2015年12月27日

クリスマスローズのこと

時季を外してしまい、今秋はクリスマスローズの苗を買いそびれてしまった。
僅かにセミダブルのピコティを一株。
クリスマスローズの苗
多種を植え込めば自然交配で面白いものが現われるかもしれないという、これは虫頼み、
風頼み。
もう少し多品種になったら、自然頼みばかりではなく人工での交配も愉しんでみたい。

ところで自然交配のひとり生えは相変わらず、恐ろしい勢いで増え続けている。
クリスマスローズエリアには、もう迂闊に足を踏み入れられなくなってしまった。
クリスマスローズの実生1

クリスマスローズの実生2

クリスマスローズの実生3
至る所がこんな有様なのだ。

実生を鉢上げして育てるほうが丈夫な株に育つとも聞くが、自然に飛んで好きな場所で
育ったものが一番大株に育っているところを見ると、手を出すのも何だかね、、、と
思ってしまう。

懸案は防獣ネットで囲まれたこの不細工なエリア。
クリスマスローズエリアのブルーベル
クリスマスローズエリアの中に植え込んでいたイングリッシュブルーベル、これはハイブリッド種
だが、鹿やカモシカ、野ウサギの度重なる食害に悲鳴をあげ仕方なくネットで囲っていたもの。
木々が育ち日照が悪くなり、ブルーベルの花付きが非常に悪くなったので数年前から少しずつ
移植してきたのだが、此処にもクリローが侵入し始めて、いよいよ全面的に移す必要ありと
なってきた。
かなり大仕事になるので気が重いのだが、来春までには何としても完了しなければ。。。

この部分は全体に少し小高くして石を組もう。
クリローさん、此処もどうぞお好きになさってくださいまし。

さて、、、根性が薄れがちの昨今、意欲はあるものの冬場の作業として実行できるだろうか。
薪オーブンの傍らで丸まっている確率のほうが、高いような気もしないではない。

posted by けい at 06:59| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

地味だけれど好き

「こんなところに余計な笹が出てきたらクマザサの繁茂を妨げるのに」
ブツブツ言いながら、笹の若葉をバッサバッサと切っていたのだった。
クマザサの若い葉には隈がでないなんて知らなかったから、振り返るとほんとうに恥ずかし
くて赤面してしまう。
切らなくなってから数年、ハクウンボクの下草としてなかなか見事になってきた。
クマザサ
隈が出る笹は庭や裏山でも此処だけというのが不思議。
この辺り一帯はクマザサとハンゲショウだらけになりそうな気配だ。
「草刈りの邪魔になるんだよねぇ。。。」とKiiさんは渋い顔をしているが、私は
「クマザサよ、どんどん増えろ!!」とエールを送っている。
充分増えたらクマザサもお茶にしようと思っているのだ。
美味しいかどうかは横に置いておいて(あまり美味しそうには思えないという先入観あり)
疲労回復や口臭・体臭の予防、高血圧やコレステロールにも効果があるのだそうな。

シュウメイギク
大方が飛び散ってしまったシュウメイギクだが、この株だけ頑張っている。

陽だまりで、、、
普段はチラ見で通り過ぎるのだけれど、花が少ない季節はつい足を止めてしまう。
ハハコグサ

多忙な時期に入る前に、かなりいい加減で大雑把だったが草引きをした場所。
草引き2
手を掛ければそれだけのことは有るのだけれど。

こちらは見たくないなぁ。
草引き1
大方がこんな有様。
これらも冬場に片づけておけば春に楽なんだけれどね。

posted by けい at 05:45| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

冬のツバキの愛らしさ

山の庭は落葉する木々がほとんどで、カサコソ音立てて庭歩きを楽しめるこの季節は
かなり好きだが、前面道路から丸見えなのが難である。
樹種は全体の九割が落葉樹で、残る一割が常緑樹だがその大方を椿が占めている。

椿は素敵だけれど、毒蛾が発生しては厭だから絶対に植えないという知人もいる。
我が家は鳥たちがよく働いてくれているおかげか、今のところその発生はないから
有難い。
昔 他所で一度洗礼を受けたことがあるけれど、毒蛾はほんとうにきついものね。

その椿だが、何株かは年の内から咲いてまた翌春にも楽しませてくれるというものが
ある。
ほとんどの株は春咲きなので、花が少なくなったこの季節に咲く椿はとても愛しく思える。
春に比べると花数は僅かだが、それがまたいい。

毎年この椿が一番早咲き。ひっそりと葉陰に咲いていた。
椿1

ログハウス脇に植えられている椿。
椿2
小さな挿し木苗だったが、ずいぶん大きくなった。

いい加減な性分なもので、ブスブス挿して記憶がウロになり、どんな花だったのか咲いて
みなくては判らないのが難。。。
椿2
可愛い色合いに吃驚したが、花色の個体差も楽しめるこういう椿は好みだ。
椿2

この椿の他にもこの場所には挿し木苗が何本か植え込まれているが、それぞれが大きく
育ってきた。
椿と姫南天
姫南天の傍らにあるこの株もまだ花を見たことがない。
これだけ樹高が伸びているのだから、そろそろ咲いてもいいと思うな。

斑入り葉のこの椿は斑が消えたと思っていたら、下部にくっきりと出てきた。
この木も結構大きくなっているので、上部を切って斑入り葉だけを残すのももったいなく、
思案している。
斑入り葉
やっぱり、挿し木、、、でしょうかね。

椿の苗を見るとつい立ち止まって見入ってしまう私。
もう植えられないとは判っているのだが、ぐずぐずといつまでも眺めつづけ、後ろ髪
引かれる思いで立ち去るのだ。

ラベル:ツバキ 椿
posted by けい at 08:35| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

白いサザンカが真っ盛り

年々花付きが良くなる白い山茶花だが、今年はまたなんという咲きようだろう。
次から次へと咲くわ、咲くわ、これほど咲いては来年は裏年になるかもしれないと、気に
掛かるほどなのである。
白花サザンカ1

白花サザンカは花好きの知人の所から来たもの。
20センチほどの苗木が、雪折れにもめげず、よくぞこれほどに育ったものだ。
白花サザンカ2

白花サザンカ3

サザンカは薄いピンク系や白地に覆輪というのが好きで何株か購入して植え込んだが、
ブルーベリー畑の通風が悪くなるとのことでバッサリと刈りこまれ、以来花が咲かなく
なった。
僅かに出た新芽を育てて、挿し木で移すより仕方がないなと思っている。

ラベル:サザンカ
posted by けい at 09:56| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

大阪冬桜

木々の葉がすっかり落ち裸木ばかりの山の庭で、十月桜がまだ咲きつづけている。
春に比べるとこの時季は花数が少ないのが例年のことなのだが、長く楽しませて貰える
のは嬉しい。

「冬桜も咲いているのに気付かなかったでしょ?」とKiiさん。
「昨年はちっとも咲かなかったから」という訳でもないが、じつは見てもいなかった。

なんと、なんと、、、すごい花付きではないか。
大阪冬桜1

内心、なめこの榾木にしようかなどと思ったこともあったが、ごめんなさい!
大阪冬桜2

大阪冬桜は小花なので迫力には欠けるが、可憐な姿がなんともいえない。
大阪冬桜3
同じ小花でも十月桜は薄紅がかっているのでまだ目立つけれど、大阪冬桜はほんとうに
控えめな花だ。

共にこの時季によく咲くということは春は花が少ないのかなと懸念しつつ、いつまでも
飽きず見あげている。

続きを読む
ラベル:大阪冬桜
posted by けい at 07:58| 奈良 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

裸木の庭と茶の木

「すっぽんぽんの丸裸、、、」
裸木ばかりになってしまった山の庭は、これからの数か月を丸見えの頼りなさの中で送る。
今日の庭
今まで見えなかった前面道路のガードレールもくっきり!!

木々の葉が落ちて嬉しいことは、上手く撮れるか撮れないかそこは別のお話で、鳥たち
の動向が丸判りなこと。

お茶の花が咲いている。
茶の木1

茶の木2
葉と花は天ぷらに利用するけれど、新芽はお茶として今まで利用したことがない。
来春こそはと思っている。

ラベル:茶の木
posted by けい at 08:38| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

落ち葉の庭で。。。

「紅葉の名所」のニュースが流れる頃、山の庭はもう落ち葉の季節。
今秋は紅葉狩りを愉しむ気持ちの余裕がなく、慌ただしく過ぎた気がする。
村の入り口の紅葉ポイントでは立派なカメラを抱えた人をよく見かけるが、あいにくの雨で
今日は私だけ。
紅葉1

紅葉2

さて山の庭の様子は。。。
育樹園の木々はすっかり葉を落とし、奥に十月桜が見える。
育樹園

ログ前の庭
ログ前の庭2

コブシに花芽がいっぱい。
コブシの花芽
「来春はどれほど咲くんだろうね。すごいことになりそうだよ!!」
Kiiさんの嬉しげな声♪

生りものが悪かったのは柿も例外ではなく、これは鳥さんへのプレゼントにしよう。
柿

カイノキが染まってきた。
カイノキ
カイノキは山庭のトリを務める紅葉、凍てと雪の季節が迫っている。

ラベル:カイノキ 十月桜
posted by けい at 19:27| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

菊葉フジバカマやいろいろ

無理矢理取ったこの飛び石連休は、山と町の新しい住まいを行ったり来たりしながら、各種の
手続きに追われていた。
山に帰るとバタンキューで季節を愉しむ余裕もないが、大方のキリがついてヤレヤレ。
次からは少しゆったり過ごせるようになるのではないかと思う。

ギボウシの寒河江の種からは、親に似た子が生まれるのだろうか?
寒河江の種

今年仲間入りした菊葉フジバカマ。
菊葉フジバカマ1

菊葉フジバカマ2
Kiiさんはポツリとひと言。「地味な花だね。。。」

リンドウの花を探して前面道路の土手際へ。
リンドウ
草だらけなのでヘビが怖く、完全装備です。

今年は実のものが良くないのだけれど、マユミヤクラブアップルも同様だった。
クラブアップル

マユミの実

ある場所で一面の美しさを見て「素敵だな」と思っていたが、ネットで読む限りでは、
植えてはいけない植物のひとつになっているヒメツルソバ。
姫ツルソバ
エエィ、植えてみよう!
「大変なことになりますよ!」との警告も構うものですか。
蔓延る強固な雑草たちに負けずに広がってくれたら嬉しいなぁ。

posted by けい at 10:02| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

桜咲く。。。

落ち葉が散り敷く山の庭、つい足元ばかりに目が行くが、「十月桜が咲いてるね!」
Kiiさんの声に青空を見上げる。
十月桜1
あぁ、この秋はとてもよく咲いているね。

十月桜2

十月桜3

激動の一週間を経て、疲れ切って山入りした今日。。。
久々に澄んだ空気に浸り、元気を取り戻しつつある。

posted by けい at 20:49| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

紅葉の庭で

ニシキギやマンサク、ダンコウバイのトンネルを抜けて、庭奥への小道を辿る。
紅葉1

あぁ、綺麗だね♪
紅葉2
思い切って枝を切り払いよく陽が差すようになった庭奥は、植生が変化するのではない
かしら。

モミジも染まりはじめている。
紅葉3

ハクウンボクも黄葉になっている。
紅葉4
来年は花をたくさん見せてくれたら嬉しいなぁ。

育樹園は間引く必要に迫られ悩んでいる。
これはアメリカ楓らしいが?
紅葉5
伐ってホダ木にする? 伐らない? 

その下ではガンゼキランが元気に育っている。
紅葉6
勢いがよく、株が一回り大きくなっているような。。。

ヤマボウシ
紅葉7

寒々とした感じの夕方の庭
紅葉8

好きで買ったのだけれど、町の庭では大きく育てられないから可哀想で、、、とのことで
戴いてきたのが「ツルアジサイ」と「なんじゃもんじゃの木」
苗木二種
さて、どこに植えようか。
冬の間、悩みながら愉しむことにしよう。

***********
今日から数日(多分)ネットの移設のために接続が不能になります。
早く復帰できたらいいのですが。。。
よろしくお願いいたします。

posted by けい at 06:39| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

シュウメイギクやリンドウ、ノコンギク

少し多忙で、秋の山庭を愉しむ余裕がない。
一番好きな季節なのにね。

「八重咲のシュウメイギク」
シュウメイギク1

シュウメイギク2

このリンドウはすっきりと開かないほう。
リンドウ

青色の濃いリンドウは山道の際にあるのだが、蛇が怖くて見に行けなかった。
私だってマムシは怖いのだ。

「ノコンギク」
ノコンギク

カツラがハラハラと散りはじめた。
カツラ

早くキリをつけてゆっくり遊びたいなぁ!!
(↑仕事をするではなくて、遊ぶというところが私らしいでしょ!)

続きを読む
posted by けい at 12:36| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

秋を彩る

エゴマや青紫蘇の種が落ちるのを待っていたら、それらの陰になりひっそりと咲いていた
ダイモンジソウに気付くのが遅れてしまい、「ときの羽重」はもう散っていた。
ダイモンジソウ1

「滝の白糸」
ダイモンジソウ2
「日の出」
ダイモンジソウ3

「ヒイラギモクセイ」は相変わらず、どの枝にも花、花、花。
ヒイラギモクセイ1

ヒイラギモクセイ2
やわらかい香りを庭中に漂わせている。

「ギンモクセイ」は今年も咲かなかった。
ギンモクセイ

「ジャコウソウ」
ジャコウソウ

「シュウカイドウ」の実は面白いね。。。
秋海棠の実

嬉しかったのは「イワシャジン」
イワシャジン1
開花からを見逃してしまい全体がもう咲き終わりなのか少し薄いが、この一本だけがまだ
旬だったような。
イワシャジン2
何度も地植えにして失敗しているけれど、増やしたいなぁ。
青い花ってやっぱり大好きです!!

posted by けい at 17:29| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

深まる秋

季節がどんどん進み、薪オーブンの利用が本格化してきた。
追加の薪作りを急がなくてはいけないのだが、いろいろ抱えている町の野暮用が完了する
までは落ち着かず、先に進めずにいる。

さて、庭の花たち。
雑草に埋もれながら健気に咲いてくれている。
「矮性のシュウメイギク」
シュウメイギク

「クコ」
クコ1

クコ2
厳しい寒さが災いして実が生るまでにはなかなか至らないが、樹勢が強くなってきたよう
で花付きがずいぶんよくなってきた。
来年はクコ飯も炊けるかもしれない。
そういえばミツバウツギも育っているなぁ、ミツバウツギ飯も美味しいそうなのだが。

「アケボノソウ」
アケボノソウ

「ゲンノショウコ」
ゲンノショウコ
白花が好きなんだけれど、消えてしまったかなぁ。

「オーニソガラム」
オーニソガラム
最終バーゲンで購入した球根はなかなか芽が出ず、咲かないものと諦めていた。
花期がずいぶん長いので吃驚。

「萩」
ハギ
大きくなると場所取りで大変だが、このぐらいなら、、、と勝手なことを言っている。

posted by けい at 06:08| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

ホトトギス

ログ前の庭を席巻していた園芸種のホトトギスを、思い切って庭奥に移植したのが4年前。
移植先では食べられ、また日照不足もあったのかほとんど根付かなかった。
ログ前の庭からいっときは消えてしまったかのように見えた園芸種だが、小さな根が残って
いたらしくちょろちょろと復活の兆し。
気をつけないとまた大変なことになりそうだが、無ければ無いでこの季節、寂しいものが
あると、気儘ガーデナーは勝手なことを言う。
ホトトギス1

ホトトギス2

ホトトギス3
交雑しているから品種名などはもう判らない。

残念なのは「白秋」が出てこないこと。
移植しなかったのにどうしたことだろう。。。

さて、野生種のホトトギス。
ホトトギス

花弁の斑点が濃いものや薄いもの、葯の斑点が無いものもあったりで個性的なのが面白い。
ホトトギス ホトトギス

相変らず染みたような花弁もあり、こういう手合いは園芸店では珍重されているような。
ホトトギス
私としては好きになれないのだが、そこのところは人ぞれぞれ。

ラベル:ホトトギス
posted by けい at 09:32| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

秋のバラは美しい♪

欲張ってたくさんの苗を植えたのはいいが、山の庭でバラを育てることの難しさを
ひしひしと感じている。
ほとんど手を掛けない(掛けたいが掛けられない)せいもあるが、とにかく虫がたかり、
葉も蕾も花も見るに耐えられない状態になるのである。
山菜と混在している山の庭だから唐辛子など自然のものを利用した防虫しかできず、
それらよりも虫のほうがはるかに強いようだ。

「もうこれ以上バラは植えないほうがいいと思うな」とKiiさん。
私にしては珍しく素直に頷いている。

ただ、秋のバラは花数が少ないが、虫がいなくなる分幾らかは愉しめるので嬉しい。
バラ1

バラ2

バラ3

バラ4
白とピンクの小花のバラはKiiさんが草刈り機で切ってしまった。
ぷんぷん、だわ。

昨年、知人から一本だけ貰った小さな苗が、育ってくれた。
「ワイルドオーツ」というのですってね。
地味だけれど妙に心惹かれている。
ワイルドオーツ
別名は宿根コバンソウ、西洋小判草とかニセ小判草とか。
ニセ小判草だなんて、何だか可哀想じゃない?

posted by けい at 19:24| 奈良 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2015年の庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする