が出ていたそうで、腐ってはいなかったと安心は
していたが、芽を見てホッとした。

北海道からお嫁入してきた畑わさび。
畑ワサビ
以前に戴いたのは弱り気味だったのだが元気に伸びだして、これなら今年は食べられそう。
今年戴いたものも可愛い芽を出して、すくすくと育ってきた。
嬉しいなぁ。。。

ディルの花が咲き続けている。
ディルの花
美しいなぁ。
料理に利用するのはどちらかというと和製ハーブと呼ばれるものに偏る。
洋のハーブはイタリアンパセリやパセリ、レモンバウム、バジル以外はあまり使わないが、
花を見たくて植えているものが多い。
ディルもそう。

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウは花の仲間?
綺麗な花なので一瞬躊躇するが、食べられるものなので我が家では「庭の花」の扱いは
されていない。
というよりも、山菜や食べられる野草は庭の花や木よりも格上になるというところが、
他人にはどうにも解せないらしい。。。

図鑑で見ると、ヤブカンゾウはノカンゾウよりも逞しい雰囲気だが、ノカンゾウの花も
見てみたい。
初春の食べ比べもしてみたいものだ。

posted by けい at 18:56| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ミニ菜園や山菜、果樹のこと

少しは菜園らしくなってきたかな。
ミニ菜園の今

花豆の苗を植え込んだ。
紫花豆
上は紫花豆、下が白花豆。
白花豆
留守にしていた二日の間にぐんと伸びてしまった。

キュウリやカボチャ
キュウリ

カボチャ
カボチャは雌花と雄花の開花がうまく嚙み合わない。

時なし大根のタネを蒔いたが、どうも何かに食べられている。
バッタだろうねと思っていたら、なんとキジバトだった。
ネットをしておくべきだった。
時なし大根
脅しても脅してもめげずにやってくるので参ってしまう。
ワイルドストロベリー
キジバトは今までワイルドストロベリーに夢中だったのに、今年は見向きも
しないのが不思議。
庭中にどっさり実っているのにね。

ディルの花が咲いた。
ディルの花
この花が大好き。
葉を摘んでシンプルなポテトサラダにしよう。

先日伐採した山桑の葉でお茶を作っている。
山桑茶とウルイ
いい色に乾燥してきた。
そろそろドクダミの花が咲いてきたので、ドクダミ茶も作らなくては。。。
ドクダミ茶はたくさん飲んでも胃を荒らさないので、我が家の夏の冷茶として
重宝している。
傍らにあるのはかき揚げ用のウルイ(オオバギボウシ)

今年は果実の花も山菜も旬が妙だ。
シオデを娘宅に送ったときはこの二ケ所は出ていなくて、枯れたのかなと
思っていたが、今頃になって出てきたから吃驚。
シオデ1

シオデ2
茹でたままでシンプルに食するか、肉巻きにするか、、、さてどうしようか。

キウィの花がやっと咲き始めた。
今年はずいぶん遅れたなぁ。
キウィの花1

キウィの花2
蕾がたくさんついている。

posted by けい at 16:34| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

やっと菜園仕事に着手です。

つい先日のミニ菜園の光景。
つい先日の光景
種を採る必要がないものは早く抜かなきゃというのに、日本ミツバチさんが
たくさん来ているから抜かないと、断固抵抗し続けたkiiさんのおかげで
畑仕事が大巾に遅れていた。
夏野菜は豊富に出回るし買えばいいじゃない、、、とkiiさん。
そうは言ってもやはり自家製が一番なのにと、私は恨めし気である。

購入してきた野菜苗。
野菜苗
ゴーヤ2、トマト中玉5、ミニトマト2、青紫蘇3、パセリ2、パプリカ2、
キュウリ2、鷹の爪1、シシトウ1
思わしい品種が無かったので、キュウリ苗やピーマン類は追加する予定。

今朝の菜園の様子。
今日のミニ菜園の様子
だいぶ見やすくなったでしょ。

イチジクの苗木、品種は日本種とドーフィン。
果樹苗
暖冬になってきているとはいうが冒険はできないと、無難なものを選択した。
果樹苗は他には何とかゴールデンキウィの雌雄を手に入れたいものだ。

種も届いた。
種

昨年から苗作りをしていたシオデとアシタバ。
シオデの苗
シオデは2パレットが元気に育っていたし
アシタバの苗
発芽状況があまりよくないといわれていたアシタバも、そこそこには育って
くれたので定植した。

さて他の作業。
kiiさんの片付け仕事はボツボツ進んでいる。
片付け仕事

私は草抜きをしながら庭中を走り回っている。
行くところ行くところに必ず、しなければならないことが待っているので、
ため息をつきながら。。。

外部の2メートルの防獣ネットの他に、野ウサギ対策用の1メートル丈の
ネットインネットを張り巡らせていた所が三か所あるのだが、これは鹿や
カモシカには意味をなさない。
敷地内にはもう野ウサギは居ないだろうと予測して、順次外しにかかっている。
育樹園
ここは育樹園、コゴミだらけになっている。
ネットは結構な長さがあり枝やツルが絡みつき外すのも一仕事なのだが、
外すとずいぶんスッキリして動きやすくなったのが嬉しい。

作業光景
山になっていくネットは、雨の日にでも掃除して巻いておこう。

あと一ヶ所、ログ前の分が残っているのだがこれは大仕事になりそうだ。

posted by けい at 19:56| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

凍てているけれど野菜は元気

「今年は暖冬なのか。。。」
そう思わせるような日々が続いていたのに、今週は12月らしい寒さの到来で体調が
狂ってしまいがち。

インフルエンザやノロウィルスが猛威を振るっているらしいと聞くと、人ごみの中へ
出るのは躊躇われるけれど、所用を片付けに外出が多いこの時期、ビクビクものである。
インフルエンザの体験はないが、ノロ、あれは二度と罹患したくない。。。

秋の長雨、低温、日照不足で諦めていた野菜たちが、一部を除いて息を吹き返している。
菜園1

打木源助大根
打木源助大根
右の畝が最初に蒔いたものだが、ダメもとで蒔いた追加の種(左の畝)のほうが勢いが
いい。
大根は無理だろうが、抜き菜を楽しめそうだ。

雪菜
雪菜
このまま育ってくれたらお雑煮の小松菜代わりに使えそうだ。

野川真菜
野川真菜
ずいぶん遅くに種を蒔いたのでもう無理かなと思ったのだが、意外と元気。

タケノコ白菜や蕪は蒔き直さなかった。
思うようにはいかなかった秋冬野菜だが、まぁ、こんな年もあるだろう。


こぼれ種の南天が大きくなり、赤い実をつけていた。
実生の南天

posted by けい at 14:13| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

収穫いろいろ

今週の初め17、18日にパトカーや救急車のサイレンが聞こえて、「騒然としている様子
だけれど、何かあったのかな」と話していたのだが、17日の午後、野迫川村の山林で
キノコ採りをしていた男性が成獣のツキノワグマに襲われたのだとか。
腕や指に怪我をしたようだが、命には別状がないそうでほんとうによかった。
金属バットで撃退したとのことだが、よくぞ そのようなものを持参していたことだ。
熊対策でいろいろ装備していても咄嗟の時になかなか使えるものではないと思うが、冷静に
対処されたのが伺える。

Kiiさんがパトロールの人に「注意してくださいね」と言われていた場所からは、ひと山
越えた辺りのような。
今はもう禁漁期だが、「来春は釣りも行けなくなるなぁ」と呟いている。
******************

今年は雨が多くて日照が少なかったから、野迫川でも作物の育ちが悪い。
野菜を補給しようと町に出たら、高騰に目を剥いた。
キャベツがひと玉498円、白菜がひと玉598円ときたら、鍋もお好み焼きも避けて
通らなきゃ。。。
地場の旬野菜も高値傾向だが鮮度はいいからとJAで買い出し。
JAで買い出し
大好きな枝豆が出始めたので嬉しいなぁ。

そろそろ霜も降りるだろうと、生姜、キウィや唐辛子、花豆を摘んだ。

生姜の収穫
生姜は昨年の倍は植えたかったのだが、追加の種芋を買いそびれてしまい、結局昨年
よりも少しだけ多めという植え付け。
参考書片手の新しい植え方が良かったのか収量はとても多かった。

新生姜は大きくて分厚くズシリと重いものもあり、掘り上げながらホクホク。
新生姜2

キウィは昨年が悲惨だったので案じていたが、そこそこの収量。
キウィ2

店頭に並んでいるような大きさのものは少ないが、中玉がそこそこ有った。
キウィ1
150個中、一口サイズのチビ玉が60個も有るのが難だが、受粉が上手くいっていない
のか。
もっと収量を多くし、しかもチビ玉を少なくするにはどうしたらいいのか、、、
選定と日照なのかなぁ。

唐辛子
鬼あきたと激辛の交配種だが、かなり辛くて美味しい。
青いものは南蛮味噌を作ろうと思う。

さて花豆。
花豆
カラカラと莢の中で音がするようになると種として収穫すると聞いていたのだが、雨が
多かったせいでカラカラどころか、莢ごと傷んでしまう。
仕方なく、今年は種採りは諦めて全部摘んでしまった。
この花豆、薄い塩味でコトコト煮ると豆の持つ甘みを引き出して最高のおやつになり、
また酒の肴にもいいのだ。
もっとたくさん採れるようにしていろいろ利用したい。
畝を長く占領されるのが困るけれど、美味しさを考えるとね。。。

posted by けい at 06:50| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

菜園の今とブルーベリーやキウィ

蒔いた種はどれも無事に発芽したけれど、さて、天気の具合がイマイチなので今後の生育は
どうだろうか。
スクスク

本葉が出たばかりだというのに、もう早や、菜飯を思い浮かべている。
打木源助大根
これは「打木源助大根」
秋冬野菜は北海道に準ずるで種を選択するようにしているが、大根は試行錯誤しながら
やっと「打木源助大根」に行きついたのである。
うちの環境にはこれがとてもよく合うのだ。
今年は北海道の「大野紅丸かぶ」も蒔いてみたが、果たして出来は如何に。

花豆は2m50cmの支柱の先まで伸び、元気いっぱいでまだ花を咲かせている。
紫花豆
今咲いている花にも実がつくのか、興味津々で眺めている。

ミニ菜園の傍らに見慣れない葉を発見。
アボカド1
「これ木だよね、何だろう?」
アボカド2
「ほら、根元を見てごらんよ。アボカドの種とか此処に捨てたんじゃないの?」
「ほんと、アボカドみたいだね!」
寒さには弱いから、鉢上げしてみようか。観葉植物ぐらいにはなるかもしれない。

まだ少し色が薄いようだが、雨が続きそうなので山椒の実を摘んだ。
山椒1
少し干しておくと実が弾けて種が見えてくる。
山椒2
種と皮を取り外し丁寧に掃除するのが大手間なのだが、この粉山椒はゆうちゃんの好物
と聞けばKiiさんの力も入るというもの。

今年のブルーベリーはスズメバチに食い荒らされ雨で裂果しと、悲惨である。
ブルーベリー
生食用には向かないのでジャムにする。

カリンも今のところは豊作のようだが、台風の影響でどうなることか。
カリンの実

キウィフルーツはそこそこの実生りだが、大小が極端。
キウィフルーツ1

キウィの実が防獣ネットの外の県道に落ちていた。
キウィフルーツ2
先日村の知人から「きぃさんちの辺りに猿の群れが居たらしいよ」と連絡が有った。
気をつけて見ているのだがまだ視認はできていない。
猿軍団の仕業なら一個ということはないだろうし、カラスの仕業だろうか。
防鳥ネットを張ることもできないし、参ったなぁ。

ヤマボウシの実
ヤマボウシの実

*********************
白浜のアドベンチャーワールドでまた赤ちゃんパンダが生まれたそうな。。。
9月18日の未明というからほやほや。
それにしても凄いね!!
良浜(らうひん)は五度目の出産で8頭のお母さんなんですって。
二年ごとに生まれているから、ひょっとして今年もそんなニュースを聞けるかななんて
話していたのだけれど、、、
赤ちゃんパンダが公開されるようになったら、また訪れたいなぁ。

posted by けい at 21:16| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ご無沙汰いたしました。

崩していた体調がやっと戻ってきたと思ったら、今度はパソコンが不調になり、ネットに
繋がらなくなったのには参った。
その間に一気に涼しくなりと言いたいところだが、山はもう朝晩が寒いぐらいである。
長袖のジャージーを羽織って丁度いいぐらい。

私がぐずぐずしているのでKiiさんに何かと負担が掛かっているが、ここは仕方がないと
甘えている。

畝を作り種を蒔き、、、
畝作り
画像の右下にあるのは唐辛子

唐辛子
どちらが「鬼あきた」か「げきから」か、まったく判らなくなってしまった。

今年蒔いたのは
種1

この種を置いてある長椅子に居たのが、絶対に遭遇したくないもののひとつ。
種2
風が強かった日にこの長椅子の上に焚きつけに使う新聞紙が飛んでいたのだが、片付け
ようとしてその下にチビのマムシを見たから仰天した。
丁度いい陰になっていたらしくいかにも心地よさ気だったが、速やかに退去していただく。

野川の赤芋も収穫
野川の赤芋
ほとんどを来年用の種芋に残し、少しだけ茹でて食べてみた。
「あぁ、これ美味しいね!」
味わいは上々で、山の気候に合う丈夫さが嬉しい。

花豆の今は、、、
花豆1 花豆2 花豆3
高温下では実が付きにくく気難しい豆とのことだったが、すくすくと育っている。
これなら来年用の種ぐらいは収穫できるかもしれない、いや、少しなら食べられるかもと、
だんだん欲が出てきた二人である。

蒔いた種が発芽してきた。
種まき
収穫は勿論だけれど、この発芽の時というのがまた何ともいえない嬉しさなのよね。。。

posted by けい at 15:30| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

花豆がとても元気

花豆が次々と美しい花を咲かせている。
流し台前の窓の向こうに植えられているので、水仕事をしながら楽しめるのが嬉しい。
そう予測して、紫花豆を手前に植えて目立つようにしたのだ。
流し台の前に立とうという来客は数少ないが、一様に「ワォッ!!」と声を上げるのを
見ながら、「ふふふ、やった!」
紫花豆1

紫花豆2

こちらは白花豆
白花豆1

白花豆2
白花豆は清楚で美しいのだが、紫花豆の傍に植えるのは可哀想な気もする。

高温下では実がつかないと聞いていた花豆だが、何故か実が生っている。
「早すぎるんじゃない、変だなぁ」と首をひねっている。
花豆の実1 花豆の実2 花豆の実3
ミニ菜園の畝は長短合わせて11本で、そのうち花豆と生姜に各二畝を占領されている。
どちらも長い期間を置かなければならないので、秋冬野菜を植えるためには迷惑なのだが、
ひょっとして、この調子なら収穫できるかもしれないと思うと、困ったと言いながらも
顔はほころんでくる。
何しろ花豆は高価だもの。

ブルーベリーは子供たちが来ていたときとその後の二回の収穫の後、スズメバチに目を
つけられて悲惨なことになっている。
熟した大きな実はことごとく齧られ、熟した実が無くなると若い実にまで齧りついている。
スズメバチトラップはこのエリアだけで10本も掛けてあるのだが、すぐに満員になるの
でたまらない。
スズメバチトラップ

以前に大量発生したのは2008年だったが、その時は知人宅の屋根裏に巣を作っていた
のだ。
「スズメバチ捕獲大作戦」2008年9月16日の記事

恐ろしい量のスズメバチを捕獲したものだったが、今回はそこまではないにしても相当量が
飛来しているので怖くて仕方がない。
春の女王蜂捕獲作戦が手ぬるかったのをつくづく後悔している。
1〜2キロを飛来するというスズメバチ、敷地内には巣がないのを確認しているが、さて
今回は何処に?

今年はもう収穫を諦めなくてはならないかな。。。

posted by けい at 16:21| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

菜園のことと梅の天日干し

暑いときは実を結ばないと聞いていた花豆だが、すくすく育ちもう花芽がついてしまった。
セオリー通りに7月も半ばになってから蒔いたのに。。。
今回も花を見て終わりということになるのかと、ため息をつきながら見守っている。
それにしても美しい花だ。

最初は「エッ、こんな花だった??」
花豆?
花豆と共に雑草のツルが伸びていたのだった。

これが白花豆の花芽。
白花豆

こちらが紫花豆の花芽。
紫花豆

気づかないうちにシシトウがたくさん実っていた。
シシトウ
うちのシシトウはなぜか辛くて皆に嫌われているが、辛いシシトウが大好きな私は
大喜びで一人占めしている。

キュウリやミニトマト、中玉トマトは二人では食べきれないほど実っている。
キュウリ

ミニトマト
ミニトマト

中玉トマト
中玉トマト
ゆうちゃんやさっちゃんが来るまで、もってくれたらいいのだけれど。。。

ブラックベリーを摘んでいるKiiさん。
ブラックベリーを摘んでいるKiiさん

ジャムにする? それとも干す?
ブラックベリー

さて、、、
ゆうちゃんやさっちゃんが来る前に、換気扇を洗い、窓を拭き、草を刈り、できるところ
だけでも何とか見苦しくないようにしておこうとKiiさんは孤軍奮闘中。
窓も拭いた
ガラスってこんなに透明感が有ったんだっけ。。。(-_-;)

梅の第一陣の天日干し。
梅の天日干し
これは一番最初に漬けた南高梅5キロ。
膝にきついので重い作業はKiiさん任せ、私は梅をひっくり返したりの軽作業だけを
手伝っている。

南高梅は柔らかめだと聞いていたが、確かに。。。
その分ジューシーでとても美味しいので、ひっくり返しながらついジュルジュルと中身を
吸ってしまう。

悪いことを覚えてしまった。
じつはこの梅、チュウハイにメチャ合うのだ。

posted by けい at 19:14| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

暫しご無沙汰いたしました。

この夏には娘たちが訪れてくれる、、、それが嬉しくてつい無理をしてしまった。
この前来てくれたのは2014だったから二年ぶり。
二年間放りっぱなしできた屋外の整理をしなくてはと必死で片づけていたが、左膝を
痛めてしまった。
右膝を庇いながら作業していたので左膝を酷使したというお粗末。

「14日にアドベンチャーワールドにお供できなくなったらどうするの!!」って、そんな
ことを言われなくても危機感は感じているよ!!
という訳で、只今、つい動きたくなるけれどここは辛抱が肝心だと大人しくしている。

その上に、、、

シマフアブに襲われて左太ももに赤斑が幾つか出ていたのだが、「虫刺され、今回は
久しぶりにきついな」と思っていたら、どうやら蕁麻疹だったらしく、しかし、なんで
こうなるのかな。。。
現在は身体中に発疹が広がり掻きむしりたい状況。

それでもゴソゴソ片付けてテラスは綺麗になった。
掃除完了

「動くな、じっとしとき!!」とKiiさんに叱られながら、こっそりとログ内の片づけ
をしている。
換気扇周りも気になるのだけど。。。


Kiiさんは一人で頑張っている。
ブルーベリーに防鳥ネットを張り、花豆の手を作り。。。
花豆1

花豆2
廃棄処分するべしだったメッシュも役に立つものだね。

花豆3


夏大根はイマイチ成長がよくないが、大根おろしぐらいには育っているので辛味を楽しん
でいる。
大根
大根葉の旨さはピカイチだね!!


左膝の痛みを早く取らなくては、憧れのパンダに会いに行けないよ〜〜

ラベル:紫花豆 白花豆
posted by けい at 13:21| 奈良 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

ヒユナは美味しい♪

ヒユナ(別名バイアム)って中国野菜なんですってね。
「病虫害に強く非常に強健で生長が早い、栄養価が高くカルシウムや鉄分、繊維質を
多く含む」
そんな説明文に惹かれての初めての挑戦は不安も少々。
上手く育つか、美味しいかどうか、クセがきついのではないか、、、
ヒユナ
心配をよそにすくすくと育ったヒユナは、確かに虫食いがとても少なくミニ菜園の優等生。
横の畝の大根葉は虫食いだらけなのに、どういうことだろう。。。

ヒユナの調理法としては「おひたしや汁物の具、油炒めもよし」となっていた。
まずは油炒めにして塩コショウだけで味わってみる。

「アッ、甘みがあるんだね、美味しいね」
「これはいい!! いろいろな料理に使えそうだよ」
我が家の夏野菜の葉物の定番になりそうだ。

ミニ菜園にはこの夏あまり品数多く植えていないので、これらが一日の収穫。
本日の収穫
もう少しいろいろ植えたかったのだが、シオデや明日葉を増やすことを最優先にしている
うちに時が過ぎてしまった。
自分たち二人にはまぁまぁ充分だが、もう少し品数も量も多くしたい、というのが今後の
課題である。

posted by けい at 16:25| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

カラスは賢い?

「風雨がきつくなったら落ちてしまうから摘むよ、、、」
まだ早いというのに聞き入れなかったKiiさんが一昨日に摘んだ梅はまだこんな有様。
どうして人の意見を聞こうとしないんでしょうね。
意固地になる、これは絶対に老化の表れだと思うんだけど。。。
白加賀
まだこんな様子なんだもの、漬けられやしない、それも7キロも、、、勿体ない。
この状態なら梅酒用だよね。
雨が降ってきたので以後の収穫は諦めてくれたけれど、それでなければ全部摘んでしまった
ところだ。

今日、残った梅を見に行ったら、まだこんな様子。
残りの白加賀
実は小振りだけれど今年の収量はかなり多そうだ。

もう一株ある白加賀も実が摘めるようになってきた。
こちらは実生りが少ない分、かなり大きい。
白加賀
黄色くなって落ちているものもあったので摘んできたが、1.2キロ有った。
計8.2キロ。
さてあと何キロ摘めるだろうか。

梅の様子を見に行った帰り、今日のお菜にしようときゅうりを採りに行った。
確かKiiさんが「採り忘れないようにね」と言い残していたのだが、一向に見当らない。
畝の脇を何度も行きつ戻りつして、「ら、ら、ら、ら、」

と、此処まで書いたところに冷蔵庫の搬入の件で配送会社から電話があり、続きは明日に
しようと未公開で保留にしたはずなのに、何故かアップされていた。。。(-_-;)
気を取り直して続きを書く。

そのキュウリがこれで、呆れるほど綺麗に食べられている。
キュウリ
前日の夕方、菜園やログの屋根の上でカラスが数羽、賑やかすぎるとは思っていたのだが、
まさかキュウリやトマトを食べるとは、、、

中玉のトマトが大きくなっているのになかなか赤くならないのが不思議だったが、青いうち
に食べられていたのかも。
中玉トマト
よく見るとそんな気配がありあり。

脅してやろうと待ち構えていると彼らはやって来ないのだから、ほんとうに賢いね。

posted by けい at 06:01| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

猿の次は熊?

雨が二日も続き周囲はボトボト、外仕事がしにくい。

渓の水量は多いし、食糧補給に行ってくると出掛けたKiiさんが、アッという間に戻って
きた。
パトロールの人が「熊が出ているので気をつけてください。山へ行く人には鈴をつけて
もらっているんです」と言っていたそうな。。。
「熊が出るのはずっと上のほうで、でしょう?」と尋ねたら、「いや、そこ、、、」と指され
たのはすぐ目の前で、怖くなって帰ってきたそうな。
野迫川の南部での熊情報は聞いていたが、こんなに近くでも熊が出ているとは。。。
庭仕事、菜園仕事では鳥の声をBGMにしていたけれど、ラジオをお供にするべきかも。

さて、ミニ菜園ではやっとショウガが発芽した。まだ一部だが、、、
生姜

三度豆ときゅうり。
三度豆 キュウリ
採りたては瑞々しくて最高に美味しいね。

ミニ菜園で元気なのが畑わさび。
畑ワサビ
Kiiさんは「もう食べても大丈夫じゃない?使おうよ」と言うのだけれど。。。

シオデは二番手の芽が顔を出してきた。
シオデ
種を採るためにこれからのシオデはもう食用にはしない。

晴れ間を見てドクダミを摘んだら、すぐにまた雨。
ドクダミ
今年のドクダミ茶作りは大変だわ。

早生のブルーベリーが三株あるのだが、そこには防鳥ネットを張っていないので、ヒヨドリ
よりも先にと摘んできた。
早生のブルーベリー
早生は梅雨に当たって裂果しやすいので摘んだことはなかったのだが、甘くて美味しい!!
我が家のブルーベリーの本番は8月に入ってからになるので、繋ぎにもう何株か早生を
植えてもいいかな。

ブラックベリーにも実がたくさん。
ブラックベリー

キウィにも実が生っている。
キウィ
可愛いねぇ。。。

見回っていたら、蛍が幾つも。
ホタル1

ホタル2
もう飛んでいるんだね。
雨が止まないと蛍狩りもできないよ。

大根葉の虫を取っていたら、セミの羽化があった。
セミの羽化
初めて見たので感激だった。
これはヒグラシだろうか?

刈った草を一番下の堆肥場まで運んでいたが動線が長くて結構大変だったので、ミニ菜園の
脇にも簡易の堆肥場を作った。
簡易堆肥場
ずいぶん楽になった。

posted by けい at 08:37| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニ菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする